YOSHIKIはその味をどう評価するのか キリンビール新商品「本麒麟」が本気の格付けを依頼 「この洗練されていて、革命的な味わいは、まさに”一流”ですね」

<ブランドアンバサダー 味の格付け インタビューレポート@ロサンゼルス>
『ここまでうまいと時代が変わる』 キリンビールの新商品 「本麒麟」 3月13日登場
キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、2018年3月13日(火)より新商品「本麒麟」を新発売します。

「本麒麟」は爽やかで上質な苦みが特長のドイツ産ホップを一部使用し、長期低温熟成※で丁寧に仕上げました。アルコールは少し高めの6%で、「力強いコクと飲みごたえ」のあるおいしさに仕上げています。
※キリンビール伝統の低温熟成期間を1.5倍にした製法/当社主要新ジャンル比

「ここまでうまいと時代が変わる。」をコンセプトに、まさに時代を変えるほどのうまさを目指し、キリンビールが満を持して開発した大型新商品「本麒麟」ですが、その自慢のうまさをいち早く体験いただくべく、ロサンゼルス在住のYOSHIKIさんのもとを訪ね、ブランドアンバサダーの就任のお願いと味の格付けを依頼しました。

—音楽、ファッション、グルメと一流を知る男・YOSHIKIさんですが、まずはこの「本麒麟」を飲んでいただいて、感想を教えてください。
YOSHIKI:(一口飲んで)美味しいです。僕自身、お酒はしつこくないものが好きなんですが、「本麒麟」はすごく洗練されていて、革命的な味わいですね。

—YOSHIKIさんは、それまでの音楽ジャンルを壊して新たな概念を作り出した方ですが、この「本麒麟」も、ビールや発泡酒など、アルコール業界の既成概念を超えた存在を目指して、「ここまでうまいと時代が変わる」というキャッチコピーで売り出していきます。その存在に足り得ると思いますか?
YOSHIKI:時代に乗るのか、作るのか、があるとすると、僕自身は時代を作る側でいたいと思っています。でも、それって、すごく大変なことだと思うんですけど、この「本麒麟」は、時代を作るような商品になっていると思います。
 

—この味をYOSHIKIさんが表現すると、どんな味ですか?
YOSHIKI:創造的破壊、ですかね。X JAPANも、破壊っていうイメージが強いと思いますが、僕は、X JAPANは、ただの破壊、じゃなくて創造のある破壊だと思っていて、新しいものを産むためにいろんな意味で既成概念を壊してきました。だから、これから時代を作っていくだろう「本麒麟」にも、創造的破壊という表現がぴったりだと思います。

—X JAPANの音楽で例えると何に当たりますか?
YOSHIKI:うーん、僕たちの音楽で例えると……難しいですね(笑)。でも、元々X JAPANのXって「無限の可能性」という意味で付けているので、「X」が一番近いかもしれません。

—「本麒麟」に合う食べ物と言えば、何が思いつきますか?
YOSHIKI: YOSHIKIと言えば、みたいになってしまっているけど、チーズおかき、は合うでしょうね(笑)。僕はワインも大好きだけど、チーズおかきには絶対こっち(「本麒麟」)のほうが合うと思う。もういま食べたくてしょうがないです(笑)。

—この流れで恐縮ですが、YOSHIKIさんがあえてこの「本麒麟」を格付けするとしたら、どんな評価をされますか?
YOSHIKI:ここで言うと嘘っぽくなっちゃうけど、やっぱり「一流」でしょう。

—ありがとうございます(笑)。YOSHIKIさんがこの「本麒麟」をプライベートで飲むとして、誰とどんな時に飲みたいですか?
YOSHIKI:いろんな可能性のある味わいなので、コンサートが終わると達成感がすごくあるから、ご褒美にメンバーみんなとわいわい飲むのも良さそうだし、素敵な女性とデートで飲むのもありかなって思います。

—「本麒麟」は、3月13日に新発売します。最後に一言、日本の皆さんに「本麒麟」のおすすめコメントをお願いいたします。
YOSHIKI:僕は、努力って誰かに見てもらっても見せなくても良くて、努力しているかしていないかが大事だと思うんですよね。この「本麒麟」は、一口味わえばこの美味しさを生み出した努力が伝わると思うので、みなさんにもぜひ一度、味わって欲しいです。
 
  • ブランドアンバサダー プロフィール
■YOSHIKI

作詞家、作曲家、「X JAPAN」リーダーとしてピアノ、ドラムを担当。

これまでに天皇陛下の奉祝曲、愛知万博の公式イメージソング、ハリウッド映画のテーマソング、そして世界最高峰のゴールデングローブの公式テーマ曲もプロデュースしている、世界で活躍する音楽家。

YOSHIKI率いるX JAPANは、これまでアルバム・シングルを合わせ3000万枚を超える売上げを誇り、55,000人収容の東京ドームを18回にわたりソールドアウトにした記録を持つ伝説のバンド。2014年、米ロックの殿堂マディソン・スクエア・ガーデン公演、2017年1月、米クラシックの殿堂カーネギーホールでのYOSHIKI単独公演、そして3月英ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナ(現SSEアリーナ・ウェンブリー)公演を大成功させ、音楽の3大殿堂を制覇するという記念すべき快挙を成し遂げた。

