中小企業まとめて職場接種、要件達成へ 千葉市の社労士事務所が申請

千葉市にある社会保険労務士法人エフピオが中小企業をまとめて職域接種の申請を14日に申請し、7月上旬よりスタート

新型コロナウイルスワクチンの職場接種に参加できるようにしようと、千葉市にある社会保険労務士法人エフピオ(株式会社エフピオ)は14日、希望する顧客の企業を取りまとめて合同で実施できるように国に申請した。

 



今回千葉市にある社会保険労務士法人エフピオは中小企業の大きな3つの壁(医師の確保・接種者人数の確保・会場の確保)を突破し、 7月から5000人以上の接種者を受け入れる体制を現在整えており、接種を希望する企業に対しては無償で提供することを決定した。

大企業の職場接種が進むなか、中小企業が取り残されている状況だったため、今回皆さまにとって有益ではないかと判断し対応することを決意。
 

 

また今回職域接種を決定し、多くの企業様と連絡を取り合う中で様々の企業様より備品や人員の確保のためのサポートなどのご協力を行っていただきながら準備を行っている。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 社労士法人エフピオ >
  3. 中小企業まとめて職場接種、要件達成へ 千葉市の社労士事務所が申請