日本初!海外登壇特化ウェビナー支援サービスをスタート~ウェビナーの新たな活用法~

GAFAなどの海外有名企業の有識者とのコラボレーションによる情報発信を実現

株式会社Precedent(本社:神奈川県厚木市、代表取締役:清水絹子)は、ウェビナーの「場所にとらわれない」という特性を活かし、GAFAなどの海外有名企業に所属する海外有識者の登壇ウェビナーの企画~実行までワンストップで支援するサービスを提供開始しました。

■サービス開始の背景:

●今のウェビナーは「オフラインをオンライン化した」だけ…コロナにより、従来行われていた展示会・セミナーなどのイベントが一気にオンラインにシフトし、ウェビナーを行う企業が急増しました。しかし、多くの企業は、ウェビナーを「リアルで開催していたコンテンツをオンライン配信するだけ」に留まっています。

●ウェビナーの真価は「登壇者の場所制約」の解消…「時間や場所の制約にとらわれずに情報発信ができる」点がオンラインの真価です。これまでのセミナーでは、会場への移動・コスト・スケジュール調整などの問題から、登壇者が限定されていました。ところがウェビナーであれば、どこからでも登壇ができるため、このような制約がなくなります。
そのため、今後のウェビナーでは、これまでの登壇者に限らず、世界各地で価値あるコンテンツを持っている人たちに登壇してもらい、リアルタイムに世界の最新情報を相互に発信していくのが当たり前の状態になります。

●海外有識者とのウェビナー企画~実施をワンストップで支援…海外有名企業の有識者を招いたウェビナーを開催しようと思っても、実際に開催までこぎつけるにはコネクション作りから企画内容の調整、登壇資料の翻訳や通訳の手配まで非常にコストがかかります。そこで、弊社はワンストップ型ウェビナーサービスを提供開始致しました。

1度ご要望をお伺いした後は、海外有名企業の登壇候補者探しから企画内容の調整、翻訳・通訳の手配まで全て弊社がお受けします。セミナー後は動画やセミナー記事などのコンテンツ制作まで行うので、ネタ・リソース不足でお悩みの企業様にぴったりです。


■サービス内容:海外有名企業の有識者との”ハブ”となり、ワンストップで高品質な情報発信を実現

①ウェビナー企画運営:ヒアリング後、登壇候補者のリストアップから登壇資料の翻訳、通訳の手配まで全て丸投げでOKです。

②オリジナルコンテンツ制作:新規リード獲得やナーチャリングにご活用いただける、動画やセミナー記事などのオリジナルコンテンツを制作致します。

③海外最新情報収集と関係構築:Slackで専用チャンネルをお作りし、その業界に関する情報を不定期でお知らせします。その業界のフォーラム代表とおつなぎしたり、海外の事業会社とのパートナーシップを結ぶ接点づくりなど、海外事業部のような立ち位置で幅広くご対応します。
 

過去の登壇者(抜粋)過去の登壇者(抜粋)

■導入事例:
・Resily株式会社様
:OKRクラウドサービスを提供。日本でOKRを広めるために、海外有名企業でOKRを実践してきた有識者を招いて半年間で3回海外ウェビナーを開催。(登壇者所属企業:元Elsevier、FordおよびFordLabs、元Booking.com)OKRフォーラム代表とのコネクション作りとしてオンラインミーティングをセットし関係構築を図った。

・株式会社ポップインサイト様:こまめにユーザーの声を調査しながらビジネスをドライブする「アジャイルUXリサーチ」を日本で広めるために、海外有名企業でUXリサーチを行なう有識者を招き7回ウェビナーを開催。圧倒的な発信量でブランド力を高めた。(登壇者所属企業:Google、Uber、Booking.com、元フォートナイトUXディレクター、U-NEXT、Mozilla、LinkedIn UXコース講師)
 


■5分でわかるサービス紹介動画:

 



【会社概要】
■株式会社 Precedent 概要
会社名 : 株式会社 Precedent
所在地 : 神奈川県厚木市
設⽴ :  2020 年 11 ⽉
代表取締役: 清水 絹子
事業内容 : BtoBスタートアップ企業専門戦略PRサービスの運営 
URL : https://precedent.co.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Precedent >
  3. 日本初!海外登壇特化ウェビナー支援サービスをスタート~ウェビナーの新たな活用法~