サボテンから出来たスニーカー、BRADLEY CACTUS(ブラッドリーカクタス)が発売

スニーカーブランド<CLAE(クレイ)>がアイコンモデルをサスティナブルな最新素材でアップデート

<CLAE(クレイ)>は 2001 年にロサンゼルスで創業したスニーカーブランド。“アフタースケートで履くレザーシューズ”をコンセプトに、スニーカーの快適さとレザーシューズの上質なデザインを融合させたコレクションは、多くのスケーターから人気を集め、現在では世界約 50 カ国で販売されています。
近年は環境に配慮しながら進化を続け、ミニマリストとして、時代を超えた製品を提供することに専念しています。
そんな<CLAE(クレイ)>が、ブランド創業から 20 周年をむかえる 2021 年、サボテンから出来たカクタスレザーをスニーカーに使用した世界最初の1足目 “BRADLEY CACTUS(ブラッドリーカクタス)”を発売します。

カクタスレザーは、メキシコ発の<Desserto(デザート)>が「革に代わる環境に寄り添う素材を作りたい」という想いのもと開発した新素材。
“持続可能な素材の中で最も高品質“との評価を受け、2020 年グリーンプロダクトアワードを受賞するなど世界中で話題を集めています。
採取された成熟したサボテンの葉を有毒な化学薬品を一切使用せずに出来たこの素材は、しなやかで通気性に優れ、また持続可能な素材の難点であった耐久性も兼ね備えているのが特徴。自生で水分をほとんど必要としないサボテンは資源が枯渇してしまう心配もなく、まさにサスティナブルな新素材です。

そんな革新的なカクタスレザーを、シンプルで洗練されたブランドの象徴的なデザインに大胆に使用した“BRADLEY CACTUS(ブラッドリーカクタス)”は、インソールやライニングにはコットンキャンバスを使用し、100%天然ゴムで作られたアウトソールを搭載、プラスチックごみからリサイクルされたナイロン素材のシューレースを使用するなど、<CLAE(クレイ)>のアイコンモデルをサスティナブルな素材を豊富に使用しアップデートした1足です。
ネオプレン素材を使用したヒールタブや、クッション性に優れたインソールなど、ほかにも足にやさしい機能を揃えています。

なお、新商品の立ち上がりに際し、4月1日(木)より、エストネーション 六本木ヒルズ店にてPOPUP EVENTを開催中です。BRADLEY CACTUSのほか、サステイナブルな新素材を使用したスニーカーが一堂に会する機会となっています。

【商品概要】
BRADLEY CACTUS (ブラッドリー カクタス)
価格:¥20,900 (税込)

【About CLAE(クレイ)】
アメリカ、ロサンゼルスを拠点とし、2001 年に創業したスニーカーブランド。
素材・デザイン・快適さにこだわりを持ち、クオリティに優れたクラシックなアイテムを作り上げてきました。創業以来、環境へ配慮しながら進化を続け、ミニマリストとして、タイムレスな製品を提供。コートスニーカーからランニングスニーカーといった多岐にわたる商品を、国際的な認証を得たタンナーが製造するフルグレインレザー、海洋プラスチックゴミをアップサイクルしたテキスタイルなど数多くの新素材にて表現をし続けています。
https://clae.jp/

【お問い合わせ先】
コンコード ショールーム / 03-6804-3108
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リーガルコーポレーション >
  3. サボテンから出来たスニーカー、BRADLEY CACTUS(ブラッドリーカクタス)が発売