IDP:IELTS Australia 公式IELTSテストセンターが北九州に開設

北九州予備校がIELTS公式テストセンターへ

福岡県を中心に、2020年4月以降は九州広域及び山口県、沖縄県での実施を予定

 

2019年5月、学校法人 北九州予備校(本社:福岡県北九州市)がIELTS公式テストセンターとしてIELTS試験の実施を開始します。

これにより世界で最もポピュラーで信頼性の高い英語テストであるIELTSを福岡をはじめとする九州、山口、沖縄地域の海外留学希望者が受験出来る機会が増えることになります。

北九州予備校とIELTSの共同所有者であるIDP:IELTS Australiaとのパートナーシップによって運営されるこの新しいテストセンターは、受験者がIELTS受験に備えて英語力を向上させるためのサービスを提供します。セミナー、トレーニングプログラム、試験対策コースを受講することで、試験当日に受験者が最高の英語スコアを獲得できるようサポートします。

IDP EducationのManaging DirectorであるWarwick Freeland氏は、この新しいテストセンターは、グローバルな機会を追求しようとしている日本の学生や専門家集団の成長に役立つと語りました。

「IELTSのスコアは日本の受験者がグローバルキャリアと勉強の目標を達成するのに役立ちます。また受験者が、福岡県を始め九州広域、そして山口県と沖縄県にも会場を持つこの新しいセンターでIELTSを受験して得たテスト結果は、世界中の1万人以上の雇用主、政府、大学によって認識されるでしょう」とWarwick Freeland氏は述べました。

近年日本では「読む、書く、聞く、話す」の英語4技能テストであるIELTSは高い注目と人気を集めており、受験生にとってより多くの受験機会が必要です。

そのような中、新たにIELTS公式テストセンターとなった北九州予備校が2019年5月11日(土)に小倉駅校にて最初のIELTSテストを実施します。

IELTSについてもっと詳しく知りたい、または試験を予約ご希望の方は、www.ieltsjp.com をご覧ください。

IDP Educationについて

IDPは国際教育サービス分野における世界的リーダーです。私たちは英語を話す様々な国で勉強するお客様をサポートしています。我々の事業は、それぞれの学生にとって最も適した国や機関の中にある最適なコースをマッチングすることで成功してきました。

私たちは50年に渡って事業を展開し、30カ国以上にオフィスを持つ巨大なビジネスネットワークを構築しています。

2017年には、コース検索データベースおよび学生エンゲージメントの大手企業であるHotcourses Groupを買収しました。 Hotcourses Groupは現在、IDP Connectという新しい部門の下で私たちの組織に統合されています。

IDPは、世界で最も人気のあるハイステークスの英語テストであるIELTSの共同所有者でもあり、東南アジアにおいては9つの英語学校キャンパスを運営しています。

IDP Educationについての詳しい情報はウェブサイトをご確認ください。 www.idp.com

IELTSについて

IELTS(International English Language Testing System)は、英語がコミュニケーション主体言語である地域や国で勉強したり、働く人々の言語能力を評価するように設計されています。

IELTSはBritish Council、IDP:IELTS AustraliaとCambridge Assessment Englishによって共同所有されています。またテストは、言語評価において最高の国際基準を満たしています。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの言語スキルをカバーしており、 IELTSは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカを含む多くの国で10,000以上の大学や雇用主に認められています。また職業団体、入国管理局、その他の政府機関によっても認められています。

2018年には世界中で350万を超えるテストが実施されました。

IELTSについてもっと詳しく知りたい方は、www.ieltsjp.com をご覧ください。

お問い合わせ先

前田 剛(日本語)
IELTS業務管理 日本統括責任者
IDP Education
Eメール:go.maeda@idp.com

Gracie Daniel (英語)
Corporate Communications Manager-Global
IDP Education
Eメール:gracie.daniel@idp.com

New IELTS Test Centre opened by IDP Education at Kitakyushu

Language learners based in Fukuoka now have more options to take IELTS, the world’s most popular English language test, thanks to a new centre opening at Kitakyushu Yobikou.

The new centre, operated by a partnership between Kitakyushu Yobikou and IELTS co-owners IDP Education, will also provide space for test takers to prepare for IELTS and improve their English.

With seminars, training programs and test preparation courses, the centre aims to empower test takers to achieve their best English language score on test day.

Warwick Freeland, Managing Director – IELTS, IDP Education, said the new centre will help Japan’s growing cohort of students and professionals looking to pursue global opportunities.

“An IELTS score can help test takers in Japan achieve their global career and study goals,” Mr Freeland said.

“When a test taker sits IELTS at this new centre in which has locations in Kyushu, Yamaguchi and Okinawa, their test result will be recognised by more than 10,000 employers, governments and universities around the world,” he said.

IELTS, a four skills test of reading, writing, listening and speaking, has been gained popularity in Japan in recent years.

The first IELTS test at Kitakyushu will be held on 11 May.

Test takers looking to learn more about IELTS or book a test can do so by visiting www.ieltsjp.com.

About IDP Education

IDP is a global leader in international education services. We help our customers study in English speaking countries. Our success comes from connecting students with the right course in the right institution and the right country.

We’ve been operating for 50 years, creating a huge network of opportunity with offices in over 30 countries.

In 2017, we acquired the Hotcourses Group, a leading course search database and student engagement company. The Hotcourses Group is now integrated into our organisation under the new division, IDP Connect.

IDP is also a proud co-owner of IELTS, the world’s most popular high-stakes English language test, and operator of nine English language teaching campuses in South East Asia.

For further information on IDP Education, visit www.idp.com.

About IELTS

IELTS, the International English Language Testing System, is desgned to assess the language ability of people who need to study or work where English is the language of communication.

IELTS is jointly owned by the British Council, IDP: IELTS Australia and Cambridge Assessment English. The test conforms to the highest international standards of language assessment.

It covers the four language skills – listening, reading, writing and speaking. IELTS is recognised by more than 10,000 universities and employers in many countries, including Australia, Canada, New Zealand, the United Kingdom and the United States. It is also recognised by professional bodies, immigration authorities and other government agencies.

More than 3.5 million tests were delivered in 2018.

For further information on IELTS, visit www.ieltsjp.com.

For further information, please contact:

Go Maeda (Japanese )   
Head of IELTS Operations - Japan
IDP Education
go.maeda@idp.com

Gracie Daniel 
Corporate Communications Manager - Global
IDP Education
gracie.daniel@idp.com
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IDP:IELTS Australia >
  3. IDP:IELTS Australia 公式IELTSテストセンターが北九州に開設