【富永病院整形外科】人工関節置換術に使用する次世代型赤外線誘導式手術支援ロボットCORI(Smith &Nephew 社製)を導入

【富永病院】11月1日、2日にCORIを使用した単顆型人工膝関節置換術(UKA)、人工膝関節全置換術(TKA)を西日本で初めて行った。

社会医療法人寿会富永病院(理事長:富永 紳介 大阪府大阪市浪速区湊町1-4-48)整形外科は人工関節置換術に使用する手術支援ロボットCORI(Smith &Nephew 社製)を導入、11月1日、2日に単顆型人工膝関節置換術(UKA)、人工膝関節全置換術(TKA)を西日本で初めて行いました。違和感が少なく、長期耐久性のある人工膝関節を目指し、これまで以上に患者さんの術後満足度が高い人工膝関節手術を提供していきます。
■手術支援ロボット「CORI」を導入


 富永病院整形外科はこの2021年10月に人工関節置換術に使用する次世代型赤外線誘導式手術支援ロボットCORI(Smith &Nephew 社製)を導入しました。この手術支援ロボット「CORI」は主に変形性膝関節症、関節リウマチ、 膝関節骨壊死に対する人工膝関節置換術で使用されます。赤外線カメラにより関節の表面形状を読み取るだけでなく、膝関節の屈伸時の動きもコンピューターが認識することで、患者さん個々の膝関節に合わせたオーダーメイドの人工膝関節置換術を実現します。CORIは国内の4施設で新規導入され、富永病院では11月1日、2日にCORIを使用した単顆型人工膝関節置換術(UKA)、人工膝関節全置換術(TKA)を西日本で初めて行いました。

■「CORI」を使用する2つのメリット
 CORIを使用するメリットは2つあります。1つ目のメリットはより正確なインプラント設置を可能にすることです。CORIのサポートにより、熟練の術者を上回る正確な手術操作を実現し、理想的な位置に高精度にインプラントを設置します。骨の掘削誤差を1mm、1度以下にすることが可能で、違和感の少ない、長期耐久性のある人工膝関節を目指します。
 2つ目のメリットは安定感のある靭帯バランスのとれた膝の動きを再現できることです。従来の手術では術者が膝関節の伸展時と屈曲90度の靭帯バランスのみを確認していました。CORIを使用すると、全ての可動域の靭帯のバランスがグラフ化されて表示され、患者さん個々の膝関節の状態に合わせた微調整を可能とします。これによりバランスのとれた違和感のない膝の動きを実現します。また、症例によっては従来の人工膝関節手術では切除せざるを得なかった十字靭帯を温存することも可能です。

 富永病院では、CORIの導入により、これまで以上に患者さんの術後満足度が高い人工膝関節手術を提供していきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 富永病院 >
  3. 【富永病院整形外科】人工関節置換術に使用する次世代型赤外線誘導式手術支援ロボットCORI(Smith &Nephew 社製)を導入