Web・IT特化のM&A仲介支援サービス「Willgate M&A」の利用社数が250社を突破

9,100社以上のベンチャー経営者との独自ネットワークとWebマーケティングのノウハウでマッチングを実現

2020年3月23日、株式会社ウィルゲートの新規サービス「Willgate M&A」の利用者数が、譲渡希望の企業・譲受希望の企業を合わせて250社を突破しました。

■サービス概要 
本サービスは、Web・IT業界で事業を展開している企業を主な対象としており、事業や株式の譲渡・譲受を希望する経営者同士のマッチングを実現しています。また各専門家とも連携し、最適なM&Aが実現できるよう、最終契約に至るまでをワンストップで支援させていただいております。

■サービスの特徴
1. 完全成功報酬制(着手金無料)
弊社は契約が成立して初めてサービスの価値を提供できると考えています。そのため、着手金や中間手数料は一切いただがず、完全成功報酬制でM&Aのご支援をさせていただいております。

2. 9,100社以上の経営者ネットワーク
弊社はこれまで数多くのベンチャー企業の経営者と深い関係性を築いてまいりました。このネットワークを活用し、他社では見つからないような様々なM&Aニーズの収集が可能です。これにより、デューデリジェンス(企業の収益性やリスクなどを総合的に評価すること)も実施の上で、最短2ヶ月でM&Aが成立した実績もございます。

3. Webマーケティングのノウハウ
2006年の設立以来、提供をしているWebマーケティング支援サービスに加え、自社でメディア運営の事業も展開しており、これらの事業運営の経験を通して得たノウハウがございます。そのため他社が得意としないWeb・IT領域において、事業の背景を理解した適切なアドバイスが可能となります。

■事業開始の背景 ― 専務取締役 共同創業者の吉岡諒からコメント -
2019年4月からのテストマーケティング期間を経て、2019年10月からITやWeb領域に特化したM&A仲介支援サービスを正式にスタートし、早くも6件のM&A成立のご支援をすることができました。
日々多くの経営者さまとお話させていただく中で、EXITの選択肢が少ないために経営者の『will(意志、想い、やりたいこと)』の実現や人生の生き方の選択肢が制限されているように感じております。
一方で新規事業や既存事業を伸ばすための人的リソースが足りず、積極的に買収をしたい企業も多くおります。ウィルゲートの延べ5,800社(2019年12月末現在)の顧客基盤やWebマーケティングの知見を活かして売り手と買い手のベストマッチングをすることで、ベンチャーのエコシステムを創り微力ながら日本経済に貢献していきたいと思っております。

※下記の動画で「Willgate M&A」の特徴や実績についてご紹介しています。

 

■ロゴについて


「WMA」の表記は、「売り手の事業(=遺伝子)を買い手が受け継いでいく」という意味を込めDNA(遺伝子)をモチーフにしました。
また「安定、調和」の象徴と言われている六角形と「情熱」を意味するコーポレートカラーのオレンジを掛け合わせることで、「売り手が情熱を燃やして築いた事業(=遺伝子)を買い手がしっかり引き継ぎ、双方が満足のいく事業・経営統合を実現させたい」という想いを込めています。

「Willgate M&A」 サービスサイト: https://ma-gate.com/

○ 会社概要(https://www.willgate.co.jp/
会社名: 株式会社ウィルゲート
所在地: 東京都渋谷区渋谷 3-12-18 渋谷南東急ビル 2 階
代表者: 代表取締役 小島 梨揮
事業内容:コンサルティング事業、メディア事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィルゲート >
  3. Web・IT特化のM&A仲介支援サービス「Willgate M&A」の利用社数が250社を突破