多くのプロジェクトを成功に導いたプロジェクトマネジメントの力と企業の魅力を発信するブランディングの力で地方再生

JQとCrown Clownが老舗企業再生プロジェクトを発足

株式会社JQ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:下田幸祐 以下、当社)は、ブランドコンサルティング事業を展開する、株式会社Crown Clown(以下、Crown Clown)と共同で、地方再生を推進するプロジェクトを発足することをお知らせいたします。
第一弾として、成田山表参道に創業80年の老舗煎餅屋「櫻屋本店」のリブランディングを実施し、売上改善や従業員の若返りを図り、持続可能な事業運営を目指します。
■老舗企業の後継者問題


近年、老舗企業をはじめとする中小企業は、後継者不足などの煽りを受け、倒産や廃業の危機に立たされています。帝国データバンクの調査によると、「事業環境の変化や数多の経営危機を乗り越え、長年の経験に裏打 ちされた有形・無形の教訓や経営資源を蓄積している老舗企業の存在は、経済活動の礎となるの みならず、雇用確保の面から極めて重要であると言われている。 一方、近年は IT 化の進展などで加速する事業環境変化への対応や、後継者不在による事業承継 が困難となり、退場を余儀なくされた老舗企業もみられている。 (出典:2019年7月8日 帝国データバンク「老舗企業」倒産・休廃業・解散動向調査(2018)」)」としており、国も支援体制を整えはじめるなど急務の課題となっています。

この度のプロジェクトの対象となる「成田山表参道」は成田駅前から約800m続く表参道で、江戸時代から門前町として栄え、今でも当時の名残をとどめる観光エリアです。参道沿いには、創業100年以上の老舗店舗から新しく創業した店舗など150店以上の飲食店や土産店が並んでいます。
成田山表参道は、正月三が日に約300万人の参拝客が訪れ活気を見せますが、多くの老舗店では後継者不足や雇用難に陥っています。

■老舗企業の課題に対する解決のアプローチ
多くの企業でITツールの導入や、業務改善を目的とした積極的な組織改革など「企業の変化」は大きなテーマとなっています。これは古くからお店を構える老舗企業も同様で、変化を起こしたいという思いがあるが内部から習慣を変えるには大きな負担が伴います。これらの実行が遅れた結果、従業員の高齢化や売上低下といった事態を招いていると考えられます。
そこで今回、大企業で多くのプロジェクトを成功に導いたノウハウを有する当社と、企業のブランディング形成で実績を持つCrown Clownの2社が協力し、成田山表参道にある老舗煎餅屋の「櫻屋本店」が持つ課題解決を図ります。

マネジメントを強みとするJQからのアプローチ
  • 老舗企業では、日々の業務に追われ現状分析・課題整理などに充てられる時間が取れていないことが多い
  • 戦略から実行までのマネジメント経験を元に、構想策定から日々の実務レベルまでトータルでマネジメントを実施
ブランディングを強みとするCrown Clownからのアプローチ
  • 老舗企業は、事業の長さ深さから、「思い」が形骸化していたり、現状に上手く反映出来ていないことが多い
  • それらの「思い」を改めて未来に向けた言葉に整理し、組織内への浸透、サービスや商品への落とし込みを図る

■「老舗再生フレームワーク」の提案
「櫻屋本店」のリブランディングを進める中で、効果的に課題解決が可能な「老舗再生フレームワーク」を構築致しました。これによって、多くの老舗企業にも適用していけると考えております。


■これまでに実現したアウトプット
 「YouTubeを利用した簡易業務マニュアル」と「コーポレートサイトのリブランディング」


■成田表参道の老舗煎餅屋「櫻屋本店」とは
 櫻屋本店は、成田山参道にお店を構えて80余年の老舗煎餅屋です。長年、成田山の参拝客に支えらえてきましたが、新規採用者が定着しなかったり、古くから働く従業員が職場を離れたりと、働き手が安定しないことが課題となっておりました。またお煎餅を焼く職人さんも高齢となり、技術の伝承も喫緊の課題となっています。
今回、「老舗再生フレームワーク」を活用し、事業にかける思いと業務上の課題を可視化し、思いに沿って課題の優先順位をつけながら一つずつ解決していくことで、事業再生を図ろうとしています。

■今後の展望
2社のノウハウを「老舗再生フレームワーク」として形成し、2020年に商品企画、2021年には商工会議所や自治体を巻き込み本格展開を予定、2022年以降は、国内展開を行い、各地の後継者不足を解決していく予定です。

■株式会社Crown Clown 会社概要
会社名 :株式会社Crown Clown
代表者 :代表取締役社長 千竃俊介
設 立:2007年4月20日
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-8-3グレース原宿#203
事業内容:
 ・ブランディング業務(C.I.開発/V.I.開発/ネーミング開発/ブランドステートメント開発/事業開発/商品開発)
 ・総合的なコミュニケーションデザインの企画・制作
 ・自社プロダクト「Jino」の企画・販売
コーポレートサイト:https://www.crown-clown.co.jp/
知育玩具Jino:http://jino-toy.com/


■株式会社JQ 会社概要
会社名 :株式会社JQ
代表者 :代表取締役社長 下田幸祐
設 立:2002年12月4日
所在地 :東京都千代田区九段北4-3-26 N-cross KUDAN 3F
事業内容:
 ・自社運営サービス
  多肉植物・サボテンの専門EC solxsol(ソルバイソル)の運営、製品改善・消費者理解のためのリサーチサービス &Check(アンドチェック)の運営
 ・クライアントサービス
  DX(デジタルトランスフォーメーション)や新規事業・新サービス、デジタルマーケティング基盤の企画・構築のコンサルティング、プロジェクトマネジメント
コーポレートサイト:https://www.j-q.co.jp/
多肉植物・サボテン専門通販sol×sol:https://www.solxsol.com/


<報道に関するお問い合わせ先>
株式会社JQ広報窓口 伊藤 TEL:03-6661-2546 Email:shunsuke.ito@j-q.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JQ >
  3. 多くのプロジェクトを成功に導いたプロジェクトマネジメントの力と企業の魅力を発信するブランディングの力で地方再生