ライブ配信で1.3万回利用された配信者向けコミュニケーションサービス「CastCraft」が正式デスクトップアプリ版を一般公開

雑談配信や参加型ゲーム配信のための機能を充実させたCastCraftがデスクトップアプリ化

株式会社キャスコード(本社:東京都世田谷区 代表取締役:中川 翔太、以下「当社」)が運営するYouTube Live配信者向けコミュニケーションサービス「CastCraft」は、7/31より正式デスクトップアプリ版(ver 1.0.0)をWindows、Mac向けに一般公開いたします。
CastCraftはYouTube Liveで配信を行っている配信者が、視聴者とのより強い関係を作ってコミュニティを活性化させるためのサービスです。

2019年からブラウザ版として開始して以来、個人のゲーム実況者やVTuber、eSportsプレイヤーの方々にご利用いただいてきました。
特に雑談配信や参加型のゲーム配信の際に数多く稼働しており、これまで1.3万回のライブ配信で利用されました。

今回の正式デスクトップ版公開に合わせて、機能概要についての動画を公開いたしました。
(動画の視聴は下記から)

 

概略としては、配信者が
  • 久しぶりにコメントをくれた視聴者のことをちゃんと覚えておける
  • 優先して拾ったほうがいいコメントがわかる
  • 視聴者にネタを集めてもらって配信での話題づくりができる
というもので、今回の正式デスクトップ化により安定したラグの少ない挙動が実現します。

今回リリースするバージョン(ver1.0.0)でライブ配信者にお使いいただける機能としては、下記の通りです。
  • デスクトップアプリ内のタブでCastCraftのライブダッシュボードとYouTubeライブ管理画面を行き来でき、配信中に色々なソフトを見る必要がなくなります。
  • 配信でコメントをくれた視聴者データがそれぞれ蓄積されるので、その人との以前の話題を覚えておくことができます。
  • 視聴者が初見かどうか、視聴者についてのメモのプレビュー、視聴者の過去の名前などの情報をライブダッシュボード上でひと目で判別できます。
  • 特定の条件に合致したコメントのみ、別枠で表示して確認することができます。
  • 設定した条件のコメントに対して、コメント欄でチャットボットに自動対応させることができます。
  • コメント欄をカスタマイズしたアニメーションと共に配信画面の一部にオーバーレイとして映し出すことができます。
  • スマホアプリ経由で視聴者が配信で取り上げてほしいネタや画像・動画を投稿できる「チャンネルページ」というチャンネルに紐付いたコミュニティを作ることができます。
  • 視聴者のコメントや画像投稿を選択的に配信画面上で共有できる「ピックアップ」というオーバーレイを映し出すことができます。
 

ライブダッシュボード画面ライブダッシュボード画面

視聴者詳細画面視聴者詳細画面

特定のコメントを優先表示特定のコメントを優先表示



【CastCraft正式デスクトップ版の公開について】
・公開日:2020/7/31 (金)
・公開ページ:https://castcraft.live/download/


【詳しい設定方法について】
・チュートリアル一覧:https://castcraft.live/tutorial/


【CastCraftプロジェクトについて】


CastCraftは、ライブ配信の周りに生まれるコミュニケーションを強化し「人が気兼ねなく集まって元気になれる居場所」を増やすことを目的に立ち上がったプロジェクトです。

賛同いただけるゲーム配信者の方向けに、無料で機能を開放しております。
・CastCraftウェブサイト:https://castcraft.live/
・CastCraft公式Twitter:https://twitter.com/cast_craft

■ 本件に関する個人・法人の方からのお問い合わせ先について
contact@cascord.com

■ 会社概要
会社名:株式会社キャスコード
本社:東京都世田谷区
代表者:代表取締役 中川 翔太
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Cascord Inc. >
  3. ライブ配信で1.3万回利用された配信者向けコミュニケーションサービス「CastCraft」が正式デスクトップアプリ版を一般公開