ソニーPCL、東宝スタジオにバーチャルプロダクション手法の研究開発拠点を開設。

8K/440インチのソニー製Crystal LEDディスプレイシステムを中心とした制作環境を設置。

ソニーPCL株式会社(以下、ソニーPCL)は、2021年4月から国内最大規模の撮影スタジオである「東宝スタジオ」(東京都世田谷区成城1-4-1)内のステージ4に、8K/440インチのソニー製Crystal LEDディスプレイシステムを期間限定で設置し、大型LEDディスプレイを活用したバーチャルプロダクション※1手法及び制作ソリューションの研究開発を行ないます。

これにより、撮影スタジオを使用した、よりスケール感のある多角的なバーチャルプロダクション手法の研究開発はもちろん、同手法を活用したCM・ドラマ・映画などの映像制作が可能となります。
さらに多様なクリエイターと連携することで、新たな映像表現へのニーズやその可能性を共に探求し、積極的な情報発信も行なっていきます。

また、今回の研究開発は、ソニーPCLが株式会社スタジオブロス(以下、スタジオブロス)、株式会社モデリングブロス(以下、モデリングブロス)との3社で進めてきた「LAB.」活動※2の一環で、2020年8月からソニーPCL本社(品川区上大崎)で展開してきた”VIRTUAL PRODUCTION LAB”におけるゲームエンジンを活用した映像表現の追求や映像ソリューション開発の加速を目的としています。

※1 バーチャルプロダクションとは
大型LEDディスプレイ、カメラトラッキングとリアルタイムエンジンを組み合わせた撮影手法のひとつ。3DCGを中心としたバーチャル背景を大型ディスプレイに表示し、現実空間にあるオブジェクトや人物を、カメラで再撮影することで、後処理なくCGと実写を組みあわせた映像制作を実現する。LAB.活動を通じて様々な提案を行ない各種実証実験を進めてきた。

 ※2 LAB.
2020年2月よりスタートした新しい映像表現や手法の追求を目的としたプロジェクト。リアルタイムエンジンを活用し、リアル空間とバーチャル空間をシームレスにつなげたバーチャルプロダクション手法の研究開発を始め、エンタテインメント領域はもちろん、エンタープライズ領域における様々な産業へのソリューション開発も目指す。

【ソニーPCL本社(品川区上大崎)での研究開発の様子】

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーPCL株式会社 >
  3. ソニーPCL、東宝スタジオにバーチャルプロダクション手法の研究開発拠点を開設。