LUMIROUS(ルミラス) 東南アジア初 妊活コーチ事業を開始

コロナ禍の妊活の悩み、妊活うつ 妊活コーチへ相談

妊娠したい 誰にも相談できない 1人で悩まないで
Lumirous Sdn Bhd. (本社:マレーシア・クアラルンプール、CEO : 山内杏那、以下LUMIROUS)は、6組に1組(※1)といわれる自然妊娠が難しいカップルへ妊活コーチングを提供するサービスを本日5月31日(月)より本格提供いたします。
LUMIROUS本社の位置する東南アジア圏では初の取り組みとなります。

本サービスは、LUMIROUSのWebサイト上で妊活中の悩みを相談したいカップルとコーチをマッチングすることにより実現するもので、受講者は妊活コーチを通じて妊娠に向けた食事方法や、不妊治療開始のタイミング、適切な不妊治療に関する施術内容を学ぶことができます。
妊活コーチングを受講することにより、体外受精の成功率が50%向上し、1カップルあたり約320万円の費用が削減されると言われています。(※2)

LUMIROUS予約サイト


■サービス提供背景
6組に1組のカップルが不妊の悩みを抱えている、また 体外受精を経た女性の4人に1人(※3) が臨床施術が必要な程度のうつ病を発症すると言われています。
しかしながら、その内容から相談する相手がいない、正しい情報が分からないといった課題を多くのカップルが抱えています。(※4) 
また、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、経済的や精神的な負担から妊活の開始を躊躇するカップルも増加しています。(※5)

LUMIROUS CEO 山内氏は自身の流産の経験から、正しい情報を見つけ出すことや適切な相談相手を見つけることの難しさを痛感し、当サービスを開始いたしました。

■LUMIROUSが提供する妊活コーチプラットフォーム
世界7か国、約40名の世界中の妊活コーチが在籍し、日本語、英語、中国語等、多言語対応が可能です。受講者の妊活フェーズに合わせてコーチを選択することができます。

コーチ介入例①
受講者課題:妊活を始めたいが、何から始めれば良いか分からない
コーチアドバイス:受講者のライフスタイルに合った基礎体温の付け方・見方を提案

コーチ介入例②
受講者課題:不妊治療にも色んな種類やクリニックがあってどこに行けば良いか分からない
コーチアドバイス:クリニックの評判や対応可能な施術を踏まえて相談クリニックの紹介

コーチ介入例③
受講者課題:タイミング法から人工受精に進むタイミングが分からない
コーチアドバイス:受講者の年齢、経済条件等を踏まえて次の施術に関する紹介

■妊活コーチ紹介
LUMIROUS提携の妊活コーチは、婦人科医・助産師・看護師・栄養士・臨床心理士の資格を基にした専門的な知識と、自身の不妊の経験を基にしたメンタルサポートを提供しています。

日本:池永 みずきコーチ
助産師、看護師、保健師国家資格、養護教諭第1種免許状、受胎調節実地指導員、St.FlairDNA 栄養学認定講師、スマートライフ協会認定スマートアロマ講師
助産師としての経験、自分自身が婦人科系のトラブルを抱えた経験を基に妊活コーチとして活動

  
マレーシア:Shino Lim(シノ リムコーチ)
自身も体外受精を経験し、2016年より妊活アドバイザーとして活動


アメリカ:Monica Bivas(モニカコーチ)
Wholesome Fertility Program修了
自身の複数回に及ぶ体外受精の経験から妊活をサポート

 

■LUMIROUSについて
マレーシア・クアラルンプールに本社を置くFemTechスタートアップであるLUMIROUSは2020年12月に創業し、妊活支援事業を推進しています。妊活準備から不妊治療までの様々な妊活フェーズを精神面、情報の面からサポートし、効率の良い妊活をサポートいたします。世界中から利用ができるLUMIROUS妊活コーチサービスは、日本、マレーシア、インドネシアでの事業展開への注力を予定しています。コーチングに加えて妊活準備検査キットの販売や妊活に関する教育事業を予定し、幅広い妊活フェーズの支援を実現するためのサービス拡充に向け事業強化を行っていきます。

英語サイト: https://www.lumirous.com/
日本語サイト: https://ja.lumirous.com/

(※1)国立社会保障・人口問題研究所「2015 年社会保障・人口問題基本調査URLhttp://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/report15html/NFS15R_html08.html#h3%202-3-2

(※2) Mobile Health Coaching on Nutrition and Lifestyle Behaviors for Subfertile Couples Using the Smarter Pregnancy Programhttps://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31647476/

(※3)不妊とMAR(医療的に補助される生殖)における日常的な心理社会的ケア一生殖医療スタッフのためのガイドhttps://www.jsrp.org/documents/Japanese_RPCguideline_Finalversion1_2.pdf

(※4) 妊活応援なびアンケートに基づくhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000020048.html

(※5) 写真プリントサービスアプリ「ALBUS(アルバス)」の運営会社の調査に基づくhttps://www.asahi.com/articles/ASP1N7HJBP1KUTFL001.html

【報道関係お問い合わせ先】
LUMIROUS 広報担当:高溝
連絡先: enquiry@lumirous.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Lumirous Sdn Bhd >
  3. LUMIROUS(ルミラス) 東南アジア初 妊活コーチ事業を開始