CEO 神野元基著書「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」

4月20日(木)発売

​世界初の人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供する株式会社COMPASS(本社:東京都世田谷区)のCEO 神野元基はこのたび、著書「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」を4月20日(木)、ディスカバー・トゥエンティワン社より発売することとなりました。
「Qubena」の開発によって32時間で1学年分の数学を終わらせることを実現し、次世代の学習塾「Qubenaアカデミー」を運営する著者が、未来の子どもたちへのメッセージを詰め込んだ一冊です。

今ある職業のほとんどが人工知能に代替されると言われる「シンギュラリティ※」に向け、未来を生きる子どもたちに今必要な教育システムとは何か、未来を生き抜いていくために親は何ができるのか、教育に関心のあるすべての方に向けて執筆しました。



人工知能時代を生き抜く子どもの育て方と、将来を予測するための人工知能にまつわる知識の紹介に加え、「いつからスマホを使わせたらいい?」「YouTubeばっかり見ていてもいいの?」「学校の勉強だけしていて将来大丈夫?」といった日頃の悩みへのアドバイスも充実しています。

※シンギュラリティ:人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事

 
  <神野元基プロフィール>

慶應義塾大学在籍中、World Series Of Pokerにて19位となり一躍注目を浴びる。2010年よりシリコンバレーにて感情センシングサービスSmileBacks.incを設立。2045年に起こるシンギュラリティを考えた時、子どもたちに未来を生きる力を身につけて欲しいとの思いから、2012年より学習塾COMPASSを設立。地域No1学習塾にまで成長させる。教育現場で活動を続ける中で、一方通行型の集団指導に限界を感じ、人工知能型教材Qubenaの開発を始める。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社COMPASS >
  3. CEO 神野元基著書「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」