また音楽活動以外にも、米国“501(C)(3)” 非営利公益法人 Yoshiki Foundation Americaの設立や、外務省が開設した日本文化の発信施設「JAPAN HOUSE」のアドバイザー就任、また自身が立ち上げた着物ブランド「YOSHIKIMONO」のデザイナーとしての顔も持ち、そして日本人男性として初めて「VOGUE JAPAN」の表紙を飾るなど活動は多岐に渡る。バンドの壮絶なドラマに迫ったハリウッド制作のドキュメンタリー映画「WE ARE X」(2017年日本公開)は世界29の国・地域で公開され、今尚世界中から注目を集めている。
 
  • 本麒麟 商品紹介

●「本麒麟」とは
「本当は妥協せず、おいしいビールを日々気持ちよく飲みたい。」
そんなお客様のために、こだわって丁寧に造り込んだキリンの最高品質新ジャンルです。
ホップの爽やかな苦味が効いた、グッとくる力強いコクと飲みごたえ。
一口飲めばきっと驚く、ジャンルを超える美味しさを目指した新商品です。

●開発の背景
節約志向が高まり、低価格でありながら高品質な商品やサービスが支持を集めています。“身近なものこそ、きちんとしたいいもの”を選択する傾向が強くなっています。家庭用で約6割を占める新ジャンルは、ビール類で最も身近であり、お客様の日々の生活を支えている重要なカテゴリーです。今後の増税・値上げを見据えると、その重要性は更に増すと考えられます。キリンビール株式会社の調査によると、お客様が新ジャンルに最も期待することは「ビールに近い味覚(高品質)」でありながらも、このニーズを充足できる商品は少なく、また新ジャンル飲用者の6割以上が「本当はビールを飲みたい」と回答するなどお客様が決して満足していない現状があります。そのような背景から、高いビール品質を求めるお客様に対して、おいしいビールを毎日、気持ち良く飲める喜びを提供できる商品として、『麒麟の最高品質新ジャンル』=「本麒麟」を提案します。

世の中のトレンド
『低価格×高品質』が選ばれる時代
大手家具会社N、大手アパレル会社U、コンビニコーヒー etc…

※画像はイメージです※画像はイメージです

※画像はイメージです※画像はイメージです


ジャンル市場トレンド
“ビールらしい味覚(高品質)”は、最も期待が高く、最も未充足


お客様のニーズ(本音)
本当は妥協せず、おいしいビールを日々気持ちよく飲みたい

 
  • 「高いビール品質」を求める新ジャンル飲用者の最も強い未充足ニーズに対し、『麒麟の最高品質新ジャンル』を提案!

キリンビールが行った調査では、ビールに近い本格的な味わいが支持され味覚好意度は91%と圧倒的に高い評価を獲得。

「コクと飲みごたえがありビールに近い」「他の新ジャンル商品と比較して本格的な味わい。」といった味覚評価に加えて、「おいしいビールのようで飲みたくなり、(本麒麟が発売することで)買う本数が増えると思う。」といった新ジャンルの購入機会が増える声も多く頂いています。

こだわり抜いた美味しさと高い品質で市場全体を活性化していく、クオリティプレミアムな商品が「本麒麟」です。
 
  • 卓越したうまさと品質で新ジャンルの常識を一新する『本麒麟』「力強いコク・飲みごたえ」を実感させる、そのこだわりを紹介!
●本麒麟のネーミングについて

日常的に飲まれる新ジャンルだからこそ、こだわって、「一番美味しいものを造りたい」という麒麟の想いを表現しています。

●中味へのこだわり
素材と製法にこだわり、丁寧に造った力強いコクと飲みごたえ。卓越した美味しさを実現した3つのこだわりがあります。

①キリン伝統のホップの爽やかで上質な苦み
麦だけでなくホップの苦味が効いたグッとくるコクのあるうまさ。キリン伝統のドイツ産ヘルスブルッカーホップを一部採用し、爽やかで上質な苦みのある味わいを実現。

 

 

②長期低温熟成が生む、よりコクの深い味わい
雑味がとれ、調和のあるよりコクの感じられる味わいを実現するために、キリンビール伝統の低温熟成期間を1.5倍にした製法を採用※。惜しみなく時間をかけて、熟成感とコクが感じられる味わいに。
※当社主要新ジャンル比


③ALC6%による力強い飲みごたえ
ALC.は少し高めの6%で、味わいのボリューム(ボディ感)を上げ、飲みごたえと引き締まった後味の絶妙なバランスで、満足度が高いのにごくごく飲めるうまさに仕上げました。  

●パッケージへのこだわり
今までにない本格的な美味しさを期待させる、圧倒的な品質感・正統感のあるデザインに仕上げました。

 

①上質な赤のカラーリング
麒麟らしさや上質さを感じさせる深い赤を採用し、品質の高さを直感的に伝達。

②オリジナルエンブレム
ビール壜のラベルを彷彿とさせるエンブレムをオリジナルで制作。

③シンプル・正統・高品質
生活のどのようなシーンにも合い、食卓を上質にする落ち着きのあるデザイン

●商品概要

商品名    :「本麒麟(ほんきりん)」
発売地域   :全国
発売日    :2018年3月13日(火)
容量/容器  :350ml缶、500ml缶
価格     :オープン価格
アルコール分 :6%
酒税法上の区分:リキュール(発泡性)①
販売予定数  :約510万ケース(65,000KL)※大びん換算
製造工場   :キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、名古屋工場、神戸工場、福岡工場(予定)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キリンビール株式会社 >
  3. YOSHIKIはその味をどう評価するのか キリンビール新商品「本麒麟」が本気の格付けを依頼 「この洗練されていて、革命的な味わいは、まさに”一流”ですね」