国際医療機器展「MEDICA 2022」に、TAKEFU出展

原料を竹100%とし、なめらかな肌触りで人の心と体をやさしくあたたかく包む癒しの竹繊維(TAKEFU)からできた医療ガーゼを世界初公開

株式会社ナファ生活研究所(TAKEFU)はドイツ・デュッセルドルフで開催される世界最大の国際医療機器展「MEDICA 2022」(会期:2022年11月14日~2022年11月17日 会場:メッセ・デュッセルドルフ)にて、出展いたします。

竹から生まれたやさしい繊維"TAKEFU"は、原料を竹100%とし、抗菌性、消臭性、制電性、吸水性などの優れた性質を持ち、なめらかな肌触りで人の心と体をやさしくあたたかく包む癒しの繊維です。

(株)ナファ生活研究所
151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-37-3
http://www.nafa-take.com/

◆出展背景
「竹の繊維で糸を紡ぎ、生地にして、傷にそっと寄り添うガーゼをつくる。そしていつか、医療の現場に届けたい。」その想い一筋に、竹繊維100%のもの作りにこだわり、素材開発、技術革新に大半の月日を捧げ、竹の育成、医療用ガーゼの国内生産化へと、幾多の壁を乗り越えながら粛々と歩みを進めてまいりました。その間、TAKEFUは、木綿や絹ですら負担の重いアトピーや敏感肌の方でも安心して使っていただける様々な製品に姿を変え、多くの方々にご愛用いただいてきましたが、世界の医療現場へ向けて羽ばたいてゆく第一歩という思いを込めて、今回の出展を決定いたしました。今後ヨーロッパでの大学病院との連携により、臨床試験を積極的に行い、20年来の悲願であったドイツ・スイスを始めとする医療、特により柔軟性の高い統合医療分野への進出を果たし、世界にTAKEFUの素晴らしさを伝えて行きたいと考えています。


◆出展概要
MEDICA公式サイト:https://www.medica-tradefair.com/vis/v1/en/exhibitors/medcom2022.2723736

 

会期 2022年11月14日~2022年11月17日
展示内容 TAKEFUガーゼ「守布」、TAKEFU筒状包帯、TAKEFUリンパ浮腫包帯、TAKEFU不織布ガーゼ「守布」の展示、「手術創ドレッシングに於ける竹繊維ガーゼの有用性」医学論文紹介、解説


 



◆TAKEFUについて
竹から生まれたやさしい繊維"TAKEFU"は、原料を竹100%とし、抗菌性、消臭性、制電性、吸水性などの優れた性質を持ち、なめらかな肌触りで人の心と体をやさしくあたたかく包む癒しの繊維です。



(株)ナファ生活研究所
151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-37-3
http://www.nafa-take.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナファ生活研究所 >
  3. 国際医療機器展「MEDICA 2022」に、TAKEFU出展