世界のわくわくするものが東京に。日本じゅうの魅力を世界に。生活のたのしみ展2019年4月17日(水)~21日(日) 東京・丸の内にて開催。

「東京と世界」をテーマに、出店数は60!そのうち初出店が32もあります。

2017年に六本木で始まり、恵比寿、梅田と規模や場所を変えながら開催を重ねてきた、お買いものフェスのようなイベント「生活のたのしみ展」を2019年4月17日~21日、東京の玄関、丸の内で「東京と世界」 をテーマに据えて開催します。世界のわくわくするものを東京に、日本じゅうの魅力を世界の人びとに。 ぶらぶら見て買って食べておしゃべりして、まざりあってみんなで遊ぶ5日間です。
詳細はこちらのページでご案内しています。
https://seikatsunotanoshimi.1101.com/2019_spring/

【第4回生活のたのしみ展 開催概要】

第4回生活のたのしみ展は4月17日〜21日開催。第4回生活のたのしみ展は4月17日〜21日開催。

日程:2019年4月17日(水)- 21日(日) 場所:東京・丸の内仲通り/丸ビル1階マルキューブ・3階回廊/ marunouchi café ✕ WIRED CAFE/TOKIAガレリア 時間:11時~20時
※丸の内仲通りは12時~19時 入場:無料 主催:株式会社ほぼ日 協力:三菱地所株式会社・丸の内15丁目プロジェクト
●丸の内の3つの場所で開催します!
「東京と世界」というテーマから、お店の顔ぶれがバラエティにあふれることはもちろん「広い」「エリ アがわかれる」ということが、今回の「生活のたのしみ展」の特徴です。開催場所は大きくわけて3つ。 丸ビル、丸の内仲通り、TOKIAガレリアです。 丸ビル1階マルキューブは「世界」中から集まったものが並ぶ大小さまざまのお店やカフェが詰まった賑 やかな場になります。3階の回廊も、アート作品や各国から集めた雑貨も並ぶ空間に。世界のあちこちか ら来たものが織りなす空気ごと、どうぞ存分におたのしみください。丸の内仲通りにはキッチンカー、ア メリカンスクールバス、パラソルワゴンなど、美味しく華やかなお店が大集結します。そして、東京駅から 東京国際フォーラムに向かうTOKIA1階ガレリアには、約60メートルにわたって、「東京」をテーマにし たお店が並びます。現代の東京をあらわす洗練された品、古き良き江戸東京の貴重なもの、日本各地から やってきた「いいもの」ばかり。新旧まじりあったたのしい空間になります。

●出店数は60!そのうち初出店が32もあります。

丸ビルマルキューブには世界のものがいろいろそろいます。丸ビルマルキューブには世界のものがいろいろそろいます。

「生活のたのしみ展」は、開催のたびに同じ顔ぶれにしないことをめざ しています。今回はテーマが「東京と世界」ですので、いままで以上に 目を広げ耳を広げ、参加いただきたい方々にお声がけしました。おもに 初出店のお店よりいくつかご紹介します。

・桐島かれんさんの、ハウス オブ ロータス。
・にわかラグビーファンのお店
・HARIBOまるごとグミのお店。
・青木由香的台湾好選物、你好我好・東京出張所。

・コケーシカ鎌倉、マトリョーシカ! マトリョーシカ!
・世界のスパイス菓子、épices GINZA(エピスギンザ)。
・VALUE BOOKS(バリューブックス)、世界の料理本
・幡野広志の写真のお店
・尾崎雄飛のアメリカンヴィンテージ入門
・日がわり世界の紅茶店 Daily Worldwide Tea Shop
(ティーマーケット ジークレフ、Uf-fu、スリランカ紅茶専門店セイロンドロップ、
 tregothnan、TEA NAVIGATION)
・ダンボールと暮らそう Carton/島津冬樹
・Irma from Denmark by haluta 他多数。

