オウルズコンサルティンググループ 利益の10%以上をNPO支援に拠出

社会課題解決に向けた継続的な取り組みとして開始

株式会社オウルズコンサルティンググループ(東京都港区、代表取締役CEO羽生田慶介)は、既存のコンサルティング事業の枠を超えてNPO/NGOなどと連携してSocial Impact事業を行い、社会課題解決に向けて取り組んでいます。
これまで弊社は、プロボノ(無償のコンサルティングプロジェクト)や、人材の出向・派遣、共同リサーチ・執筆など様々な形でNPO/NGOへの支援を行ってきました。
今後の更なるソーシャルセクターへの貢献として、この度弊社では純利益の10%以上をNPO/NGOなどへの支援金として拠出する方針を決定しました。その方針の具体化として2021年12月、NPO法人日越ともいき支援会及び認定NPO法人3keysに対して寄付を行いました。

 


<オウルズコンサルティンググループのこれまでのSocial Impact事業(一部抜粋)>
  • 認定NPO法人ACE等と「児童労働白書2020 ビジネスと児童労働」を共同発行、ACE等と連携して朝日新聞にて児童労働に関する一面記事を掲載(2021年6月)、ACE等と連携して「Child Labor Free Zone(児童労働フリーゾーン)」の国際通商協定の提案活動などを継続的に実施
  • 弊社代表取締役CEO羽生田慶介は、一般社団法人エシカル協会 理事、認定NPO法人ACE理事、特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン 理事、一般社団法人グラミン日本 顧問を務める
  • 弊社マネジャー潮崎真惟子は、認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパンの事務局長として弊社より出向し活動
  • 弊社プリンシパル大久保明日奈は、一般社団法人エシカル協会 理事を務める
  • 認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)主催イベントHAPIC(2021)協力パートナー
  • JANIC(国際協力NGOセンター)等が主催するシナリオプランニング・プロジェクト「Polyphonic future」への参画
  • その他にも一般社団法人 グラミン日本などソーシャルセクターへのプロボノ支援/連携を実施

<今回の寄付先>
NPO法人日越ともいき支援会
・所在地:〒105-0011東京都港区芝公園2-11-1-203
・事業内容:劣悪な環境で働く技能実習生や失踪者の救済・保護、在留ベトナム人の人権保護など
・代表:代表理事 吉水 慈豊
・URL:https://nv-tomoiki.or.jp/

認定NPO法人3keys(スリーキーズ)
・所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目12−5 Uni-works新宿御苑1F
・事業内容:日本の子どもたちのために、生まれ育った環境によらず、自立や権利保障の観点から必要な支援・情報が十分に行き届く社会の創造など
・代表:代表理事 森山 誉恵
・URL:https://3keys.jp/

今後も弊社は、Social Impact事業を通じて社会課題の解決に取り組んで参ります。

【会社概要】
会社名:株式会社オウルズコンサルティンググループ
所在地:東京都港区元麻布3-1-6
代表者:代表取締役CEO 羽生田 慶介
URL:https://www.owls-cg.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オウルズコンサルティンググループ >
  3. オウルズコンサルティンググループ 利益の10%以上をNPO支援に拠出