Swift021(VTOL型高性能ドローン) 日本国内、初テストフライト

 

2019年12月9日~13日
新型VTOL型固定翼ドローンSwift021テストフライトを、淡路市生穂新島地区において、実施しました。日本国内では初フライトとなり、自律飛行, ペイロード(可視光・赤外線カメラ使用), 写真測量, 自動追尾のテストを計10回行いました。今回は非公開でしたが、最終日には淡路市役所、NTTドコモ、国際災害対策支援機構の皆様をお招きし、厳格な安全管理方法、Swift021の機体性能を説明いたしました。

離着陸時離着陸時

飛行時飛行時

COO(最高執行責任者)ニック バルアは、「ドローンは小型航空機と認識するべき。トラブル発生時の影響が大きく、航空機レベルの安全性確保が必要である。」と常々申しております。弊社では、安全性の確保には、操縦者の経験(飛行計画・リスクアセスメント・操縦技術など)が最も重要だと考えております。


操縦者の経験を目的として、調査・データ解析部 村上一輝と野村祥太郎が、アメリカ合衆国 カリフォルニア州 Swift Engineering Inc.(親会社、兼Swift021製造者。以下、SEIと呼称) にて、約1か月間(2019年11月)のSwift021運用訓練を行いました。訓練内容は、安全管理方法(飛行計画、緊急対応など)及び、操縦技術(回転翼機、固定翼機)です。
安全管理方法には、SEIが策定した厳格な安全ルールを採用しております。SEIには、アメリカ海兵隊等で有人航空機(ヘリコプター等)経験を積んだ人材が在籍しており、その経験を蓄積した航空機レベルの安全ルールを定めています。
操作技術に関して、Swift021のVTOL機構は、回転翼機[離陸時]と固定翼機[飛行時]の両方の特性を有しているため、習得には、段階を踏んだ訓練が必要となります。

訓練期間中、村上は “FAA Part 107 UAS Certification” を取得しました。これは、アメリカ連邦航空局が、25kg以下のドローンで事業を行う操縦者に義務付けた資格であり、安全管理方法・運用・状況判断などの知識が問われます。

弊社は、兵庫県ドローン先行的利活用業務を受託しており、今後もドローン調査業務を進めて参ります。操縦者が習得した技術のみならず、継続的な訓練を通じて、安全管理に努めてまいります。

 

テストフライトのメンバー アメリカ・カリフォルニア ソギレイクテストフライトのメンバー アメリカ・カリフォルニア ソギレイク

スウィフト・エックスアイ メンバー (左:野村・右:村上)スウィフト・エックスアイ メンバー (左:野村・右:村上)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スウィフト・エックスアイ㈱ - Swift Xi Inc. >
  3. Swift021(VTOL型高性能ドローン) 日本国内、初テストフライト