株式会社インターローカルパートナーズが東シナ海の小さな島ブランド株式会社とTONERICO PTE.LTDの2社からの追加出資

離島デザイン経営とサブスクリプションのシナジーが生まれます

地域に根ざした新しい仕組みづくりのため、地域ビジネスにプロデュースという手法を取り入れ、全国各地の地域事業に関わっている株式会社インターローカルパートナーズ(本社:東京都港区/代表取締役:山本 桂司、以下「ILP」)は、この度、事業シナジーと地域間連携、新規事業創造を主軸に、新規株主として、東シナ海の小さな島ブランド株式会社(鹿児島甑島、代表取締役:山下賢太)とTONERICO PTE.LTD(シンガポール、CEO:上澤貴生)の2社から追加出資を受けることになりました。
2社からの追加出資を受けることで、以下シナジー効果が期待されます。

①    ILP×東シナ海の小さな島ブランド株式会社

「離島+地域デザイン経営」

「離島」という地域課題先進地での知見と経験。

これまで大切にしてきたデザイン経営実践者としてのノウハウ。

離島分野のみならず、多数の全国のステイクホルダーとの関係性は

弊社にとって不足していた離島カテゴリーでのシナジーが大きく期待される。

また、鹿児島離島文化経済圏(リトラボ)などの地域団体との連携も期待できる。

 

②    ILP×TONERICO

「デジタルマーケティング+サブスクリプション×ローカルプロデュース」

DMM英会話の元CEOである上澤貴生氏が作り上げてきたサブスクリプションのビジネスモデルのノウハウは、現在のローカルビジネスではブルーオーシャン。

サブスクリプションテクノロジーズ株式会社のCEOも兼任。

PRや発信の分野における、デジタルマーケティングのスペシャリストであるAマーケティング合同会社CEOの平岡謙一氏も参画しており、これまでILPが得意としてきた、マスタープラン、コンセプトメイキング、などのプロジェクトの基礎を作り上げるところから、プロジェクトが動きながら回り始めるステージで大きなシナジーが期待できる。

また、上澤氏の持つ国内外の豊富なネットワークも弊社としての営業機能として大きく期待される。

 

■追加出資企業について

【東シナ海の小さな島ブランド株式会社】

名  称:東シナ海の小さな島ブランド株式会社(英語表記=island company)

所在地:〒896-1101 鹿児島県薩摩川内市里町里54番地

代表者:代表取締役 山下 賢太

主な事業内容:小売・通販・地域産品の卸事業

宿泊施設の運営事業

飲食店の企画運営事業

http://island-ecs.jp

 

◯山下賢太プロフィール


東シナ海の小さな島ブランド株式会社代表取締役

1985年、鹿児島県甑島(こしきじま)生まれ。JRA日本中央競馬学校を中退後、16歳で無職。きびなご漁船の乗組員を経て、京都芸術大学にて地域デザインを学び、日本の水産業に新たな選択肢をつくる「FISHERMANS FEST」や「鹿児島離島文化経済圏」などをプロデュース。地域固有の建築空間や小さな拠点の再生に取り組みながら、農林水産物の生産現場から食卓まで一貫したデザイン経営と、あらゆる地域資源が循環する幸せなもの・コトづくりに取り組む。そのほか「移住ドラフト会議」を主宰する九州地域間連携推進機構株式会社の取締役や、屋久島の自然環境に配慮した肉文化に挑戦する三麓株式会社の取締役等を兼任。

 

【TONERICO PTE.LTD】

社名: TONERICO PTE. LTD

創業: 2021年 4月2日

法人番号: 202111729M

本社所在地: 183 JALAN PELIKAT #B2-02 THE PROMENADE@PELIKAT SINGAPORE 537643

資本金: 500,000 USD

代表取締役: 上澤 貴生

 

◯上澤貴生プロフィール
 


大阪府生まれ。同志社大学卒。2012年に 単身でフィリピンへ移住し2013年にDMM 英会話を創業。セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナなどバルカン半島に拠点を築き

7年で世界128ヶ国に稼働講師1万人、有料会員7万人と いう世界最大級の英語学習プラットフォームに育てる。 世界中を日々移動し毎年地球を4周以上する生活を8年 過ごした後、2021年3月にCEOを退任しシニアアドバイザーに就任。ビジネスパートナー達とシンガポールにてTONERICOを新たに創業。

 

■株式会社インターローカルパートナーズ(英字:Inter Local Partners,Inc)

・所在地:東京都港区六本木6-6-15

・代表者:取締役CEO 山本 桂司 (㈱ハンズオブグラビティ 代表取締役)

・設立日:2019年2月1日

・主な事業内容:地域ビシネスを担うこれからの地域プレーヤーの育成・醸成を視野に、地域に必要とされる新しい地域ビジネスをプロデュースする事業を構築し実施展開する。

・資本金:51,102千円

株式会社インターローカルパートナーズは、既存のビジネスにとらわれない新しい仕組みを作り上げ、地域経済にインパクトを与えてきた「地域プロデューサー」10名が2019年2月に出資設立した、ローカルプロデュースカンパニー。業種や肩書き、地域の枠を超えた地域プロデューサー同士の繋がりにより、地域ビジネスを継続・発展させるための仕組みや事業スキームを確立し、全国各地で様々なプロジェクトに関わる。https://interlocalpartners.j
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インターローカルパートナーズ >
  3. 株式会社インターローカルパートナーズが東シナ海の小さな島ブランド株式会社とTONERICO PTE.LTDの2社からの追加出資