インバウンド向けSNSマーケティングを得意とする株式会社ビヨンド、2020年に向けての事業計画を発表

 海外向けやインバウンド向けのSNSマーケティングの運用実績150社以上を誇る、株式会社ビヨンド(本社:東京都中央区、代表取締役:道越 万由子)は、2020年のオリンピックに向けて、今後さらに盛り上がるインバウンド市場を活用した地方創生、地方活性化に取り組む事業計画を発表いたしました。

 

 

 

体制強化の背景
 近年、訪日外国人観光客が急増しており、2006年に700万人強だった観光客数は、10年後の2016年には3倍以上の2400万人以上になっています。また、観光客の増加に伴い、滞在時の消費金額も右肩上がりに増えている状況です。さらに、観光庁はオリンピック・パラリンピック東京大会が開催される2020年には訪日外国人観光客が4,000万人とする目標を掲げており、今後さらにインバウンド需要は拡大していくことが予想されます。また、訪日外国人観光客の間で 「モノからコト」、「大都市から地方」 へのトレンド変化が起こっており、地方に多くのリピーターを中心とした訪日外国人観光客が流れています。当社は、この市場環境を活かし、地方創生、地域活性化に積極的に取り組んでいきたいと考えております。

調査からインバウンド集客、コンテンツ作成、サービス・商品の販売促進プロモーションまで!インバウンドマーケティングをトータルでご提供
 これまでSNSでの訪日前・訪日中の外国人へピンポイントでの訴求による集客やメディア作りを得意としてきた当社は今までのナレッジを活かし、今後は地方のコンテンツ発掘・制作や情報発信、リアル店舗での地域の特産物を古民家やシェアハウスと提携しリアル店舗としてのアンテナショップ展開など、地方のインバウンドに対するお悩みをトータルで解決できる支援を目指し、活動して参ります。

■旅前から旅後までトータル支援を目指す

 

 

 また、今後は年内に関西・九州エリアに支社を構える予定です。
2019年以降は当社代表の道越の両親のルーツである、長崎県五島列島の活性化に取り組むべく、サテライトオフィスを現地展開も予定をしています。

 また、第一弾として浅草のトリップアドバイザー台東区でワークショップなどの部門でNO1(※2018年3月時点)のサービスを誇る「Kanji House」と連携し地方の物産を紹介する、リアルアンテナショップを展開予定です。当社の得意分野となるSNSを活用して、リアルショップを拠点に全国の様々な情報を発信予定です。

 

 今後は、WEBだけではなく、地元の方と一丸となって、持っているノウハウを活用しながら地方を引っ張るリーダー、仕組み作り、チーム作りを目指し活動してまいります。

 当社は今後、これまで強みとして来た海外向けSNSマーケティングをフックとし、現状調査から、課題分析・コンテンツ作り・マーケティング・検証などをトータルで行う、インバウンドマーケティング総合商社を目指して活動してまいります。

 


●本件に対する問い合わせ先
株式会社ビヨンド
マーケティングソリューション事業部 寺島 宛
℡ 03-6264-2707
Mail terashima@beyoud-global.jp


●株式会社ビヨンド
http://beyond-global.jp/
本社:東京都中央区銀座6丁目13−7 新保ビル402
代表取締役:道越 万由子
事業内容:海外ユーザーに向けた、企業・自治体様のマーケティング支援、インバウンドマーケティングセミナー・イベント企画運営事業、グローバル人材育成・スクール事業


■株式会社ウィンドスピリッツ
Kanji House
http://kanji-house.tokyo/index.html#HOME
所在地:〒111-0033 東京都台東区花川戸1-8-10 2F
サービス内容:外国人旅行者を対象とした漢字のワークショップサービス。トリップアドバイザー台東区でNO1
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビヨンド >
  3. インバウンド向けSNSマーケティングを得意とする株式会社ビヨンド、2020年に向けての事業計画を発表