スヴェンソングループ「世界パーキンソン病学会」に協賛

卓球スクール タクティブが卓球体験会・卓球大会を2日間実施

株式会社スヴェンソンホールディングス(本部:東京都港区、代表取締役社長:兒玉義則)は、社会貢献活動の一環として、2019年6月5・6日に京都国際会館にて開催された「世界パーキンソン病学会(https://wpc2019.org/)」に協賛いたしました。

 

 

世界パーキンソン病学会当日は、患者様の交流会イベントとして行われた「卓球体験会」や「パーキンソン病患者様向け卓球大会」の企画・運営を、スヴェンソングループ会社の卓球スクール「タクティブ」が行いました。

2日間あわせ参加人数が約200名となった今回の体験会では、患者様だけでなく研究者や医療従事者、海外から参加者も多く、老若男女問わず卓球を通じて交流するイベントとなりました。
また、2日目に開催した「パーキンソン病患者様向け卓球大会」には、16名の方々がご参加され、様々な形で卓球を楽しんでいただきました。

スヴェンソンホールディングスは今後も、ブランドステートメントである「その人生と共にいつも。」を念頭に、皆様のライフサポーターとして寄り添い、明日が楽しみに思える社会を実現するため、社会貢献活動を続けて参ります。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スヴェンソンホールディングス >
  3. スヴェンソングループ「世界パーキンソン病学会」に協賛