「創造性を考える教育シンポジウム」

- クリエイティブが育つ場所、育てるために必要なこと -

開催日:2017年3月4日(土)12時30分~17時
会場 :聖心女子大学 3号館 宮代ホール
参加無料
講師 
○「脳は出会いで育つ。体験・感動・身体性」
  小泉 英明 氏 日立製作所役員待遇フェロー・理学博士・脳科学者

○「造形遊びと創造性の育成」
  水島 尚喜 氏 聖心女子大学 文学部教育学科教授 美術科教育学会代表理事

○「発想する底力。発想体質をつくる」
  中村 隆紀 氏 博報堂生活者アカデミー ゼネラル・プロデューサー


どんな職業・職種でもクリエイティブ思考は必要。公益社団法人日本広告制作協会(理事長 鈴木清文)では、
広告の世界だけではなく広く子どもから大人まで、そんな思考をもった人たちが増えたら、世の中はもっと面白くなる。そんな思いで、3回目になる教育シンポジウムを開催いたします。
今回は昨年好評でした脳科学の小泉さんに再登壇いただきます。
また児童美術教育の水島氏、そして昨年発刊した「発想の底力」が話題の中村氏にご登壇いただき、様々なお話が聴けると思います。
講師の講演に引き続き、休憩をはさみパネルディスカッション。皆さまからの質問も受け付けます。

今回も皆さまのご参加、お待ち申し上げます。
詳細・申込書は下記アドレスでご確認ください。よろしくお願いいたします。
https://www.oac.or.jp/education_sympo/index.html


*なお昨年の様子はこちらでご確認ください。
https://www.oac.or.jp/chikara_meeting/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人日本広告制作協会 >
  3. 「創造性を考える教育シンポジウム」