ドローン外壁点検のドローンフロンティアが「赤外線・外壁点検サービス」完全化に向け赤外線データ解析会社のグループ化とロープ点検会社との業務提携を同時発表

建設業向けドローンソリューションサービスを展開するドローンフロンティアが体制を一新

「産業分野におけるドローンのインフラ化」を進めるべく、市場の構築、東京・足立区との連携を始め幅広い分野でのドローン活用を推進する株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区、代表取締役:府川 雅彦 以下「ドローンフロンティア」)は、赤外線データ解析を得意とするエアロエムズ株式会社(神奈川県藤沢市、代表取締役:宮下 直也 以下「エアロエムズ」)のグループ化と、国土交通省登録技術NETIS(NSC工法)実施のロープアクセス工法による外壁点検の実績が豊富な株式会社4U(東京都清瀬市、代表取締役:上田 雅人 以下「4U」)との業務提携を発表した。

同様のマンション外壁の(上)可視光カメラでの撮影(下)赤外線カメラでの撮影


【ドローンを使用した赤外線外壁点検とは】

赤外線点検とは、主にビル・マンション等のビルや住宅、公共建造物などで使用される非破壊検査の一種で、正常箇所と異常箇所との間に発生する温度差を利用した調査である。

外壁タイルやモルタルに「浮き」ができると、その隙間の空気が太陽光により温められる為、赤外線カメラで撮影すると正常な壁面と比較して高い温度分布を示す。(逆に漏水や浸水があると、低い温度分布を示す)
赤外線に関する豊富な知見と経験により正しい手法で撮影することにより、高い信頼性を持った調査を行うことが可能であり、建設業界でも「建築基準法12条」に基づく定期報告制度の見直しにより赤外線カメラを利用した外壁点検が国や地方自治体から認められたため、近年更に注目度が増している。

更にここ数年でのドローン技術の発展によりドローンに赤外線カメラを搭載し撮影を行うことが可能となったため、高層ビルにおいての赤外線点検が可能に。

ドローンフロンティアは現在も大手ゼネコン、設計会社、不動産管理会社を中心にドローンを使用した赤外線外壁点検事業を展開しており、同事業の今後の更なる発展が期待される。



【グループ化の背景】

これまでもドローンフロンティアとエアロエムズは2018年より業務提携の上、撮影を前者、解析を後者が行い、赤外線外壁点検サービスを展開してきたが、今回のグループ化により同サービスの業務を全てドローンフロンティアが内製化することを実現した。
ドローン業界内での同業のグループ化は国内でもまだ数少ない例と言える。

これにより作業スピードの向上、効率化、価格の値下げを実現し、同サービスを業界のスタンダードにするべくサービスレベルの底上げを行う。

ドローンを用いた赤外線外壁点検の撮影から解析までの全業務を内製化して行う企業は全国でもまだ少なく、ドローンフロンティアは大規模改修の積算・事前調査やビル・マンションの法令点検などにおける同業務を建設業界・不動産業界を中心に更に広めていく狙いがある。

同業務のサービスレベルは、ここ数年のドローンの安全性・操作性の向上や赤外線解析技術の向上により、今後更に安全かつ信頼性の高い点検方法として注目されていることから、ドローンフロンティアの更なる進化に注目が集まる。

 


 

ドローン・フロンティア代表・府川氏(写真左)とエアロエムズ代表・宮下氏(写真右)


【業務提携の背景】

ドローンフロンティアは2017年よりドローンを活用した外壁点検ソリューションサービスを展開してきたが、法律や安全上の関係でドローンの飛行が難しい、または日照の関係で赤外線撮影に適さないなどの理由から全面点検が実施できないビル・マンションが特に都心部では多いという課題に直面していた。

今回の4Uとの提携により、ドローンや赤外線カメラが適さない面をロープアクセス工法によって打診点検を実施することにより、ほぼ全ての物件にて「無足場での全面点検」が実現可能となった。

4Uは国土交通省登録技術NETIS(NSC工法)を用い、世界基準の安全性を誇るロープアクセスによる外壁点検を実現、2020年1月には安全基準をクリアし史上初のレインボーブリッジのロープアクセス塗装を実施している。

外壁点検分野にてドローンとロープ、各業界屈指の実績を誇る両社だからこそ、「安心・安全かつコストパフォーマンスの高い外壁点検」が可能となった。

ドローン・フロンティア代表・府川氏(写真左)と4U代表・上田氏(写真右)

ロープアクセスでマンションの外壁を調査する様子
 

 

【今後の展望】

ビル・マンション等の大型施設における点検手法のIT化は今後更に進化していくことが予想されているが、ドローンフロンティアはドローンと赤外線カメラを用いた点検業務の更なる進化、販路拡大に力を入れていく。

2020年は赤外線建物診断技能師を資格を持つ社内スタッフを更に増員、解析業務の実施できるスタッフの育成及び作業の生産性向上の為のシステム開発に資金を投資していく。

現在も全国対応を行っているが、今後は国内各主要エリアへの支店出店やフランチャイズ展開も視野に入れ、同業務の建設・不動産業界におけるスタンダード化を目指し、更なる事業展開を実施する。

 
【会社概要】
①      
商号:株式会社ドローン・フロンティア
代表取締役社長:府川 雅彦
設立年月日:2017年3月13日
所在地:東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学千住アネックス4F
事業内容:各種ドローンソリューションサービス、ドローンスクール運営、企業・行政向けドローン運用サポート
URL:https://www.drone-frontier.co.jp/

②      
商号:エアロエムズ株式会社
代表取締役社長:宮下 直也
設立年月日:2017年5月24日
所在地:神奈川県藤沢市打戻2447-1
事業内容:赤外線データ解析、各種ドローンサービス
URL:http://aeroms.co.jp/

③      
商号 :株式会社4U
代表取締役社長 :上田 雅人
設立年月日 :2016年7月11日
所在地 :東京都清瀬市旭が丘3-343-46
事業内容 :ロープアクセス全般、特殊高所作業、構造物メンテナンス等
URL :https://4-u.co.jp/


【本件に関する報お問合せ先】
株式会社ドローン・フロンティア 担当:守谷・宮下
電話:03-5284-7594
FAX:03-5539-4289
メール:info@drone-frontier.co.jp 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドローン・フロンティア >
  3. ドローン外壁点検のドローンフロンティアが「赤外線・外壁点検サービス」完全化に向け赤外線データ解析会社のグループ化とロープ点検会社との業務提携を同時発表