クリニックTEN渋谷、新型コロナワクチン職域接種でTwitterを活用したワクチン廃棄ゼロを実施

クリニックTEN渋谷(東京都渋谷区、代表:塩谷隆太)は、新型コロナワクチンの職域接種において廃棄ワクチンをゼロにするべく、緊急時にtwitterを活用した公募を実施します。
■本リリースの内容
  • セブンリッチグループを中心とした新型コロナワクチンの職域接種をクリニックTEN渋谷が実施
  • キャンセルによるワクチン廃棄が発生しそうになった場合にTwitterで告知
  • 代わりの接種希望者とDMでマッチングしワクチンを提供、廃棄ゼロを目指す

■取組概要
本取り組みは、会計事務所を母体とする事業会社「セブンリッチグループ」とその関係者に向けて提供される職域接種を担当する「クリニックTEN渋谷」により実施されます。今回の職域接種はセブンリッチグループのスタッフさまにとどまらず、同社が支援するスタートアップ・中小企業・個人事業主とそのご家族と幅広く提供されます。その中で、当日キャンセルが発生した場合にはTwitter上で接種希望者を募り、廃棄ゼロを目指すというものです。

(※注意)
本取り組みは緊急時対応であり、急なキャンセルが発生しない限りは実施されないことをご理解ください。

■取組のポイント
本取組のポイントとして「廃棄ワクチンを出さない」ことを主目的としています。

(背景)
職域接種は、各業界団体と政府の協力のもと急ピッチで進められてきました。初めての試みで情報が錯綜する中で、代表する各社・各院が予約受付を取りまとめるのは本当に大変なことです。しかしそんな中、使用されるmRNA ワクチンは一度開封すると6時間後には失活してしまう性質に加え、予約の重複や急なキャンセルが重なり、意図せぬ余剰在庫とやむを得ない廃棄が発生してしまっています。これは日本が集団免疫形成を推し進める上での重大な課題だと考えます。

(クリニックTEN渋谷の判断)
当院としては、貴重なワクチンを廃棄することなく、一人でも多くの皆様にワクチン接種を受けていただくことは、我々医師が公衆衛生に果たすべき使命だと考えています。「本来誰かに打つはずだった日と、その28日後の予定が確実に確保できる」代わりの人を探すのは、困難な時代ではありません。当院では、当日急なキャンセルによるワクチン廃棄の可能性がある場合は、 Twitter を駆使して速やかなマッチング・接種を可能とし、廃棄ワクチンをゼロにする取り組みを推進する所存です。

■想定する公募オペレーション
(前提)
政府より配布されるモデルナワクチンをちょうど28日の期間を設けて2回接種します。よって、1回目の日程が決まり次第、同時に2回目の日程も決定されます(初回接種日の4週間後、同じ曜日に2回目を実施するとお考えください)

(予約と接種までのステップ)
  1. キャンセルが発生次第、Twitterオフィシャルアカウント上で1回目と2回目日程を告知
  2. 両方の日程を確実に確保できることを確認の上、先着で接種希望者を受付
  3. 予約完了
あとは指定時間に来院いただき、接種をおこないます。

■接種のフロー
  • 接種当日の指定された時間および、そのちょうど28日後(4週間後の同じ曜日)にかならず来院・接種が可能であること。
  • 接種する本人が18歳以上であること
  • 本人によるウェブ予約と来院が可能であること
自治体により発行される接種チケットなどは一切不要です。指定時間にご来院いただけるのであれば、在住地区なども問いません。

■今後の情報提供
クリニックTEN渋谷 オフィシャルTwitterアカウントより速報を配信いたします
https://twitter.com/clinic_ten

■Appendix:クリニックTEN渋谷と体験について
当院は渋谷の中心地に位置し、完全 WEB 予約制、待ち時間ほぼゼロを掲げた新しいコンセプトのクリニックです。新型コロナウイルスに関する様々な情報が錯綜するなか、不安な思いで過ごされる方も多いかと思います。せめてワクチン接種するための時間くらいは少しでも安心して頂きたいという思いから、通常通り個室での処置を行います。受診者の皆さまのために予約時間いっぱいを確保しておりますので、時間の限り医師とのコミュニケーションの時間に充てていただきたく存じます。

また、ワクチン接種後の観察時間15分にはリラックスしてお過ごしいただくためのスペースも確保しており、迷走神経反射やアナフィラキシーなどの緊急時には横になって医師による迅速な対応も可能です(1Fに同居するHYDRATE FROM THE LAND イートインスペースも緊急時には解放致します)。
クリニック一同で安全かつ限りなく貴重なワクチン廃棄をしないよう努力して参りますので、どうぞご安心してご来院くださいませ。











■Appendix:モデルナワクチンの廃棄基準について
今回配布されているモデルナワクチンは1包装あたり10回分の接種量が充填されており、開封後6時間以内に廃棄する必要があります。よって、開封同日に確実に10の倍数で接種者を確保しない限り廃棄が発生します。クリニックTEN渋谷は、本取り組みによって毎日ちょうど充填分を使い切ることで、廃棄ゼロを目指します。

参考:厚生労働省配布資料
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000783966.pdf

■クリニックTEN渋谷について

 

所在地:〒150-0002 東京都渋⾕区渋⾕2丁⽬20­-12 渋⾕⽇永ビル2F
診療科:内科 / ⽪膚科 / 泌尿器科 / 健康診断
診療時間:平⽇9:00~22:00 / ⼟⽇祝 9:00~18:00
ウェブサイト:https://clinicten.jp/
お問い合わせ:info@clinicten.jp

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CLINIC TEN >
  3. クリニックTEN渋谷、新型コロナワクチン職域接種でTwitterを活用したワクチン廃棄ゼロを実施