驚愕!84%の保育士資格保持者(稼動・非稼動問わず)が「保育士として働きたい」と回答!

どんなライフステージでも保育士として働ける環境整備の必要性が浮き彫りに 〜総合保育サービスの明日香が、保育士に関するアンケート調査を公表〜

 総合保育サービスを提供している株式会社 明日香(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 :萩野 吉俗、以下 明日香)は、稼動・非稼動問わず保育士資格を持つ方を対象に「保育士」に関するアンケート調査を実施し、そのうち有効回答を得られた268人の回答を集計、発表しました。
■保育士に関するアンケート調査:https://www.g-asuka.co.jp/topics/press0419.html

調査概要:保育士に関する意識調査
有効回答:明日香に登録があり、保育士資格を持つ方(稼動・非稼動問わず)268名
調査期間:2019年3月8日~2019年3月18日
 
  •  ご自身に関する設問
Q. 一番下のお子様について教えてください /5割が中学生以下のお子様を持つ
 はじめに、ご自身に関する設問を実施したところ、「一番下のお子様について教えてください」という質問では、働くにあたり、時間制限を受ける「中学生以下」のお子様をもつ方が51%にも達していることが判明しました。一方で、あまり手のかからなくなる「大学生以上」と回答した方も22%いるようです。

 




(1)年齢   :20代9%、30代24%、
        40代40%、50代25%、
          60代〜2%
(2)既婚/未婚:既婚15%、未婚85%

 

 
  • 保育士の仕事に関する設問
Q. 今お仕事していますか?/ 8割弱が保育の仕事に従事、フルタイム以外が5割強

 
 次に仕事に関する設問では、「今お仕事していますか?」という質問に対し、働く時間にかかわらず「保育の仕事をしている」と答えた方が75%を占めることがわかりました。その中で、”働く時間”に着目すると”フルタイムではない保育士”が半数以上を占めます。

 








 Q. 週に何日くらい働くのが理想ですか?



・週1                      :1%
・週1〜2                 :5%
・週2〜3                 :24%
・週3〜4                 :28%
・週4                      :18%
・週5                  :23%
・今のところ働かない:1%


 

 



Q.1日に何時間くらい働くのが理想ですか?

 

 

・3時間未満             :3%
・4時間       :17%
・5時間       :20%
・6時間                   :36%
・7時間以上     :23%
・今のところ働かない:1%








Q.保育士のお仕事についてどのようにお考えですか?
 「保育士のお仕事についてどのようにお考えですか?」という質問では、「保育士の仕事を継続したい人」が59%と最多の結果に。「今すぐ、または今後保育士として働きたい人」を含めると84%に達します。

 

・現在保育士、今後も保育士          :59%

・現在保育士、今後その他           :4%
・今すぐ保育士として働きたい         :19%
・今すぐではないが、今後保育士として働きたい :6%

・わからない                 :11%
・その他                   :1%
 
Q. 保育士として働くにあたり(働き始めるにあたり)重視することを3つまでお答えください

1位:職場の人間関係が良いこと(155名)
2位:子供の学校行事などの都合で休みが
         取れること(128名)

3位:職場が自宅から近いこと(127名)
4位:給与が良いこと(92名)
5位:土日祝が完全に休みであること
       (79名)
6位:少ない勤務日数から働けること
      (60名)
7位:1日当たり短い時間から働けること
      (56名)
8位:自分の理想とする保育が行える環境で
        あること(52名)
9位:朝や夕方の時間帯で、短時間・高時給
        で効率よく働けること(20名)
10位:その他(4名)
 
  • 働き方に関するご意見・ご要望
30代:子どもが小さいので仕事復帰はまだまだ先になりますが、短時間だと、子育てとの両立がしやすいので
    助かります。
また、「平日毎日」などの縛りがないと、ブランクがあっても頑張ってみようと思えると
    思います。ただ、保育園という職場の特性を考えると、人間関係はとても大切ですし、実際にそこで苦
    労するケースが多いです。特に「派遣」という立場に理解があると、働きやすいと思います。
30代:子どもの体調不良等、突発的な時にも休みが取れやすいか、実際は働いてみないと分からないので、
   (再度働くとなった際)そこが不安。
40代:子どもが学校に行っている間に働きたいので、効率的な働き方に興味があります。
40代:特に保育園での勤務はどうしても時間や日数が多く求められがちなので様々な形態の雇用を作って頂け
    る提案があると、とてもありがたい
です。
50代:人間関係や労働条件は大事だけど、いいと思うところはフルタイムしか募集していなかったりするの
    で…一人での勤務と労働条件が変わらない短時間雇用があればとても嬉しい働き方だと思います。
 
  • まとめ
 今や社会問題となっている保育施設不足・保育士不足による待機児童問題を背景に、今回の調査では、保育士として働きたいと考えている方が多いことが明らかになりました。一方で、子育てとの共立がしやすい「短時間勤務」や「子供の行事の都合で休みが取りやすい」など、フルタイムに縛られない柔軟な働き方を求めている方が多いこともわかりました。
 <明日香>はそんなニーズにお応えすべく、潜在保育士を掘り起こし、フルタイム同様の雇用を保ちつつ、短時間ずつ働ける人を組み合わせる新たな働き方を提案していく予定です。「働き方改革」がうたわれるようになった昨今、保育士においても、どんなライフステージでも保育士として働ける環境整備の必要性が浮き彫りになっているのではないでしょうか。
 
  • 保育所不足の解消と、保育士に活躍の場を提供する<明日香>のサービス

 <明日香>では、子育て環境の変化と多様化する保育ニーズに応え、様々な形で子育てをサポートしています。法人向け保育サービス・ベビー&キッズシッターサービス、保育施設でのお仕事紹介(派遣・正職員紹介)など、保育専門会社ならではの視点と、充実した教育・研修制度を活かして、多角的なサービスを展開。保育所不足による待機児童問題や、保育免許を保持してながらも活躍できる場がない潜在保育士の課題解決にも貢献できるとして、業界全体の活性化を目指しています。

■会社概要
企業名 :株式会社 明日香
本社  :神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 天理ビル9F
代表者 :代表取締役 萩野 吉俗
事業内容:・保育室の設置・運営(院内保育室、企業内保育室、認可保育所)
       ・自治体と連携した子育て支援事業
      (児童館、放課後児童クラブ、子育て支援拠点、こども広場等の運営)
     ・保育に関わる人材の派遣・紹介(保育士・幼稚園教諭・看護師・栄養士など)
     ・居宅訪問型子育て支援(ベビー・キッズシッターサービス、家事代行サービス、自治体委託業務)
     ・臨時保育室の設置・運営(イベント時保育サービス)
     ・保育に関わる人材の教育(研修会、講演会、各種セミナーの開催)
     ・新規保育事業の開発及びコンサルティング
公式HP :https://www.g-asuka.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 明日香 >
  3. 驚愕!84%の保育士資格保持者(稼動・非稼動問わず)が「保育士として働きたい」と回答!