【ニールセン スポーツがスポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを発表】

「スポーツ興味度ランキング 男性10代はサッカーに次いでeSportsが2位」

世界最大のマーケティング調査会社ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は2019年9月下旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。
今回は、「スポーツの興味関心度」「最近注目し始めたスポーツ競技」といった定期的な調査のほか、開幕直後のラグビーW杯や来年に迫った東京2020に関する調査も引き続き実施しております。

スポーツの興味関心度では、女性の全世代において「フィギュアスケート」がトップ3に入った一方で、男性では50代以上にかろうじてトップ10入りした程度。また男性ではその他の年代でトップ10入りしていない「eスポーツ」が10代ではサッカーに次いで2位に入るなど、性年代別で比較するだけでも特徴が異なっています。様々なスポーツに協賛する企業やいくつかの企業スポーツを持っている企業がいる中、社内外に活用できるマーケティングアセットとして、各特徴に合わせた活用が可能になります。

【注目される調査結果】
<スポーツ一般>
・開幕直後の9月下旬時点で、ラグビーの競技自体の興味度が半年で10%上昇
・最近注目し始めたスポーツ競技では「ラグビー(7人制)」を抑え、「スポーツクライミング」がトップ
・W杯開幕直後においてもトップリーグへの興味度は半年前から上昇傾向

<オリンピック・パラリンピック版>
・「バスケットボール(5人制)」「ラグビー(7人制)」の興味度がそれぞれ5%、7%上昇
・活躍が期待される若手選手の認知度において半年で、久保建英選手(サッカー)は18%、八村塁選手(バスケットボール)は51%アップ(久保選手52%、八村選手72%)
・東京2020のスポンサー認知度では「Coca Cola」社が半年で5%上昇

【SPONSORLINK レポート項目】 全68ページ
◆スポーツ全般(全24ページ)
・スポーツの興味関心度(経年比較、性年代別、エリア別)
・最近注目し始めたスポーツ競技ランキング
・やってみたいスポーツ競技ランキング
・プロ野球、J1リーグ、B1リーグチーム興味関心度(性年代構成比、年間変化)
・スポーツイベントの開催地認知(ラグビーW杯・東京2020・ワールドマスターズ)
・ラグビーワールドカップ出場国認知、興味関心度、スポンサー認知

◆東京2020オリンピック・パラリンピック関連(全20ページ)
・夏季オリンピック・パラリンピック 興味関心度(経年比較、性年代別、エリア別)
・夏季オリンピック・パラリンピック 競技興味関心度、競技別観戦意向
・東京オリンピック・パラリンピック アスリート認知&好意度
・夏季オリンピック・パラリンピック TVCM認知/イメージ
・夏季オリンピック・パラリンピック 期待と懸念事項    etc.

◆東京2020スポンサー(全15ページ)
・東京オリンピック・パラリンピック スポンサー認知(純粋想起/助成想起)、貢献度
・印象に残った東京2020スポンサーの活動、スローガン認知、イベント・キャンペーン認知
・スポンサー受容度(スポンサーに対する意識・態度)属性別 etc.

最新の調査結果『SPONSORLINK レポート2019 wave1』を購入ご希望の方は、メールで(nielsensports_press_jp@nielsen.com)までお問い合わせください。

ニールセン スポーツ ジャパン株式会社は、世界最大規模のスポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社です。スポンサーシップに関するデータ分析及びファンインサイトを基に、様々なステークホルダーの事業拡大を支援。グローバルではアメリカ4大スポーツ、欧州サッカーをはじめとする1400以上のクライアントにサービスを提供しており、日本では、Jリーグやプロ野球球団をはじめとするスポーツライツホルダー、国内外の大会・イベントに協賛する企業、その他代理店や行政とも契約しております。スポンサーシップを評価するグローバルスタンダートとして世界中で事業を展開しています。
詳細はhttp://nielsensports.com/jp/をご覧ください。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニールセン スポーツ ジャパン株式会社 >
  3. 【ニールセン スポーツがスポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを発表】