大宮駅東口複合施設「大宮門街(オオミヤカドマチ)」業務・文化施設の開業時期と商業エリア開業方針に関するお知らせ

「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合」は、2022年4月に開業予定の複合施設「大宮門街(オオミヤカドマチ)」に関して、2月から稼働を始めたオフィスに続く銀行、RaiBoC Hall(市民会館おおみや)の稼働開始日、並びに商業エリアの開業方針を4月以降順次オープンとすることについてお知らせいたします。
■ 業務・文化施設の開業時期について
 「大宮門街」内の以下の施設は下記日程にて開業いたします。
  • 10階~18階 オフィスエリア「大宮門街SQUARE」:2022年2月より順次稼働
  • みずほ銀行 大宮支店:2022年3月7日移転
  • 4階~8階 RaiBoC Hall(市民会館おおみや):2022年4月1日開館

■ 「大宮門街」商業エリアにおける開業方針の変更について
 1階〜6階の商業エリアは、4月一斉開業の方針を見直し、4月以降、開店準備が整った店舗から順次オープンすることといたします。
 これは、半導体や金属類などの資材不足が世界的な問題となるほど深刻化しており、当プロジェクトにおいても、出店に伴う工事について防災・空調設備を中心とした一部設備の資材調達が滞り、開業スケジュールに影響を及ぼしていることによるものです。
 一方で大宮門街の開業を心待ちにされている多くの方々をいち早くお迎えしたいとの思いから、開店準備が整った店舗を順次オープンすることといたします。

■ 今後のイベントについて
 商業施設のオープンを記念したイベントにつきましては、今後の出店店舗の開業状況を踏まえ、新型コロナウイルスの感染状況等へも配慮して開催時期を検討し、決定次第、詳細をお知らせいたします。

 「大宮門街(オオミヤカドマチ)」について
 「大宮門街(オオミヤカドマチ)」は、オフィスや商業施設、銀行、公共施設(市民会館)などで構成される複合施設です。「東日本の玄関口」である大宮駅から徒歩5分の立地に建てられ、商業やビジネス、文化の相互交流を促すよう整備された「大宮門街」は、大宮を取り巻く人々に新しい出会いや発見の機会を創出することを目指しています。

 1階  〜   6階:ショップエリア(ショップ/レストラン/サービス等)、広場「門街広場」

 4階  〜   8階:RaiBoCHall(市民会館おおみや、読み:レイボックホール)

10階 〜 18階:オフィスエリア「大宮門街 SQUARE」

■ 再開発事業について
・事業名称     : 大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業
・施行者      : 大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合
・地区面積     : 約 1.4ha
・事業コンサルタント: 株式会社都市設計連合
・設計       : 株式会社山下設計
・参加組合員    : 三井不動産株式会社、大栄不動産株式会社
・特定業務代行者  : 鹿島・松永建設特定業務代行共同企業体

<施設概要>
・施設名称      : 大宮門街(オオミヤカドマチ)
・所在地       : 埼玉県さいたま市大宮区大門町二丁目118番地
・敷地面積      : 8,558.34 ㎡
・延床面積      : 82,139.11 ㎡
・建築面積      : 6,827.91 ㎡
・構造        : 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
・規模        : 地下 3 階、地上 18 階、塔屋 1 階
・用途        : 物品販売業を含む店舗、飲食店、サービス店舗、
            劇場、銀行、事務所、診療所、駐車場、駐輪場

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合 PR事務局(中央デパート内) 担当
スタジオサイタマ合同会社 加藤、榊原
Tel: 080-3490-5892
E-Mail: kadomachi_pr@studiosaitama.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合 >
  3. 大宮駅東口複合施設「大宮門街(オオミヤカドマチ)」業務・文化施設の開業時期と商業エリア開業方針に関するお知らせ