エリアマーケティング・商圏分析に最適な「TerraMap シリーズ」を10月2日よりイグアスが販売開始

~「店舗開発」「販売促進」「顧客データ分析」のための立地分析や販促エリア分析を直感的な操作で誰でも簡単に行える商圏分析パッケージソフトシリーズの決定版~

 株式会社イグアス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:矢花 達也、以下イグアス)は、マップマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新田正則、以下マップマーケティング)と日本国内における販売代理店契約を締結し、2018年10月2日よりマップマーケティングのエリアマーケティングGISソフト「TerraMap シリーズ」の販売を開始いたします。さらに「TerraMap BCP」パッケージソフトの独占販売を開始いたします。
イグアスでは、「TerraMapシリーズ」「TerraMap BCP」の開発元であるマップマーケティングのソフトウェアパッケージ販売を基としたカスタマイズにも対応すべく、幅広い協業を推進し、多くのお客様を支援してまいります。

【TerraMapシリーズについて】
マップマーケティングの「TerraMapシリーズ」は、販売促進・店舗開発・顧客データ分析を支援する、自社開発のエリアマーケティングGISソフトウェアです。最新の国勢調査情報や各種マーケティングデータが標準搭載されています。

商圏分析の決め手となる、町丁目レベルの細かい住所情報が毎年無償で更新されるので、常に最新のデータにより正確な意思決定を支援します。

インターネット接続環境で使用いただける「TerraMap Web ※月額38,000円(税別)」、そして、スタンドアローン型の「TerraMap Standard ※1ライセンス380,000円(税別)」および上位モデルの「TerraMap DX ※1ライセンス1,200,000円(税別)」の3タイプからお客様のご要望にあった製品を選択いただくことが可能です。

「TerraMapシリーズ」は、累計販売2,200社以上(2018年3月時点)の実績に加え、充実したヘルプデスクのサポートにより導入顧客から高い評価を得ています。製品の詳細は、https://www.mapmarketing.co.jp/product_terra.html を御覧ください。

【TerraMapシリーズの主な機能】

■商圏作成機能
円やフリーハンドで作成した商圏内の統計データを集計します。複数の商圏を一括で作成する機能や指定した統計値を満たす商圏を作成する逆算機能など多様なマーケティングを可能にする豊富な分析機能が揃っています。

■分析機能
集計した統計データの値での色分けやグラフ表示、競合データの集計やテリトリ機能を搭載。
指定した条件を満たす販促に最適なエリアの抽出や顧客の流れなど、地図の特性を活かした分析を行うことができます。

■レポート出力機能
商圏の分析結果をワンクリックで見栄えのいい定型レポートにします(Excel形式)。商圏資料が素早く作成されるので、業務の効率化を図れます。

■データインポート・エクスポート
店舗データや会員データ(CSV形式)を取り込むことができます。自店や競合店、会員データを分析することで新たなエリア戦略の構築、マーケティングが可能になります。
また、作成した商圏の統計データの集計値や店舗データなどをCSV形式で出力できます。分析資料作成などにご活用いただけます。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イグアス >
  3. エリアマーケティング・商圏分析に最適な「TerraMap シリーズ」を10月2日よりイグアスが販売開始