NIKKEI STYLEとタイアップで採用ブランディングサービスを開始

株式会社ワークス・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:清水信一郎、以下 ワークス・ジャパン)は、「NIKKEI STYLE」「日経電子版」とタイアップし、採用ブランディングサービスを開始することをお知らせいたします。
ワークス・ジャパンは、求職者が「ここで働くことの素晴らしさ」に共感・共有することを目指し、採用サイト・パンフレット・映像等様々なプロモーションツールを各社毎の課題や目標に応じてご提供して参りました。今回、2015年から業務提携をしている日本経済新聞社の協力により、NIKKEI STYLEおよび日経電子版を利用して、より効率的かつ効果的に、採用ブランディングをすることができるようになりました。

●採用ブランディングとは
採用ブランディングとは、求職者に「入社したい」と思ってもらう動機形成を図る活動全般を指します。企業理念・事業の社会貢献性・優れた技術・豊かな企業文化・優秀な従業員・働く環境・制度などを伝えることでブランド価値を高め、自社にとって優秀な人材の確保を促します。また、確保するだけではなく、正しく会社のことを理解して入社することで、入社後のミスマッチによる早期退職を防止し、人材の定着・エンゲージメントの醸成につなげることができます。

●NIKKEI STYLE とは?
https://style.nikkei.com/
NIKKEI STYLEはライフスタイルに知的な刺激を提供する無料情報サイトです。日本経済新聞社と日経BPが新聞、雑誌の編集で培ってきたノウハウを結集し、サイトを共同運営。経験豊富な編集長がそれぞれの専門チャンネルでサービスを展開するなど、これまでの日経電子版とはまったく違うライフスタイルサイトです。

●NIKKEI STYLE/日経電子版タイアップ広告企画でできること(一部抜粋)
・NIKKEI STYLEへの記事体広告の掲載
・記事体広告の制作・個別の企業HP、採用HPへの誘導    等
 



●NIKKEI STYLE/日経電子版とタイアップをする背景
新卒・中途ともに売り手市場はしばらく継続、通年化・複線化の展開が予想されます。こうした採用市場において、人事部が直面する課題は大きく3点あります。

企業認知
・BtoB企業だから、そもそも学生や求職者に知られていない。
・関東圏では認知されているが、全国区でも認知されたい。
・合同説明会に出展しても、なかなか集客できない。

採用ブランディング
・業界・CMのイメージが先行してしまい、母集団形成に苦戦。
・新しい中期経営計画が策定されたので、それに合ったイメージブランディングをしたい。
 
内定辞退・親対策(オヤカク)
・内々定を出しても、企業規模が大きい・有名な企業に取られて辞退されてしまう。
・辞退理由に「親」や「家族」の意見が絡む。

上記の課題を解決するには、求職者本人のみならず、求職者の意思決定に関わるあらゆるステークホルダー(先輩・研究室の教授・親や家族等)に対して、「ここで働くことの素晴らしさ」の発見・共感を図っていくことが必要です。そのために、20代から40代のビジネスパーソンが主たる読者であるNIKKEI STYLE/日経電子版が、求職者をとりまくステークホルダーとの接点創出になることを期待し、今回の協業に至りました。

■株式会社ワークス・ジャパン 会社概要
社名   株式会社ワークス・ジャパン
所在地  東京都千代田区鍛冶町2丁目2番2号 神田パークプラザ7階
HP       http://www.worksjapan.co.jp/
設立   2010年7月7日
資本金  1億1,250万円(2019年6月1日現在)
代表者  清水信一郎
事業内容 企業人事部向けコンサルティングとサービス提供、採用プロモーションの企画・立案、Web、
映像、パンフレット等、各種ツールの企画・制作 、採用業務支援システム事業、
適性アセスメント事業、学生就職支援・キャリアデザイン事業など

 なお、本件に関する問い合わせ先は下記となります。
株式会社ワークス・ジャパン プロモーション部
Email:wjpr@worksjapan.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ワークス・ジャパン >
  3. NIKKEI STYLEとタイアップで採用ブランディングサービスを開始