株式会社Robofull、「SBI DXデータベース」に参画し、地域金融機関と連携した自動化システム提案を推進

中小製造業の人手不足解消に向け、データを活用した工場向け自動化設備の設計・販売に取り組む株式会社Robofull(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:山本大)は、地域金融機関と連携した地方創生事業に取り組むSBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉木直道、以下 SBIネオファイナンシャルサービシーズ)のサービス「SBI DXデータベース」を通じて、Robofullの自動化パッケージソリューションを提供し、中小企業の自動化への対応を共同で支援します。
「SBI DXデータベース」は、SBIグループがベンチャー企業投資などを通じて培ったネットワークを駆使し、中小企業に対するソリューションを幅広にラインナップ化したサービスで、企業はニーズに応じた最適なソリューションに容易にリーチが可能となります。提携する地域金融機関と協働で、全国の地域企業へのサービス浸透を図っています。

Robofullは、SBI DXデータベースの枠組みを通じて、地域の金融機関様のネットワークを活用しながら、より多くの製造業の皆様に自動化提案を行い、人手不足解消及び地方創生に貢献できることを見込んでおります。
第一弾の自動化システムとしては、鋼板溶断後のバリ・ノロ除去の自動化を紹介、今後もお客様のニーズを踏まえ、自動化システムを追加提案してまいります。
 
  • 【Robofullについて】
Robofullは「製造業界における情報断絶の解消」をミッションに、「投資回収が短く、仕様策定不要のパッケージ型自動化設備の販売」や「自動化設備と顧客ニーズをつなぐ営業支援サービス:AKINDO」の提供を行っております。
パッケージ型自動化設備の販売は、これまで各工場に合わせたオーダーメードが基本で、導入効果や価格感が分かりにくかった自動化設備について、標準的なパッケージ型の製品化を行うことで、顧客にとって導入のイメージが付きやすく、かつ安価な製品の提供を目指すものです。
Robofullは独自の製造業データベースを基に、標準的に導入可能な設備の効率的な特定を可能にしています。

当社では金属加工工程を対象として、複数のパッケージ型自動化設備の開発・販売を進めており、今後、金属加工のパッケージ数の拡大に加えて、三品業界を始めとする他の業界にも対象を拡大し、中小製造業の人手不足の解消に貢献してまいります。

金属加工工程では、例えば、ガス・プラズマ溶断機を保有する鉄鋼業のお客様向けに、鋼板溶断後のバリ・ノロ除去の自動化や、ダイカストマシンを保有するお客様向けにダイカスト品のバリ取り自動化などに取り組んでおります。
  • 各社概要
【SBIネオファイナンシャルサービシーズ概要】
会社名    : SBIネオファイナンシャルサービシーズ株式会社
所在地    : 東京都港区港南六本木一丁目6番1号
代表者    : 代表取締役社長 吉木直道
設立      : 2018年7月30日
資本金    : 1億円
事業内容  : SBIグループとしての地域金融機関総合窓口、地域金融機関への
フィンテック導入支援、地域金融機関と連携した地方創生事業
URL    : https://www.sbinfs.co.jp/

【Robofull概要】
本社所在地: 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-12 グローバルゲート11F
代表者  : 代表取締役 山本大
設立   : 2021年1月
資本金  : 1.5億円(資本準備金含む)
従業員数 : 3名(2022年10月3日現在)
URL   : https://www.robofull.com/
連絡先  : info@robofull.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Robofull >
  3. 株式会社Robofull、「SBI DXデータベース」に参画し、地域金融機関と連携した自動化システム提案を推進