【大阪府太子町 ふるさと納税】フジ医療器が大好評のマッサージチェアを「新」生涯学習センター“太子の森”へ寄贈!

新たな町立生涯学習センター(愛称:「太子の森」。以下「太子の森」)が7月1日にオープンするのを前に、太子町と包括連携協定を締結する(株)フジ医療器(以下「フジ医療器」)から、公民連携の一環として、太子の森へマッサージチェア2台、町立体育館(以下「体育館」)へフィットネスマシン1台を寄贈いただきました。

 

6月28日(火)に太子町役場で行われた贈呈式では、フジ医療器大阪工場の岩根工場長より「太子町への想いを形にすることができた。利用者の方々の心と体の健康づくりに貢献できればと思う。」とし、これに対して、田中祐二町長は「非常にありがたい。フジ医療器は、SDGsの達成や社会課題の解決に熱意を持って取り組んでいる地元企業。引き続き、お互いに協力して様々な取組みを進めていきたい。」と話しました。


今回寄贈されたのは、町ふるさと納税返礼品として好評のマッサージチェア(LS-500ZG)と、音波振動で体を鍛えるフィットネスマシン(ダイエットトレーナーコア(DT-C1000))の2種類。マッサージチェアは、太子の森のエントランススペースに設置され、来館者は自由に利用できます。また、フィットネスマシンは体育館のトレーニングルームに設置され、講習を受けた人が利用可能です。

 

また、太子町はふるさと納税返礼品に、6月にフジ医療器の「マッスルショット FG3800」と「エアー楽~く フットマッサージャーF FSK-100」の2品目を追加しました。

 

 


 


【背景・概要】

太子町と、美と健康の総合メーカー、株式会社フジ医療器は、令和4年5月26日に「健康づくりの推進に関すること」、「地域環境の保全・向上に関すること」、「地方創生に関すること」などの5分野にわたる連携と協働に関する包括連携協定を締結。令和3年度より、太子町のふるさと納税返礼品として、フジ医療器の製品を11品目出品(令和4年6月30日現在)。
なお、令和3年度のふるさと納税寄附受入額は令和2年度比で約82倍となる約1億1千万円となる見込み。


【本件の問合せ】
太子町 政策総務部 秘書政策課(公民連携デスク)
TEL:0721-98-5531(直通)
E-Mail:hisyo@town.taishi.osaka.jp
URL:https://www.town.taishi.osaka.jp/index.html
  1. プレスリリース >
  2. 太子町 >
  3. 【大阪府太子町 ふるさと納税】フジ医療器が大好評のマッサージチェアを「新」生涯学習センター“太子の森”へ寄贈!