【クラファン1400万円達成】コロナ禍で生まれた東海地方のモノづくり企業×都内若手デザイナーのコラボ商品~AICHI DESIGN VISIONプロジェクト

4商品応援購入総額14,804,400円、応援サポーター2,073名達成!テーマは「アフターコロナの暮らしを楽しくするモノ」

モノづくりスタートアップ支援事業を行う㈱AMN(本社:愛知県安城市)は、東海地方のモノづくり企業4社と若手デザイナー6名がコラボレーションして作る、新商品開発プロジェクト“AICHI DESIGN VISION”を企画・運営しています。今年のテーマは、「アフターコロナの暮らしを楽しくするモノ」をキーワードに4商品が開発され、1カ月半行ったクラウドファンディングでは、4商品合計で応援購入総額 14,804,400円、応援サポーター 2,073名の多くのご支援・応援をいただきました。

〇各商品はコチラから

COBITSU:https://shops.adv-aichi.com/pages/cobitsu
十年急須:https://shops.adv-aichi.com/products/junenkyusu
OOPARTS-001:https://shops.adv-aichi.com/products/ooparts-001
conrcob:https://shops.adv-aichi.com/collections/corncob

  • AICHI DESIGN VISION(アイチデザインビジョン)とは?

「AICHI DESIGN VISION」とは、(株) AMN が企画し、東海地方のモノづくり企業とデザイナーがコラボして作る、新商品開発プロジェクトです。“アフターコロナの暮らしを楽しくするモノ”をテーマに4商品が完成し、1カ月半行ったクラウドファンディング(Makuake)では、4商品計応援購入総額14,804,400円、応援サポーター2,073名の多くのご支援・応援をいただきました。

  • 100社以上に参加を断られた、”AICHI DESIGN VISION”立ち上がりの経緯

2020年4月、「デザインの力と東海地方の製造業の高い技術力を組み合わせ、モノづくりの新潮流を生み出したい」とコロナ禍で立ち上げたAICHI DESIGN VISION。
しかし、参加企業を募るも、「コロナで影響が出ているのに、本業以外をやっている暇はない」「第一回目の様子を見て、第二回目からなら検討する」と100社以上に参加をお断りされました。

  • 「こんな時だから参加したい!」モノづくりのゲームチェンジャーが集まった企業とデザイナー

声をかけた結果、6社が応募。そして、「自分の名前で世の中にプロダクトを生み出したい」「中小製造業と出会う場がないから挑戦したい」と、デザインコンペで入賞経験の実力を持つ、都内・若手デザイナー6名が参加。選考を行い4社に絞り、2020年8月から新商品開発が始まりました。

 

今回、COBITSUを開発した、有限会社大橋量器・代表取締役の大橋博行氏曰く、「枡は、結婚式や正月など、人々が集まる祝いの席を晴れやかに彩り、今に続いてきました。しかし、新型コロナ禍で祝いの席が激減。大量のキャンセルによって売上が最大75%減少し、このままでは伝統産業存続の危機となる苦境に、今再び立たされました。そんな時に、AICHI DESIGN VISIONの話を聞き、前例がないプロジェクトだから良く分からないけど、話を聞いているとワクワクする。こんな時だからこそ、参加したい!」と参加いただきました。

  • オンラインで製作を進め、会社見学は1度のみ。4カ月間で完成した、ものづくりの新潮流

開発打ち合わせは、オンラインコミュニケーションツール「Zoom」で進行しました。モノづくりの過程においては、対面での打ち合わせが必要とされてきた中で、コロナ禍、そして、東海地方と都内在住のデザイナーをタイムリーに繋ぐため、オンラインを駆使しました。結果、全チーム、対面での打ち合わせ(工場見学)は1度のみ、そして4か月間という短期間で完成しました。

  • 4日間で目標金額達成と350件を超えるサポーターの声~クラウドファンディングの反響

クラウドファンディングでは、初日で3チームが目標を達成、4日間で全チームが目標を達成するという、異例の速さで結果を残しました。また、応援コメントは350件を越え、コロナ禍で奮闘した地元企業の活躍やプロジェクトの想いに共感された、多くの声を頂戴しました。

