AI&ロボティクスのTRIBAWL㈱が顔パスの「kaopa」の販売を開始

“国内最高精度の顔認証技術”と各種IoT連携システムをワンストップ価格でご提供

株式会社立飛ホールディングスが導入

 

TRIBAWL株式会社(本社:東京都千代田区、代表:田中清貴)は、本日2022年6月9日(木)にエッジAI顔認証技術を活用した“顔パスの「kaopa」”の販売を開始致しました。すでに株式会社立飛ホールディングス(本社:東京都立川市、代表取締役社長:村山正道)が展開するGREEN SPRINGSへ導入させて頂きました。
 


顔パスの「kaopa」は、業界最小2.8inchのpadをはじめ、体温検知機能を持つ7inchのPadの二つの機器から選択でき、両機器とも高精度な顔認証の技術で構成されています。このシンプルな仕組みは様々なIoT機器と連携し、特にスマートキーをはじめとして、様々な分野での活用が見込まれています。
 




TRIBAWL㈱の顔認証検索エンジンは顔の特徴点を107 個のポイントで捉え、マスクや帽子着用時でも高い認証精度を実現します。その為認証エラーが少なくストレスフリーな上、liveness 検知(生体認証検知機能)により、顔画像によるなりすましも防止します(例えば、顔写真を不正に入手しPad にかざした場合、静止画像であるか生身の人間であるかをジャッジします。またQR コード認証ではコードの印刷コピーにより不正入室も少なくないですが、顔認証では高いセキュリティ環境を確保できます)
 


顔パスの「kaopa」で提供するPad とスマートキーソリューションは様々なIoT との連携が可能で、スマートロッカーや勤怠管理システムともAPI 連携し、オフィスの様々なお悩みの新しい解決方法としてご採用頂いております。また導入面では、既に設置されている扉の鍵を活用したり、既存の自動扉やエレベーターなどとの組み合わせも可能で汎用性が高いのも特徴の一つです。最初に顔情報を登録するだけで運用開始可能で、Pad で顔を認識するとCloud Extention(TRIBAWL 自社開発エンジン)で瞬時に照合しスマートキーが開錠されます。これまで複雑だった出入管理のエリア分けも、複製不可能な顔パスで楽々高セキュリティ化を実現します。
 

 

両手が塞がっていても、顔認証でスマート開閉します。両手が塞がっていても、顔認証でスマート開閉します。

 

 

業界最小のPadが空間にスタイリッシュに溶けこみます。業界最小のPadが空間にスタイリッシュに溶けこみます。

GREEN SPRINGSGREEN SPRINGS

■導入事例の概要
株式会社立飛ホールディングス様
GREEN SPRINGS
内容:オフィスエリアの出入管理
導入時期:2022 年6月1日

※1 スマートキーシステムは用途別に各メーカーよりご選定いただけます。既存システムをお持ちのお客様は事前にご相談ください。







■代表取締役会長 山本コメント
顔パスの「kaopa」は、高精度なAI 技術を身近なツールとして、多くの方に活用して頂き、より便利で快適な生活を実現させたいという願いから生まれたシステムです。シェアオフィスの出入管理からセキュリティのツールとしても利用いただけます。また無人店舗やジム、クリニック、会員制のサービスにおいても導入を進めております。使いやすく、スタイリッシュなハードでリーズナブルな価格設定になっておりますので、是非多くの場面でご使用いただければと思います。

■問い合わせ先
メールアドレス:info@tribal-corp.com
平日(10:00~17:00)

TRIBAWL 株式会社について

 

【会社概要】


社名:TRIBAWL 株式会社
本社所在地:東京都千代田区大手町2-7-1TOKIWA BRIDGE
13階 地下2階SEGWAYLAB
代表取締役:田中 清貴
事業内容: AI ロボティクス
設立: 2021 年7 月
HP:https://tribawl.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TRIBAWL株式会社 >
  3. AI&ロボティクスのTRIBAWL㈱が顔パスの「kaopa」の販売を開始