【シェアエコ構築エンジンを提供 KBB,I&D株式会社】シェアリングエコノミー協会加入のお知らせ

KBB,I&D株式会社(所在地:兵庫県神戸市、代表取締役社長:宮崎 耕史)は、シェアリングエコノミー協会へ加入いたしましたことをお知らせいたします。
■ シェアリングエコノミー協会とは?

【一般社団法人シェアリングエコノミー協会】
代表者    :代表理事 上田 祐司(株式会社ガイアックス)
代表理事   :重松大輔(株式会社スペースマーケット)
本社所在地  :東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID (株式会社ガイアックス内)
設立年月日  :2015年(平成27年)12月
URL     : https://sharing-economy.jp/

【KBB,I&D株式会社】
代表者    :代表取締役 宮崎 耕史
本社所在地  :兵庫県神戸市中央区中町通2−3−2三共神戸ツインビル7階
設立年月日  :2008年(平成20年)6月
URL     : http://www.kbb-id.co.jp/content/company/

■ シェアリングエコノミー協会に加入した背景
メルカリなどの個人間でのモノの売買や、クラウドワークスやココナラなどのスキルのシェア、AirBnBや、Uber、タスカジなどの時間のシェア、クラウドファンディングなどのおカネのシェア、シェアリングエコノミーのビジネス市場は急速に拡大しており、国内シェアリングエコノミー市場は前年度比22.4%増。2020年には600億円規模にものぼるといわれています。
2016年6月の日本政府の新成長戦略「日本再興戦略2016」の具体的施策のなかでは「シェアリングエコノミーの推進」が掲げられ、2018年6月には「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が施行され、規制・制度改革は加速的に推進がされております。
そんな中、当社の持つ自社独自開発のサイト構築エンジン「カスタメディア」へのお問い合わせも急増しております。
欧米と比較すると、日本でのシェアリングエコノミーの認知はまだ低く、トラブルに対する懸念もあるのですが、人口減のなかでの、労働力不足の解決、働き方改革に伴う副業の奨励、スモールビジネスの勃興、大企業のオープンイノベーションの加速、地方創生などの社会課題の解決、環境保護、エコシステムの推進などの環境下において、大いなる可能性を秘めたソリューションと考えます。
この度、シェアリングエコノミー協会に入会させていただくことで、多種の情報交換の機会や、協会として得られる知見や権利などを共有して、お客様ならびに弊社の課題解決力を向上させ、シェアリングエコノミー市場活性化および、更なる普及、発展への貢献の為に入会に至りました。

■ KBB,I&D株式会社とは
今や当たり前のコミュニケーションツールであるSNSの勃興期であるWEB2.0の時代であった2005年から、SNSを単に人と人をつなぐだけのツールではなく、情報の流れを革新する新たな“メディア”として捉え、多種多様なWEBメディアの構築ニーズをカスタマイズできる独自のサイト構築エンジン「カスタメディア(CUSTOMEDIA)」のサービス提供を開始し、ブログポータル、独自SNS、オウンドメディア等を多数構築させていただきました。

2006年度、2007年度におけるSNS市場ベンダー別出荷金額シェアは全国で第4位、西日本では第1位となり、2008年6月には関西ブロードバンド株式会社のSNS事業部から分社独立しKBB,I&D株式会社となりました。
システムの構築だけでなく、SEOやWEB広告などのWEBプロモーションやWEBサイトの評価・分析、コンサルティングなど、マーケティング的視点に基づいたトータルプロデュースをさせていただいております。

■ シェアリングエコノミー構築エンジン「カスタメディア MASE」について
そして今、SNSが成熟期にさしかかる情報化社会において、人と人とはダイレクトにつながり(P2P)、単なる情報交換だけではなく、スキルやモノ、金、時間といった、所有物や資源のシェアリングが生まれ、個人と個人がダイレクトに価値を交換しあう場が出現しはじめています。
この新たな経済活動、すなわち、マッチング機能を活用したシェアリングエコノミー(共有経済)は、新たなコミュニケーションのあり方を創造し、これまでにない全く新しい経済、行政、社会を作る大きな可能性を秘めています。
そこで、2005年にリリースした「カスタメディア」をベースに昨年「カスタメディアMASE(メイス)」を開発、スタートアップ、起業・創業や大企業の新規事業・オープンイノベーション、地域や社会への貢献、社会課題の解決などを志す誰もが、簡単に安価にシェアリングやマッチングサイトを構築できて実験的に取り組みやすいということをモットーにサービス提供をいたしております。
「カスタメディアMASE(メイス)」は場所・乗り物・モノ・人・スキル・お金といったシェアリングエコノミーの全ての型に対応が可能で、民泊、フリマ、スキルマッチングなどなど…アイディア次第で、どのようなサイトも構築可能になっております。
また、2018年5月末には、お金のシェアである「クラウドファンディング・バージョン」が新たにリリース予定となっております。
寄付型、投資型、購入型といったスタンダードな3つのタイプに加えて、ファンクラブやパトロン向けに定額での継続課金を可能にするサブスクリプションモデルの定額課金型、人の力を集めるための仕組みとしての人材型との合計5つのタイプに対応が可能なシステムとなっております。
 

・KBB,I&D「シェアリングエコノミー・マッチングプラットフォーム」紹介ページ
http://www.kbb-id.co.jp/content/lp/sharing-economy/
サービスの内容、導入イメージなどはこちらをご覧ください。
・カスタメディアMASE公式サイト(オウンドメディア)
https://matching-and-sharing-economy.com
業界ニュースや業界用語、業界あるあるなどお役にたつ楽しいコンテンツが満載!事例掲載も順次UPしています。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名: KBB,I&D株式会社
Email : release@kbb-id.co.jp
KBB,I&D株式会社のプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/27964
  1. プレスリリース >
  2. KBB,I&D株式会社 >
  3. 【シェアエコ構築エンジンを提供 KBB,I&D株式会社】シェアリングエコノミー協会加入のお知らせ