 

COBITSU

「自分の出身である大垣の業者さんが活躍されていて、とてもうれしいですし凄いです!僕も応援購入させて頂きます。到着楽しみにしています!」

 

十年急須

「保温性が高いから、リモートワークで仕事部屋に持って行って、あったかいお茶を飲むのに使いたい!」

 

OOPATS-001

「コロナのおかげで、このオーパーツに出逢えましたね!災い転じて福となすといいます。どんな苦境に立たされても、必ず成長、発展の道はありますから、みなさん、頑張ってください!」

 

corncob

「担当デザイナーの想いと、地元愛知県での製造という点に惹かれて購入しました。」

 

Makuake名古屋拠点責任者・武田康平氏曰く、「愛知県が誇るものづくり企業から、このようなプロジェクトをお披露目できたことは、産業支援を主とするMakuakeにとって、大きな資産になると思います。」ともお声をいただきました。

  • 商品紹介~冷凍ご飯が贅沢品に変わる枡のおひつ「COBITSU」

炊き立てのご飯を“COBITSU”に入れて、冷凍庫へ保存。電子レンジで温めてそのまま食卓を豪華に彩ります。材質である桧が水分を調節し、蒸し器のようにふっくらと温めることで、炊き立てご飯のように蘇らせます。

企業・有限会社大橋量器(岐阜県大垣市) / デザイナー・南地秀哉

 

  • 商品紹介~軽くて割れない、自動車部品製造技術を活かした急須「十年急須」

自動車部品の「重要保安部品」を作り続けた技術で、軽くて割れない、樹脂製の急須を開発。他社の樹脂製急須比べ約3倍の保温性を持続でき、500ml入る大容量。家で過ごす時間が増えている昨今、もっと手軽に「急須で淹れるお茶」でリラックスして欲しいと考案しました。
企業・株式会社鈴木化学工業所(愛知県幸田郡) /  デザイナー・星野泰漢

 

 

  • 商品紹介~金属の塊から削り出された、石器のような開梱ナイフ「OOPARTS-001」

コロナ禍で外出することが難しく、急増した通販。届いた段ボールを開梱するという“作業”までも、“心躍る体験”に変わるようにと願い、金属の塊から削り出した開梱ナイフ。オブジェとしても空間を彩る美しさを放ちます。
企業・株式会社セイワ(愛知県西尾市) / デザイナーチームAATISMO(中森大樹・海老塚啓太・桝永絵理子)

 

  • 商品紹介~親子で組み立て、お家時間を楽しむ、子供向け段ボールスツール「corncob」

76の段ボールパーツを、接着剤無しで組み立てて作る、段ボール製のスツール。重さ1,5㎏で、耐荷重は800㎏、大人が座っても大丈夫。使い終わったらリサイクルができるこちらの商品は、親子で作る・使う・捨てることまで考えた、気持ち良くモノと一緒にいられる“家族の思い出になる家具”です。
企業・長江紙器株式会社(愛知県春日井市) / デザイナー・石垣純一

 

  • 本件に関するお問合せ

広報担当:原 渉
取材:対面可能(取材先・愛知県、岐阜県、東京都)、工場見学対応、オンライン取材対応、日英取材可能
備考:素材提供あり
お問い合わせはこちら https://adv-aichi.com/contact/


株式会社AMN(エイエムエヌ)
本社所在地:愛知県安城市東栄町五丁目3番地6
代表取締役:原 渉(ハラワタル)
事業内容:モノづくりスタートアップ支援事業
HP:https://adv-aichi.com/
 

AICHI DESIGN VISION
HP https://adv-aichi.com/
Instagram https://www.instagram.com/aichi.design.vision/?hl=ja
Twitter https://twitter.com/aichi_design
Facebook https://www.facebook.com/Aichi-Design-Vision-107354734545450
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCI4KJEI3eednYdKNy5l3nNw

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AMN >
  3. 【クラファン1400万円達成】コロナ禍で生まれた東海地方のモノづくり企業×都内若手デザイナーのコラボ商品~AICHI DESIGN VISIONプロジェクト