知財を活かすスタートアップメディア「YES! IP」がプレオープン

~IP Media for Startups ~技術で未来を切り拓くスタートアップと投資家のためのメディア

​特許業務法人iPLAB Startups(本社:東京都港区、代表:中畑稔)は、知的財産を活用したIP経営とCIPO(最高知財経営責任者)の役割を考えるきっかけになるメディア「YES! IP」を立ち上げました。

「YES! IP」は、スタートアップコミュニティにおける知的財産の活用動向や、IP経営の動向を通して、テクノロジー、ビジネス、投資、カルチャー、トレンドなど、技術ベースの創業、経営にまつわる課題や取り組みを、「人」にフォーカスを当てつつ、「スタートアップコミュニティ」と「投資家」の方々へレポートするメディアです。

スタートアップの技術が時代をどう変えるのか、また、知財を戦略的に活用する取り組みがスタートアップ企業にもたらす影響と、来るべき新しい時代の技術とビジネスのあり方を探るコミュニティ型のメディアを目指しています。
 

【メディアオープン特集】
☆Startup CEO × YES! IP
~Startup CEOが考える、起業をする上での知財の大切さとは~

スタートアップコミュニティにおいて、知財を重視して事業を推進しているCEOに焦点を当てました。起業、知財、技術と硬い話題になりがちなテーマに対し、既に実践しているCEOから、その重要性や困難性、また、やりがいや面白さなどを伺いました。

ディライテッド株式会社  代表取締役CEO 橋本真里子氏
スタートアップに重要なのはパートナー選び
 

株式会社RABO 代表取締役社長 伊豫 愉芸子氏
「デザイン」を経営の全てに取り入れる新しいIP経営
 

 

【メディア詳細】
サイト名:YES! IP
URL    :https://www.yesip.jp

 

【iPLAB Startupsについて】
社名:特許業務法人iPLAB Startups
代表者:代表社員(代表パートナー弁理士) 中畑稔
所在地: 東京都港区六本木7-3-16六本木インターナショナルアネックス3階
事業内容:「技術によって市場を創造し、知財によって産業を育成する。」を理念とし、社会課題を解決するために新たな産業を生み出すスタートアップを支援する知財専門組織です。企業の無形資産を経営資源として活かすために、特許やブランドをポートフォリオとして会社に蓄積し、それを推進するCIPOの育成を支援する活動を続けています。


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特許業務法人iPLAB Startups >
  3. 知財を活かすスタートアップメディア「YES! IP」がプレオープン