SPOTのSmart Parkが、国土交通省の交通マネジメント新技術に選定

観光交通イノベーション地域における交通マネジメントに活用

株式会社SPOT(本社:東京都中央区、代表取締役:金子 素久、以下「SPOT」)が提供するIoTを活用した駐車場マーケティング支援サービス「Smart Park」は、国土交通省が主導する観光地での渋滞対策に活用する革新的なICT・AI技術として選定されました。今後、「観光交通イノベーション地域」に選定された鎌倉市・京都市での実証実験実施に向けて、関係者との協議を進めてまいります。
国土交通省 プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001035.html

SPOTは、独自開発した駐車場満空センサーを用いた満空情報のリアルタイムな収集や、多くのユーザーに当該情報を配信できる機能を活用することで、実証実験に貢献していく予定です。

 ■SPOTとは

SPOTは、独自のIoTセンサーを用いたデータソリューションを提供しています。駐車場マーケティング支援サービス「Smart Park」をはじめ、自動運転時代のデータインフラとなることを目指し、駐車場の動的情報プロバイダーとして事業を展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SPOT >
  3. SPOTのSmart Parkが、国土交通省の交通マネジメント新技術に選定