子ども向けプログラミング教室「F@IT Kids Club」が千葉工業大学とコラボ!小学生が海洋資源の学びを通してプログラミングを学習する「プログラミングキャンパス2019」

~8月21日(水)/22日(木)開催!夏休みの自由課題にも最適な2コースを用意!~

 総合人材育成企業 株式会社富士通ラーニングメディア(代表取締役執行役員社長:青山昌裕 本社:東京都港区)が運営する、子ども向けプログラミングスクール「F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)」は、学校法人 千葉工業大学(所在地:千葉県習志野市)の学生と連携し、夏休み特別企画「プログラミングキャンパス2019」を8月21日(水)、22日(木)の2日間、千葉工業大学新習志野キャンパスで開催します。
 昨年度より開始した、同大学のソーシャルアクティブラーニングの授業の一環として、当社の子ども向けプログラミングスクール「富士通オープンカレッジF@IT Kids Club」と連携したプログラミング体験イベントを実施しました。授業に参加した学生やイベントに参加したお子さまからの好評につき、本年度もお子さま向けのプログラミング体験イベントを実施いたします。

 「プログラミングキャンパス2019」は、「海とプログラミング」をテーマにしたロボットコースとスクラッチコースの2種類を用意しています。海の中には私たちの生活に活用される資源が沢山存在し、装飾品に使われる「真珠」や調味料に使われる「塩」、その他にもプログラミングに必要なパソコンには「レアメタル」という海洋資源が使用されています。今回は、海洋資源の学習と海の探索を通じて、プログラミングの基本を学習していただきます。パソコンに触れたことがないお子様にも丁寧にレクチャーいたしますので、安心してご参加いただけます。

 8月21日(水)に開催される「潜水艦に乗り込め! ~海洋資源を探し出そう!~」は、教育版レゴ®マインドストーム®EV3(※1)を使って、ロボットの使い方とプログラミングを学ぶロボットプログラミングコースです。参加するお子さまは研究員になりきって、自分の潜水艦型EV3 ロボットを動かしながら海生物や海洋資源の調査に挑戦していただきます。色や壁との距離を認識するセンサーや、アームを動かすモーターを実際に動かし、目で確認しながら学習していきます。ストーリー仕立てでプログラミングや海の生物、海洋資源について学べるので、小学生のお子さまでも理解しやすい内容となっています。

 8月22日(木)に開催される「海洋探索隊の君たちへ ~海の宝を集めよう!~」は、スクラッチ(scratch)(※2)を使ってプログラミングをするコースです。サメを避けながら海洋資源(塩,真珠など)を集めて地上へ持ち帰るミッションに挑戦し、海洋資源に関わる問題を解くレクリエーションを通してプログラムの構造を理解していただく内容となっています。学年や理解度に合わせて問題がレベルアップするので、小学校低学年から⾼学年まで楽しみながらビジュアルプログラミングを学べます。最後には、1日を通して学んだことを用いて、プログラムを作成します。
 F@IT Kids Clubは今後も、早い時期から社会課題への問題意識を持ち、プログラミングやICTのスキルを活用しながら新しい社会を築いていけるような、デジタルを駆使し「21世紀型能力」を養う人材の育成を目指してまいります。

(※1)
教育版レゴ®マインドストーム®EV3は、LEGO社とマサチューセッツ工科大学の共同開発によるロボット製品です。
(※2)
Scratch(スクラッチ)は、マサチューセッツ工科大学メディアラボのライフロングキンダーガーテングループで開発された視覚的にプログラミングを学べる開発環境です。2020 年から小学校でScratch を用いた授業が始まります。
※商標について記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


【プログラミングキャンパス2019コース概要】
① ロボットプログラミングコース 「潜水艦に乗り込め! ~海洋資源を探し出そう!~」

開催日時 :2019年8月21日(水)10時00分~16時00分
開催場所 :千葉工業大学新習志野キャンパス
対象   :小学校3年生~6年生
定員   :34名
参加費用 :8,000円(税込)
持ち物  :筆記用具、昼食

② スクラッチコース 「海洋探索隊の君たちへ ~海の宝を集めよう!~」

開催日時 :2019年8月22日(木)10時00分~16時00分
開催場所 :千葉工業大学新習志野キャンパス
対象   :小学校1年生~6年生
定員   :40名
参加費用 :8,000円(税込)
持ち物  :筆記用具、昼食

<両コース共通>
お申し込み   :https://www.knowledgewing.com/oc/kids/citflm/
お問い合わせ先 :<電話>
         0120-55-9019
         <お問い合わせフォーム>
         http://flmincident.force.com/corporate/contact_education1


