配送業界の雇用改善、円安問題にも取り組む。株式会社MULOが石川県金沢市・小松市などに3社合同で営業所開所を発表。

都内最大手の配送業社「クロスオーバー」「REXY」の2社と志を共に協力。ドライバーや報酬額の不足など雇用改善から、ドライバーファーストへ挑むプロジェクト。

石川県は大手配送業社の撤退により、お客様への配達が滞っている事から緊急の依頼を受け、今回地方参入を決定。大規模な地域や配送コースを引き受けることと合わせて、3社共通の志である"ドライバーファースト"の精神のもと、日本の賃金を底上げし雇用を活性化、そして少子化やITソリューションともシナジーも図り、円安問題へも積極的に取り組んでいくため、現地での雇用も正当な報酬額で増やしていくとの発表を行いました。

株式会社MULO代表取締役・渡邉、グループリーダー・福井が本社から来県も決定。
<イメージ写真1>


配送業界の雇用改善、円安問題にも取り組む株式会社MULOは、石川県金沢市・小松市などに「クロスオーバー」「REXY」と3社合同で営業所開所を発表しました。

株式会社MULO
https://mulo-transportation.com/

ドライバーファーストの志を共にする都内最大手の配送業社「クロスオーバー」「REXY」の2社と協力し、石川県金沢市・小松市ほか2都市に営業所を開所する、地方展開プロジェクトを立ち上げました。

(見出し2)
石川県の大手配送業社撤退を受け、立ち上がった3社

石川県は大手配送業社の撤退により、お客様への配達が滞っている事から緊急の依頼を受け、今回地方参入を決定。大規模な地域や配送コースを引き受けることと合わせて、3社共通の志である"ドライバーファースト"の精神のもと、日本の賃金を底上げし雇用を活性化、そして少子化やITソリューションともシナジーも図り、円安問題へも積極的に取り組んでいくため、現地での雇用も正当な報酬額で増やしていくとの発表を行いました。

(見出し3)
皆が平等で、皆が笑顔に、皆が幸せに暮らせる未来を。
<イメージ写真2>


配送業界は、コロナ禍になり需要が高まる一方で離職率が増大、普通免許一つで出来る配送業の需要が高まりました。しかし正当な金額を報酬として貰えないことが多く、ドライバー不足でサービス品質が向上しないのが現状でした。そこで株式会社MULOは、業界ではあり得ないロイヤリティー0を掲げ、ドライバーに正当な額を支払い”お客様”に喜んで頂くため日夜心血を注ぎ、今では総台数は300台越え、都内一稼げる会社として名前を広く知られました。「皆が平等で、皆が笑顔に、皆が幸せに暮らせる未来を。」のスローガンを体現していくため、今回の地方展開プロジェクトに踏み切りました。代表取締役・渡邉光一とグループリーダー・福井雄士が本社から直接石川県に来県もし、日本の未来を物流から変えていきます。代表取締役・渡邉さんの「自らが満たされてなければ、お客様に喜んで頂けるサービスなど到底出来ない」という言葉に現れるように、業界の常識を破るそのスタイルで3期目を迎えたMULOの拡大が、これから明らかになっていきます。
株式会社MULOは、皆が幸せになれる未来を心から願い、進み挑んでいきます。

<イメージ写真3>


株式会社MULO
https://mulo-transportation.com/

=====
↓記者・メディア向け情報↓
住所:東京都港区新橋5-31-8
Mail:k.watanabe@mulo.co.jp
電話番号:03-6555-3326
会社名:株式会社MULO
担当者名:広報担当松村
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MULO >
  3. 配送業界の雇用改善、円安問題にも取り組む。株式会社MULOが石川県金沢市・小松市などに3社合同で営業所開所を発表。