人気の渡航先No.1はシンガポールとオーストラリア。安全性・治安で選ばれる。

GLナビゲーションが、海外インターンシップ経験者100人に調査を実施。「2019年版 海外インターンシップ意識調査」

「だれでも、どこでも、主役になれる世界を作る。」をビジョンに掲げるGLナビゲーション株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 神田滋宣、以下「当社」)は、2019年3月末に「2019年版 海外インターンシップ意識調査」を実施いたしました。過去5年以内に海外インターンシップに参加経験のある方を対象にした同調査において見えた、海外インターンシップの現状を報告いたします。

<調査概要>

・調査方法:インターネットによるアンケート
・有効回答数:過去5年以内、かつ18歳以降に海外インターンシップに参加したことのある男女103名
・調査期間:2019年3月


<調査結果サマリ>

・18歳~29歳で過去5年以内に海外インターンシップに参加したことがある方は2%に留まったが、22.7%が「今後経験してみたい」と回答
・海外インターンシップの人気渡航先1位はシンガポールとオーストラリア(16.5%で同率)。エリアを総合するとアジアが人気の中心。
・海外インターンシップ経験者の約60%が、渡航先選定のポイントを「安全性や治安」としており、上記2カ国が人気の理由と重なっていると推測される。
・海外インターンシップが就職や転職に役に立ったと回答したのは、のべ約70%
・海外インターンシップ紹介会社の満足度では、Global Wing(当社サービス)が参加者の85.7%から満足のご評価をいただき、紹介会社の中では1位の満足度に。
 

 

 

 

 

 

 



※調査は、当社が株式会社マクロミルに依頼し実施いたしました。
※調査結果の利用に関するお問い合わせは、リリース下部の連絡先までお願いいたします。


事前に実施したスクリーニング調査の結果、18歳~29歳の海外インターンシップ経験者は2%程度に留まったが、「今後経験してみたい」と回答したのは22.7%にのぼり、グローバル化するキャリアや思考の中で、海外インターンシップを活用した海外経験のニーズは高まっているものと感じます。


また、実際に海外インターンシップを経験した103名に行った調査では、実際に渡航された国・地域ではシンガポールとオーストラリアが16.5%で同率1位となりました。また、シンガポールへの海外インターンシップの渡航の41.2%が当社サービス「Global Wing」を利用したものとなり、シンガポールへの海外インターンシップ紹介では当社サービスが最も選ばれています。


当社は先日JTBと共同で、シンガポール企業を視察する「グローバル企業 現地見学ツアー」の提供開始をするなど、シンガポールへの海外インターンシップ紹介の取り組みを強化してまいりました。本調査の結果を受け、シンガポールへの海外インターンシップ紹介のトップ企業として、今後も「だれでも、どこでも、主役になれる世界を作る。」の実現に向け、グローバル人材の発見・育成・輩出をおこなってまいります。



■海外インターンシップ プラットフォーム「GlobalWing」
サービスURL : https://globalwing.jp/
インターンシップサービス提供国 : インド/カンボジア/シンガポール/スリランカ/タイ/バングラデシュ/フィリピン/ベトナム/マレーシア/ミャンマー/モンゴル/中国・台湾
 



■会社概要
社名 : GLナビゲーション株式会社
本社: 東京都豊島区南大塚3-44-13 クレスト南大塚ビル5F
コーポレートサイト : http://gl-navi.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GLナビゲーション株式会社 >
  3. 人気の渡航先No.1はシンガポールとオーストラリア。安全性・治安で選ばれる。