【講師プロフィール】
■千葉工業大学 情報科学部ネットワーク学科
 教授 博士(人間科学) 仲林清

 1980年に東京工業大学 理学部 応用物理学科を卒業。1982年には東京工業大学 大学院 理工学研究科 応用物理学専攻 修士課程を修了。その後2006年に早稲田大学 大学院 人間科学研究科 教育コミュニケーション情報科学専攻 博士課程を修了し、 博士号(人間科学)を取得。専門分野は、教育工学, 学習支援システム(学習支援システムアーキテクチャ,技術標準化,授業設計,学習理論)と多岐にわたる。
 千葉工業大学では、情報ネットワーク技術を人間が新たな知識や能力を獲得するための学習手段として活用し、学習心理学などに裏付けられた効果的な学習を促進するために、学習支援システム構成法、学習コンテンツ設計法、学習支援手法などの研究を行っている。

■株式会社富士通ラーニングメディア ナレッジサービス事業本部 第一ラーニングサービス部
 プロジェクト部長 大木宏昭

 立教大学 社会学部卒。システムエンジニアとして都市銀行のシステム構築に従事し、三行統合のプロジェクトなどに携わる。その後、現職にて、企業向け人材育成サービスを提供。2017年に富士通グループ発の子ども向けプログラミングスクールF@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)を立上げ。小中学生の息子が3人いる。
 また、米国PMI認定 PMP、7つの習慣 社内ファシリテーター、ハーマンモデルファシリテーター等の資格を取得。昨年には、WROJAPAN 本部実行委員、2018年WROタイ国際大会審査員を務める。


【千葉工業大学「ソーシャルアクティブラーニング」について】
 
近年の大学教育においては主体的に考えて行動を起こす力や、チームで仲間と協働・協調し、目標達成に向けて周囲に働きかけていく力の育成が求められています。千葉工業大学では単に知識や技術を学ぶだけでなく、チームで協働する実践の中でどう行動するのか、知識をどう活用するのかを体験し、身に付ける教育体系を構築するため、平成28年度入学生から教養特別科目として「ソーシャルアクティブラーニング」等のフィールドワークを主体とする科目を開設しました。特にソーシャルアクティブラーニングでは、行政・企業・市民とともに、地域や社会における実際の課題の解決に取り組み、現実の文脈の中で、上に挙げたような学生の成長を促すことを特色としています。「子ども向けプログラミングスクール」の運営は、この科目の一環として実施されるものです。
千葉工業大学URL:https://www.it-chiba.ac.jp/technology_plus/


【富士通オープンカレッジF@IT Kids Clubについて】
 人材育成・研修サービス企業である富士通グループの富士通ラーニングメディアのエンジニア・講師が立ち上げた子ども向けプログラミング教室です。プログラミングスキルだけではなく、「社会や仕事との繋がりを考えた指導」「伝えるプレゼンテーション力の育成」「情報リテラシーの指導」といったビジネススキルを学ぶことができます。IT業界の豊富な知見と人材育成実績を持つ厳選されたスタッフが、初めてプログラミングを習う子どもにも楽しくわかりやすくレクチャーを行い、デジタルを駆使し「21世紀型能力」を養う人材の育成を目指しています。
F@IT Kids Club URL:http://www.knowledgewing.com/oc/fkids/

■コース :スクラッチコース
      (エレメンタリーコース・ビギナーコース・エキスパートコース)
      ロボットプログラミングコース
      (ビギナーコース・エキスパートコース)
      テキストプログラミングコース
      (Pythonコース)
■教室数:全国約40校
■直営校:品川校(品川ラーニングセンター)


【株式会社富士通ラーニングメディアについて】
 国内最大規模の総合人材研修企業として企業の人材育成のトータルソリューションを提供しております。 あらゆる業種の企業や公共機関・団体を対象に、「IT テクニカルスキル」から「ヒューマン・ビジネススキル」まで、オープンコースを約1,500 コース、年間約92,000 人の受講者に提供しております。
株式会社富士通ラーニングメディア URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/flm/

■企業名 :株式会社富士通ラーニングメディア
■設立  :1977年6月30日
■代表  :青山 昌裕(あおやま まさひろ)
■売上高 :103億円(連結:2017年度)
■所在地 :東京都港区港南2-13-34 NSS-Ⅱビル
■従業員数:432名(2018年3月末現在)
■事業内容:・人材育成・研修サービス
       -人材育成コンサルティング
       -学習管理サービス「KnowledgeC@fe」
       -講習会/サテライト講習会/e講義動画/eラーニング
       -eラーニングコンテンツ受託開発/ドキュメント制作・活用/
      ・Webサイト制作・運用サービス
       -個人のお客様向けパソコン教室(富士通オープンカレッジ)

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社富士通ラーニングメディア プロモーション推進部(広報担当)
TEL:03-6710-1490/E-mail:flm-pr@cs.jp.fujitsu.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社富士通ラーニングメディア >
  3. 子ども向けプログラミング教室「F@IT Kids Club」が千葉工業大学とコラボ!小学生が海洋資源の学びを通してプログラミングを学習する「プログラミングキャンパス2019」