金沢工業大学とセンスウェイ、LPWAのLoRaWAN ™を活用したIoT分野での共同研究で提携

~キャンパス内に基地局を設置、金沢市を中心とした大規模IoT研究フィールドを構築~

金沢工業大学(所在地:石川県野々市市、学長:大澤 敏 以下、KIT)とセンスウェイ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 神保雄三 以下、センスウェイ)は、LPWA(※1)のLoRaWAN(※2)を活用したIoTの新たな価値創出と、サービス実現を目指した共同研究と、相互での協働を実施していく旨の提携を締結いたしました。また、本提携の取組みの一環としてセンスウェイは金沢工業大学の主要2キャンパスにLoRaWAN基地局設備を構築、金沢市周辺におけるLoRaWAN通信が可能な大規模IoT研究フィールドを展開してまいります。本提携の取組み第1弾として、2019年2月15日(金)に扇が丘キャンパスへの基地局を設置し、2019年2月16日(土)には扇が丘キャンパスにて本基地局を使ったLoRaWAN技術セミナーを開催致しました。
現在、日本国内において、「ソサイエティ5.0※3」で提唱される製造、経済、生活の各社会基盤のスマート化による「超スマート社会」の実現には、IoTによるデータの利活用およびそれらのデータを基にしたAIの技術の普及が急務の課題となっております。しかしながら、日本国内において、IoT分野を取り巻く現状はエンジニアの不足による具体的なデータ収集の手法や、それを活用したサービス創出が困難となっている一面があります。

センスウェイは、これまで首都圏を中心としてIoTによる都市の課題解決を目的とした広域IoT通信ネットワークの構築や、パートナーとの連携による様々なアプリケーション開発を通じてLPWAを活用した実用的ソリューション開発に邁進してまいりました。

一方、KITではIoT分野など先進的な学術研究に力を注ぎ、実践的かつ優秀な人材を輩出する学術機関として多くの研究に取り組まれています。

この度の学術研究に向けた提携によって、相互協働によるIoT分野の研究を推進することでIoTエンジニアの育成に貢献するとともに、本研究を契機に国内における先行事例の研究成果を発表していきたいと考えています。さらには、IoT分野における技術的な支援と人的交流を促進することで、LPWAのLoRaWANの普及、ひいてはIoTの普及に通じる社会的基盤を拡大することを目指しております。


今後は、本連携を通じて石川県内で大規模な実証実験フィールドを構築し、技術セミナー等を積極的に行うことで研究成果を広く発信していく予定です。また、本連携をモデルケースとすることで、全国の学術機関との連携を強化しIoTエンジニアの育成、IoT分野での研究開発成果の拡大を促進していきます。

 
■基地局設置予定地
金沢工業大学・扇が丘キャンパス
金沢工業大学・やつかほリサーチキャンパス




※1 LPWA:Low Power Wide Areaの略。消費電力を抑えて、長距離のデータ通信を実現する通信方式。
※2 LoRaWAN™:大量のセンサー・デバイスを接続するための低電力・広域のカバレッジを可能にするIoT通信技術。通常の規格に比べ、デバイスとアプリケーションの双方向通信ができることが特徴。
※3 ソサイエティ5.0:日本が提唱する国内における未来社会の実現に向けたコンセプトモデルの名称。第4次産業革命(IoT、ビッグデータ、AI、ロボット)の普及によってよりスマート化された社会を指す。

■センスウェイについて
センスウェイはIoTに必要な通信である長距離・低消費電力のLPWAのLoRaWANを使ったIoTプラットフォームを提供しています。センスウェイの持つLoRaWANの技術力を背景に、ビジネス開発コンサルティングや、IoT通信プラットフォームサービス「Senseway Mission Connect」を提供しています。

https://www.senseway.net


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. センスウェイ株式会社 >
  3. 金沢工業大学とセンスウェイ、LPWAのLoRaWAN ™を活用したIoT分野での共同研究で提携