「Blackhole Coffee Roaster」 が「三軒茶屋一丁目食堂」へコーヒーの提供を開始!

スペシャルティコーヒー豆専門 Blackhole Coffee Roasterのコーヒーが、話題の隠れ家レストラン「三軒茶屋一丁目食堂」でお飲みいただけます。

ブラックホールコーヒー合同会社(東京都荒川区町屋4-31-11、代表:前田国敏、03-6807-9767)が運営する自家焙煎スペシャルティコーヒー豆専門店「Blackhole Coffee Roaster(ブラックホールコーヒーロースター)」は、話題の隠れ家レストラン「三軒茶屋一丁目食堂」に、スペシャルティコーヒー豆の提供を開始致しました。9月・10月は「ケニアAA クオコア・テンボ」を提供。絶品スイーツとのマリアージュをお楽しみください。


今話題の隠れ家レストラン「三軒茶屋一丁目食堂」

 


三軒茶屋駅から徒歩5分、住宅街にひっそりと佇むレストラン「三軒茶屋一丁目食堂」。店主は、名店「ジョエル・ロブション」や「グラナータ」で約20年経験を積んだ宮腰氏。「Table d’hote(主人がもてなす食卓)」をテーマに、地方料理や伝統料理を主体に、おもてなし料理を提供しています。

三軒茶屋一丁目食堂のおもてなし料理。落ち着いた和やかな雰囲気ながら、本格的な料理を楽しめる。三軒茶屋一丁目食堂のおもてなし料理。落ち着いた和やかな雰囲気ながら、本格的な料理を楽しめる。食後のスイーツも絶品そのもの。季節を感じるスイーツを楽しめます。

 

三軒茶屋一丁目食堂の絶品スイーツ。思わずうっとりしてしまうくらい。三軒茶屋一丁目食堂の絶品スイーツ。思わずうっとりしてしまうくらい。

今回、店主の宮腰氏と Blackhole Coffee Roaster は、このスイーツの魅力を最大限に引き出すコーヒーとして、「ケニアAA クオコア・テンボ」を選択しました。

9月・10月は「ケニアAA」を使ったエスプレッソとアメリカーノを提供
 

Blackhole Coffee Roaster の「ケニアAA」を用いたエスプレッソBlackhole Coffee Roaster の「ケニアAA」を用いたエスプレッソ

9月・10月は、Blackhole Coffee Roaster の看板メニューである「ケニアAA クオコア・テンボ」を、エスプレッソとアメリカーノでお楽しみいただけます。

ケニアのコーヒーは、古くは、主にヨーロッパで高級品として親しまれており、最近では、サードウェーブコーヒーブームの影響で、世界的に注目されています。風味特性を強く醸し出す、アフリカを代表するスペシャルティコーヒーです。

サードウェーブコーヒー系のカフェでは、浅煎りで提供されることが多いケニアですが、今回はスイーツとの相性を一番に考え、やや深めに焙煎したケニアを提供しています。ガツンとくる苦味、その後にそっと顔を出す優しい甘みが、スイーツの魅力を引き出します。絶品スイーツとのマリアージュを、お楽しみください。
 

  • 三軒茶屋一丁目食堂
  • http://sancha1.com/
  • 154-0024 東京都 世田谷区三軒茶屋1丁目27-31
  • 03-5787-6385

【Blackhole Coffee Roaster について】
「日常に上質なコーヒーを 上質なコーヒーで上質な日常を」というコンセプトの元、シングルオリジンを中心に自家焙煎したスペシャルティコーヒーを全国に販売しています。世界中から個性的なコーヒー豆を集め、一粒一粒選別し、丁寧に焙煎。WEBストアと工房併設の販売所にて小売りをしている他、卸販売も行っています。
詳しくは → https://www.blackholecoffee.jp

 

Blackhole Coffee Roasterで使用している焙煎機 Meister5Blackhole Coffee Roasterで使用している焙煎機 Meister5

【企業情報】
ブラックホールコーヒー合同会社
116-0001 東京都荒川区町屋4-31-11
03-6807-9767
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラックホールコーヒー合同会社 >
  3. 「Blackhole Coffee Roaster」 が「三軒茶屋一丁目食堂」へコーヒーの提供を開始!