熊本在住の25歳以下を対象に「社会をより良くするためのプロダクト」のアイデアコンテストがスタート。グランプリには賞金50万円。

熊本を拠点に"寄付するクリエイティブ・エージェンシー"として活動する一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO(所在地:熊本県熊本市、代表 佐藤かつあき)は、2019年6月14日(金)より、熊本在住の25歳以下を対象に「社会をより良くするためのプロダクト」のアイデアコンテスト「SUSTAINABLE PRODUCTS CONTEST(サステナブル プロダクツ コンテスト)」を開始しました。
応募されたアイデアは、(1)熊本らしさ(2)実現可能性(3)新規性(4)デザイン性(5)機能性の5項目で評価し、グランプリに選ばれたアイデアの応募者には、賞金50万円が贈られます。

 

 

BRIDGE KUMAMOTO

  1. コンテストの概要
  2. 一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO 代表理事 佐藤かつあきより
  3. 主催団体概要


1、コンテストの概要
◼︎名称

SUSTAINABLE PRODUCTS CONTEST(サステナブル・プロダクト・コンテスト)

◼︎応募期間
2019年6月14日(金)〜2019年9月14日(土)

◼︎募集アイデアのテーマ
社会をより良くするためのプロダクト
※アプリやWEBサービスなど、無形のプロダクトもご応募できます。

 

◼︎応募資格
1、応募時点で熊本県在住であること。平成6年1月1日以降に生まれた方。
2、募集する作品が、応募者が創作した未公表の作品であること。

■応募フォーム
http://bridgekumamoto.com/spc/ 
必要事項を記入の上、アイデアが具体的にわかる資料(JPGかPDFで10MBまで)を添付して、ご応募ください。

◼︎審査
(1)熊本らしさ(2)実現可能性(3)新規性(4)デザイン性(5)機能性の5項目で、本実行委員会にて審査を行います。
​グランプリには賞金50万円を贈呈。なお、審査の結果、該当作なしになる場合もございます。
※発表は10月14日を予定していますが、発表の方法は別途告知いたします。
※主催者は、採用作品を応募者と協議の上、独占的に利用できるものとします。




 

2、一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO 代表理事 佐藤かつあきより
BRIDGE KUMAMOTOは、2016年熊本地震をきっかけに「クリエイティブの力で復興支援」する団体として設立されました。被災地のブルーシートを回収・洗浄・縫製して『ブルーシードバッグ』として販売し、売上の一部を被災地の団体等に寄付する活動などを行っています。「クリエイティブの力」を発掘することは、私たちのスローガンにもあるように、常に思い続けてきたことでもあります。今回、ようやくその準備が整い、熊本の若い人たちに向けてコンテストを開催することができました。
あなたの頭の中のアイデアを送ってください。上手い下手ではありません。社会を変えるのはいつも「自由な発想」だと思います。



3、主催団体概要

◼︎一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO
熊本地震をきっかけに設立された「クリエイティブの力で復興を後押しする」復興支援団体です。「ブルーシードバッグ」プロジェクトは、2017年グッドデザイン賞 BEST100&特別賞[復興デザイン]、2019年イタリア A' Design Award Bronze受賞を受賞しました。
◼︎代表理事:佐藤 かつあき

◼︎所在地:熊本市中央区新町2-2-23
◼︎設立:2016年5月10日

◼︎事業内容:あらゆる分野のクリエイターと企業・団体・個人をつなげ、新たな協業の形を創出する。

◼︎Webサイトhttp://bridgekumamoto.com

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 BRIDGE KUMAMOTO >
  3. 熊本在住の25歳以下を対象に「社会をより良くするためのプロダクト」のアイデアコンテストがスタート。グランプリには賞金50万円。