『THE MATCH 2022』で勝利した江幡睦が新たな“挑戦”へ!パーソナルキックボクシングジム設立に向けクラファン開始

~キック世界王者が心身ともに「今の自分」と向き合い、挑戦心を養う場を提供~

キックボクシングWKBA世界バンタム級王者の江幡 睦(えばた むつき)は、この度キックボクシングパーソナルフィットネスジム『LINGHTHOUSE TOKYO』(場所:東京都渋谷区、代表:江幡 睦)を9上旬に設立予定です。設立にあたり、6月27日(月)22時よりREADYFORにてクラウドファンディングを開始いたします。

 

 

LINGHTHOUSE TOKYO設立の背景

・僕、江幡睦を支えてくれた方への恩返し
僕は8歳から格闘技を始め、17歳でプロへと転向し、19歳で日本チャンピオンになりました。そして22歳で世界戦に挑み、夢だったWKBA世界バンタム級のチャンピオンベルトを勝ち取りました。現在31歳でアスリートとしては年上に見られる中、今月19日に東京ドームで行われた「THE MATCH 2022」では、21歳の璃明武(りあむ)選手に勝利することができました。このような誇るべき成績の数々が残せたのも、これまで多くの方々が、応援やご支援をくださったので、安心して挑戦し続けることができたからです。そしてこの度、この感謝の想いを原動力に、新たなる挑戦を決意しました。今、世界に発信したいことは、挑戦することの大切さです。僕はこれまで、常に自分の限界に挑戦してきて、これからもそうでありたいと考えています。そして皆さまにも、何かに挑戦し続けてほしいと考えます。僕は、挑戦し続けることで、人は成長し、輝き続ける。そう心から信じています。そのため、その「挑戦」を生み出す場として、キックボクシングパーソナルフィットネスジム『LINGHTHOUSE TOKYO』をオープンすることにいたしました。これまで培ってきた格闘技を通じて皆さんに恩返しをしたいと強く願っています。

アスリートのセカンドキャリアを応援したい
人気スポーツである野球やサッカーでも現役引退後のセカンドキャリアは難しいと言われています。キックボクシングとなると尚更です。現役時代にチャンピオンとなり、防衛も何度かしてある程度有名になったにも関わらず、引退した途端に飲食店や運送会社など、これまでのキャリアが活かせない職に就くことが多いのが現状です。アスリートとして人生全てをかけてしのぎを削ってきたのに、それはとても残念です。せっかくであればアスリートとして精神や肉体を限界まで磨き上げてきたの、それらの能力を使って、社会に還元できる場を作れたらいいのではないかと思っています。これにより社会を明るくし、日本全体を明るくできるのではないかと考えています。

「ここに来れば大丈夫。」と思える場所でありたい


トレーニングしに来た皆さまが、真摯に自分の心と体に向き合い、「挑戦」できる場所自分本来の「感覚」、「自信」、「挑戦心」を取り戻すことができる場所として当ジムをご活用いただき、さらには心と体を鍛えることに人生をかけたアスリートが、新しい形で輝き、貢献できる場所として活かせるように、ジムというコンセプトを、新しく想像・創造したいと思っています。僕にできることは、キックボクシングを通して、一人ひとりの人生を豊かにすること。 多忙な毎日かもしれないけれど、ライフスタイルにキックボクシングを取り入れ、健康で、強く、明るく、夢溢れる人生を生きてほしいと思っています。平安時代の僧、最澄の言葉に「一燈照隅、万燈照国」という言葉があります。一人ひとりが心に火を灯すことができれば、その光がさらに周りの人々の心も照し、人生、そして国家、更には世界が明るくなる。そう心から信じています。スローガンは“Be the best version of ourselves.”最高の自分と出会える。新しいフィットネスジムを、僕、江幡睦が創ってみせます。

LINGHTHOUSE TOKYO特徴


・“キックボックシング”を取り入れた新感覚パーソナルフィットネスジム
当ジムは、日本で数少ないキックボクシングのパーソナルフィットネスジムです。キックボクシングは、有酸素運動だけでなく、筋肉量を増やす無酸素運動も行うため、効率よく脂肪を燃焼させてシェイプアップすることができます。また、全身を使うため余計な思考が働かなくなり、“今ここ”に集中することができるため、精神を整えることができます。そして大勢で行うエクササイズとは違い、周りに気を取られることなく自分自身と向き合うことができます。ジムではヨガや筋力トレーニングが人気ですが、それらは心か体のどちらか片方を癒したり、鍛えたりする形となります。キックボクシングであれば、心と体の両方に効果があるため、効率的なエクササイズができます。

・日本にはない、ここだけの形を追求
ジムの構想は、実は8年前から始まりました。当時、フランスで会員制のボクシングエクササイズジムを見学した時に着想を得ました。そのジムは、日本のように入りやすさを売りにしたものではなく、高級感と清潔感があり、そこにいるだけで心地よさやアイデアが溢れ出すような、その場にいる時間を大切にしたジムだったのです。そのジムを見た時に、僕も日本でこのような空間を作りたいと思いました。今回、広尾という閑静な高級住宅地にジムを構え、それらの要素を取り入れたフィットネスジムとして、皆さまから愛されるジムを目指します。

・アスリートのセカンドキャリアを応援
先述したように、キックボクシングに一生をかけてきた選手達が引退後、その経験と能力を活かして一対一で指導いたします。精神的、肉体的にも磨き上げてきたアスリートの能力を存分にご活用ください。

■クラウドファンディング概要

・URL:https://readyfor.jp/projects/mutsuki-ebata-lighthouse
・募集期間:2022年6月27日(月)22時~7月29日(金)23時
・資金使途:店舗内装費、初期備品費など

■江幡プロフィール

身長:165cm、体重:55kg
生年月日:1991年1月10日(31歳)
出身地:茨城県土浦市
構え:オーソドックス
バックボーン:極真空手
戦歴:49戦39勝7敗3分(27KO)
タイトル:WKBA世界バンタム級王者、第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者

LIGHTHOUSE TOKYO概要
アクセス:東京都渋谷区広尾5丁目1−20 広尾駅徒歩3分 恵比寿駅徒歩13分
オープン日:9月上旬予定
E-mail: info@lighthousetokyo.jp
代表:江幡 睦
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Terakoya >
  3. 『THE MATCH 2022』で勝利した江幡睦が新たな“挑戦”へ!パーソナルキックボクシングジム設立に向けクラファン開始