●日本のいいものを手にしよう! 東京や日本のすてきなものが手に入ります。

東京や日本のすてきなものもたくさん。東京や日本のすてきなものもたくさん。

・個性的なアクセサリー。リトルジュエリーパーティー!
・江戸型絵手拭店 小倉染色図案工房 小倉充子

・nooy、エプロンとシャッポウ着。
・イイダ傘店とCO-、ヴィンテージボタンと傘の店。
・weeksdays + fog linen work、新商品の実店舗。
・土楽窯 福森道歩+柏木円 土でできた調理道具と料理のうつわ
・市川籠店 日本と世界のかご、ざる、箕
・海大臣 番外の店 林屋海苔店  
・ほぼ日の「おちつけグッズ」「ハラマキ」「ひきだしポーチ」など。他多数。
●さまざまな世界の料理が味わえる場所、 そして毎回人気のたのしみ弁当も、もちろんご用意しています。

おいしいものを食べに、毎日通う方も。おいしいものを食べに、毎日通う方も。

丸の内仲通りにはさまざまなキッチンカーが登場。銀座にあるフレンチの名店・マルディ・グラがつくる 「スティックステーキの店」、神田の人気店・味坊のラム肉と玉ねぎの餃子が味わえる「味坊羊餃子移動 厨房」、オープン以来注目のパン屋・BeaverBreadの「海狸ぱん ビーバーカンパーニュ量り売り」、学芸 大学でお店を営むStand Bánh Mìが提案するベトナム料理「バインミーとボブンのお店」など。

毎回人気のたのしみ弁当には、料理人・山本千織さんがつくるchiobenが2種、美味しい素材がたっぷり 詰まった斉吉商店&BumbooCutのコラボ弁当も登場します。
丸ビル1階のMarunouchi Cafe ✕ WIRED CAFEにオープンする「アースボールカフェ produced by amana (IMA cafe) + HOBONICHI」では、5月発売予定の「カレーの恩返しカレー」を先行で食べられ たり、なかしましほさんレシピによるチーズケーキ、amana (IMA cafe)の特別なコーヒー・ちきゅうブレ ンドなど、オリジナルメニューをたのしめます。

「第4回生活のたのしみ展」に参加してくださるみなさま:
青木由香、aoki yuri、味坊、akke、amana(IMA cafe)、イイダ傘店、市川商店、伊藤 尚美、weeksdays+fog linen work、Uf-fu、épices GINZA(エピスギンザ)、F&F、MHL.、王子ネピア株式会社、 大橋歩、イオグラフィック、小倉充子、尾崎雄飛、Carton/島津冬樹、キタンクラブ、CO-、コケーシカ鎌倉、小林和 人、斉吉、Stand Bánh Mì、STAMP AND DIARY、TAMPICO、スリランカ紅茶専門店セイロンドロップ、Selieu、 tamas、chioben、TEA NAVIGATION、ティーマーケット ジークレフ、轟木節子、福森道歩(土楽)+柏木円、 tregothnan、tretre、NAOT、なかしましほ、nooy、HOUSE OF LOTUS、幡野広志、patterie、林屋海苔店、 VALUE BOOKS、haluta、BambooCut、BEAVER BREAD、HISTORIE soil art jewelry、ひびのこづえ、Grocery Gemellivo、PROOF OF GUILD+vicino、ほぼ日、丸の内15丁目プロジェクト、MITTAN、三菱食品株式会社、 LABOUR AND WAIT、マルディ グラ 和知徹、warang wayan ほか(五十音順・敬称略)

2018年6月に恵比寿で開催された第3回生活のたのしみ展の様子。2018年6月に恵比寿で開催された第3回生活のたのしみ展の様子。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ほぼ日 >
  3. 世界のわくわくするものが東京に。日本じゅうの魅力を世界に。生活のたのしみ展2019年4月17日(水)~21日(日) 東京・丸の内にて開催。