EcoFlow Technology Japan株式会社は、災害時のスマホ充電や夜間の照明など、必須な電力確保に最適なポータブル電源の新製品「R500」を発売しました。

首都圏直下地震対策で自宅での長期避難生活の現実性が高まる中「R500」は普段からバッテリーステーションとして使用でき、キャンプなどのホビーユースや災害時の緊急電源としても活躍します。

 

ポータブル電源の最先端企業EcoFlow Technology Japan株式会社(エコフローテクノロジージャパン株式会社、 本社:東京港区)は、コストパフォーマンスに優れた「R500」を12月初旬、日本市場向けに出荷開始しました。

■R500の特徴
●最大500Wの大出力、400Whの大容量。
●本体の再充電時間はクラス最速、2個のACアダプターを同時に接続(2個目のACアダプターは別売オプション)すれば、0%からフル充電までわずか3.5時間を実現。
●スマホはもちろん無線LANや光終端機、LED照明など災害時の緊急電源として活躍。
●本体約5.2kgの軽量/高剛性で、キャンプや自宅での普段使いにも最適。
●本体正面のステータス表示パネルで、充電状態、出力電力、使用コネクタや残り使用可能時間など、視覚的に一目で確認。
●独自の電力管理システム(PMS)と電池管理システム(BMS)で放電を軽減、超高速充電も実現。
●入力(充電)と出力(給電)が同時に可能。
●接続機器の不良など異常な入出力が発生した場合、自動的にAC/DC入出力を独立してカットする自動ブレーカー機能搭載。
●ACコンセント:2口、USB-A:4口(内2口は急速充電対応)、60W USB Type-C:2口、車載ソケット:1口と多彩なコネクタを搭載。
●本体リアのACコンセント出力は50Hz/60Hzの切替可能。
●別売オプションの85Wソーラーパネルで、停電時でも充電可能。
●同梱の車載ソケットアダプタで、走行中の車からも充電可能。

 

軽量/高剛性のアルミボディ、美しくシンプルで排熱効率も考慮してデザインされた内部パーツ軽量/高剛性のアルミボディ、美しくシンプルで排熱効率も考慮してデザインされた内部パーツ

USB-Cコネクタで入出力が可能、オプションのACアダプタを追加して最短3.5時間で充電完了USB-Cコネクタで入出力が可能、オプションのACアダプタを追加して最短3.5時間で充電完了

本体の状態が一目で分かるフロント表示パネル本体の状態が一目で分かるフロント表示パネル

本体フロント本体フロント

 

本体リア本体リア

 

 

 

 

 

 

 

キャンプでも活躍しますキャンプでも活躍します

ドローンなど電源としてもドローンなど電源としても

ロケ撮影時の電源にもロケ撮影時の電源にも

普段から使用すれば、いざと言う時に直ぐ使えます普段から使用すれば、いざと言う時に直ぐ使えます


■製品仕様
出力:500W(サージ1,000W)
容量:403Wh
サイズ/重量:25×16×21cm、5.2kg
バッテリー:三元素リチウムイオン
使用温度環境:充電 0~45℃、使用-20~65℃
バッテリー寿命:500サイクル(80%以上残存容量想定)
接続ポート:ACコンセント×2、USB Type-C×2、USB-A×4、車載シガーソケットx1
メーカー保証期間:ご購入後24ヶ月
製品内容物:R500本体x1、ACアダプタx1、USB-Cケーブルx1、車載ソケット変換ケーブルx1
発売時期:2019年12月初旬出荷開始
発売価格:オープンプライス(想定販売価格:52,800円税込)
製品型名:EFRIVER500B-JP

■EcoFlow Technologyのポータブル電源とは
エコフローはドローン(無人航空機)の分野で世界シェア7割以上と言われるDJI(Da-Jiang Innovations)出身のメンバーが、2017年に設立したポータブル電源の最先端企業です。開発部門のトップを含めメンバーにはDJI出身のエンジニアが多く、ドローンのバッテリーに求められる「軽量、大容量、安全性、各種情報のフィードバック」など、高度な要求を満たす製品開発経験とバッテリーに関する豊富な知識を活かした、業界初の次世代ポータブル電源メーカーです。バッテリーに求められる安全性を追求した設計と、日本企業工場で徹底した安全管理の元、機械化/自動化されたラインで生産した、完成度の高い製品を世界に向けて提供しています。
 

■EcoFlow Technology創業メンバー
電源開発事業部トップや化学材料メーカー経営者を含む元DJI社員3名と、元米経済開発センター投資マネージャー1名のたった4人で「クリーンな電力」へ「誰でも簡単にアクセス出来る社会」の実現を使命として設立。2018年世界的経済誌「Forbes」の「有望な新興企業エネルギー部門30の30歳以下部門」に選ばれました。(左から:Frank Zheng-COO、Eli Harris-CEO、 Hannah Sieber-CMO、Bruce Wang-CTO)

■R500のお求めは
ビックカメラ様、ヨドバシカメラ様にて先行発売を開始しています。今後EcoFlow Technology Japan株式会社の正規取扱店様にて順次販売を拡大する予定です。正規代理店・取扱店様に関しては今後弊社ホームページに掲載する予定です。
EcoFlow Technology Japan株式会社 URL:https://ecoflow.com/pages/ecoflow-japan-ecoflow
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. EcoFlow Technology Japan株式会社 >
  3. EcoFlow Technology Japan株式会社は、災害時のスマホ充電や夜間の照明など、必須な電力確保に最適なポータブル電源の新製品「R500」を発売しました。