【複雑なアンケート解析を最先端AIでスマートに!】第2回ヒューマノームゼミ 〜心に迫る機械学習理論〜 8月30日(金)開催

注目度が増すAI(人工知能)の応用。日々進化する情報技術の今について、最前線で開発に携わる研究者が自ら語り、参加者を交えてガチ議論する「ヒューマノームゼミ」を開催します。

株式会社ヒューマノーム研究所(東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「当社」)は2019年8月30日(金)に、研究職および関連事業担当者の方を対象とし、アンケートのAI解析に関する機械学習理論の最前線をご紹介するゼミ形式イベント「第2回ヒューマノームゼミ 〜心に迫る機械学習理論〜」を開催いたします。
皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

セミナー詳細ページhttps://humanome.jp/hnl_seminar_02/

株式会社ヒューマノーム研究所は、「人間とは何か」に挑むため、ライフサイエンス分野で新たな価値を創造しうるデータ統合技術・AI解析技術の研究開発を行っています。

当社では研究活動の一環として、新技術について日々調査し継続的な分析を行うことにより「ライフサイエンス×AI分野」の知見を蓄積しており、これらを通じて発見した、注目すべき技術・AIのトレンドについて、皆さまと議論・共有するためのイベント「ヒューマノームゼミ」を実施しています。

第2回ヒューマノームゼミは「心に迫る機械学習理論」と題し、先日Nature Machine Intelligence にアンケートの自動集計・解析についての論文を発表した川本達郎氏(産業技術総合研究所)、統計学を用いて心や行動について科学的に理解する研究を実施し、「統計学のための数学教室」(ダイヤモンド社)の監修などで著名な岡田謙介氏(東京大学大学院)のお二人をお招きし、近年の機械学習理論の発展と共に解析可能になりつつある、アンケート解析の先端をご紹介します。


【演題・登壇者】
講演 #1「グラフベースフレームワークを用いた大規模自由記述アンケートの自動集計」
川本 達郎氏(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能研究センター・研究員)

意思決定において「人々の意見や考えを聞きたい」という社会ニーズがある。しかし従来のアンケート分析では、自由記述回答の分類を分析者が人手で処理する必要があり、ボトルネックとなっていた。我々の開発した、グラフ分割アルゴリズムを用いたアンケートの統計的分類手法 (投票クラスタリング)は、大規模自由記述式アンケートから意見グループを自動抽出し、統計分析することを可能にする。

講演 #2「コンピュータ上での測定のための心理モデリング」
岡田 謙介氏(東京大学大学院 教育学研究科 教育心理学コース・准教授)

コンピュータ上で行う心理特性の測定では、 (1)回答に要した時間も収集できる (2)項目を適応的に提示できる (3)回答バイアスの影響を受けにくい比較判断型項目を自然に実装ができる といった利点がある。従来の紙の調査表をそのままコンピュータに載せるのではなく、こうした特徴を活用して妥当性の高い測定を行えると望ましい。こうした考えのもと、本発表では数理心理学的知見に基づいて我々が提案する項目反応モデルの拡張を紹介する。


【開催概要】
主催:株式会社ヒューマノーム研究所
日程:2019年8月30日(金) 16:00〜18:00 (15:30開場)
会場:株式会社リバネス 知識創業研究センター セミナールーム https://lne.st/about/access/
定員:30名
参加料:49,800円(税込)
ヒューマノームレポート購読企業の方、学生・ポスドクの方向け無料参加枠あり
申込み締め切り:2019年8月23日(金)(無料参加の場合も要事前登録)
申込み専用サイトhttps://humanome-seminar-02.peatix.com/


【お問い合わせ】


株式会社ヒューマノーム研究所
〒104-0045 東京都中央区築地2-4-10 SAテンハウス2階
URL : https://humanome.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマノーム研究所 >
  3. 【複雑なアンケート解析を最先端AIでスマートに!】第2回ヒューマノームゼミ 〜心に迫る機械学習理論〜 8月30日(金)開催