フェムテック企業「BONHEUR」が第三者割当増資を実施

固定概念や常識に捉われないセクシャルライフスタイルを提案

株式会社BONHEURは(本社:福岡市、代表取締役 馬場 早希)、シードラウンドで第三者割当増資を実施したことをお知らせ致します。

株式会社BONHEUR 代表 馬場早希株式会社BONHEUR 代表 馬場早希

■BONHEURとは
BONHEURは、“現代のセクシャルウェルネスの再定義”をテーマに、固定概念や常識に捉われない日本発の「セクシャルライフブランド」です。ライフスタイルに溶け込む実用性とシンプルな機能性を追求したプロダクトを展開。原料のトレーサビリティから製造方法までこだわり、ユーザーの心と身体の健康を考えたプロダクトの開発に注力しています。オウンドメディアを展開し、セクシャルウェルネスからヘルスケア全般まで、さまざまな情報を発信しています。

■第三者割当増資の目的
今回の資金調達で、自社製品の展開、オウンドメディアのコンテンツの拡充をして参ります。

■第三者割当増資の引受先について
・山本 敏行氏
・戸村 光氏
・曽我 健氏


■引受先からのコメント
Chatwork創業者(現:SEVEN)山本 敏行氏
海外のFemtechスタートアップはすでに資金調達の実績が多くあり、日本ではこれから急拡大していく領域ですが、馬場さんと初めて話した時にFemtechに対する真剣な想い、意思決定の早さ、素直かつ柔軟な姿勢にスタートアップ起業家として非常に高いポテンシャルを感じました。BONHEURは日本のFemtechを代表する会社へ、そして馬場さんはまだまだ少ない日本のスタートアップ女性起業家のパイオニアとして一石を投じる存在になると確信しています。

hackjpn株式会社 戸村 光氏
コロナによって、我々人類はこれまで以上に、パートナーとの支え合いが必要となりました。一方で、日々の何気ないすれ違いにより、一度は愛し合ったパートナーを失い、一生合わない存在になることも少なくありません。私の住むシリコンバレーでは離婚率は年々上昇して70%以上にもなると耳にすることがあります。私は一度愛し合った相手を生涯にわたり愛し続けたい。もしそんな理想が実現するためにはどうしたらいいのか、そんなことを考えていたときにババサキさんと出会いました。ボヌールは男女の関係をより良好なものとし、愛し合ったその瞬間を、かけがえのない歴史に変えるツールです。ボヌールは間違いなく21世期を代表する性の象徴となり、ババサキさんは日本を代表する起業家となるでしょう。なんたって名前がいい。

SGcapital株式会社 代表取締役 曽我 健氏
男性目線で作られた製品が溢れている業界において、当事者である女性目線とテクノロジーの力を掛け合わせたFemTech的なアプローチにより解決できる課題は非常に大きいと考えています。馬場さんと話す中で、性のタブーを切り崩し、デザインの力で課題解決を図っていくことの社会的意義は実は非常に高いのではないか?と思ったことから今回投資させていただくこととなりました。

■代表 馬場早希 挨拶
私は愛媛県の今治市出身で、幼い頃から「セクシャルウェルネス」という分野に興味を持って生きてきました。あまり表立って語れなかったこの分野で、現代人のライフスタイルに合ったこの領域を再定義するために夫の取締役と共に創業しました。事業の構想は6年前に遡りますが、ようやく日本で認知されてきたfemtechのカテゴリの一つのセクシャルウェルネスの分野で、新しい文化を創りたいと思っています。

■企業情報

社名:株式会社BONHEUR

代表者:代表取締役  馬場 早希 
所在地:福岡県福岡市中央区大名2-6-11
設立日:2020年8月25日
事業:化粧品企画・販売、サプリメントの企画・販売 、その他雑貨の企画・販売
コーポレートサイト: https://www.bonheur-inc.com/
Instagram: @bonheur_wellness

■本件に関するお問い合わせ
メール:info@bonheur-inc.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BONHEUR,Inc. >
  3. フェムテック企業「BONHEUR」が第三者割当増資を実施