German BionicのパワースーツCray Xが、ビックカメラの物流施設に家電量販店として国内初導入

German Bionicのインテリジェント・パワースーツCray Xを、ビックカメラの東松山及び船橋の物流施設へ導入、健康的な職場環境の形成に向けた実証実験を行います

2019年12月17日、東京 – ロボティクスのスペシャリストGerman Bionicは、日本の家電小売業大手のビックカメラと共に、商品の持ち上げ/取り扱い時に従業員の業務負担を低減、長期的な健康面をサポートする実証実験に取り組むこととなりましたので、お知らせいたします。
ビックカメラやグループ企業の店頭・EC商材を取り扱う、11万m2を超える物流拠点(埼玉県東松山市及び千葉県船橋市)にインテリジェント・パワースーツを導入、物流現場での効果検証を進めます。この取り組みは職場で身体的に負担の大きい仕事をより安全で、作業者の健康を守ることを目指しています。作業現場でのCray X エクソスケルトン/パワースーツ製品の着用テストでは、重量物の持ち上げに伴う複数の場面において、作業者からポジティブなフィードバックを確認しています。ビックカメラはこの取り組みを通して、荷物を持ち上げる作業での負担軽減を見込んでいます。また、German Bionicと家電機器の取り扱いに適したデバイス開発に協力することで、より広範な作業での健康需要に貢献することを期待しています。

German Bionic x BicCameraGerman Bionic x BicCamera

身体的負担の大きい仕事での腰の負担を低減

Cray Xは人の知性と機械のパワーを組み合わせることで、装着者の動きをサポート、強化する人間-機械システムです。第3世代のGerman Bionic Cray Xは、重量物の持ち上げ、運搬時に作業者の方を支援、同時に装着者の姿勢を正しく保ち、持ち上げ技術を最適化します。これにより、筋骨格システムへのダメージを低減、従業員の方々は作業現場内外で長期的な健康面のベネフィットが期待されます。

一般的な機械式のエクソスケルトン製品と対照的に、Cray Xのようなアクティブ・エクソスケルトンは電子モーターにより駆動されます。これにより、持ち上げ時に費やす従業員の方の総負担量を大きく下げ、腰部を痛めることを低減させます。「パワースーツは特に敏感な腰部及び腰帯の過大な圧迫から保護します」と予防理学療法のハーバート・シュスター教授は解説します。これは特に腰部のねじり動作を避ける際に特に重要になります。この有識者はアクティブ・エクソスケルトンの利用を、職場環境の人間工学を最適化し、怪我と筋骨格障害の予防することに役立つとみています。

German Bionic x BicCamera2German Bionic x BicCamera2


ビックカメラ x German Bionicのコラボレーション
ビックカメラとGerman Bionicのコラボレーションは2019年ビックカメラ・アクセラレーター・プログラムをきっかけに開始しました。両社での複数回にわたる着用テストを物流拠点で実施しました。Cray Xが複数の作業環境において、作業プロセスでの適用と作業される方の負担軽減を確認できたことは大変励みになる結果です。コラボレーションは継続しており、さらには将来的に家電などの取り扱いに特化したニーズに対応すべく議論を行っています。

German Bionic x BicCamera3German Bionic x BicCamera3


German Bionicについて

German Bionicは本社をドイツ・アウクスブルクに置き、ベルリンと東京に拠点を持つ欧州で初のインダストリー向けエクソスケルトン/パワースーツの開発メーカーです。エクソスケルトンは人間の知性と機械のパワーを組み合わせた人間-機械システムで、着用者の強度と耐久力を向上させます。German Bionic社はインダストリー4.0において、人間にフォーカスした世界をリードするロボティクス企業です。German Bionic社の製品、企業の背景についての詳細は、こちらを参照ください: https://www.germanbionic.com/jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GBS株式会社 >
  3. German BionicのパワースーツCray Xが、ビックカメラの物流施設に家電量販店として国内初導入