【withコロナ時代の投資】投資経験者の6割以上が「今後5年間は投資のチャンス」と回答!魅力的な投資商品とは…?

消費に対する意識にも変化が!

みんなで大家さん販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:栁瀨 健一)は、過去に投資をしたことがある男女を対象に、「withコロナ時代のお金の使い道」に関する調査を実施しました。
新型コロナウイルスの感染拡大は、「コロナショック」という言葉が生まれるほど世界中の経済活動に多大なるダメージを与えています。

これからの“withコロナ時代”は、大変なことも多いと思いますが、これまでの概念に囚われない新たな価値観や生き方が生まれていくことでしょう。

前向きに暮らしていくために、投資家の中には新たな投資先を追加したり、投資商品を切り替えたりしたという方もいらっしゃると思います。また、新たに資産運用を始めたという方もいらっしゃるでしょう。

新型コロナウイルスの影響は投資に対する考え方をどのように変えたのか、そして、“withコロナ時代”における魅力的な投資商品はどのようなものなのか、気になりますよね?

今回、みんなで大家さん販売株式会社https://www.minnadeooyasan.com/)は、過去に投資をしたことがある男女を対象に、「withコロナ時代のお金の使い道」に関する調査を実施しました。

投資家のみなさん、これから投資を考えているみなさん、ぜひ参考になさってください。
 
  • 新型コロナによって投資に対する考え方に変化が!

投資家のみなさんは、収入に対してどれくらいの割合を投資に回しているのでしょうか?

「収入の何%くらいを投資に回していますか?」と質問したところ、半数の方が『5%未満(50.0%)』と回答しました。

投資に回す資金は、多くても収入の20%くらいまでという方が多いようです。

以降、『5%~10%未満(20.9%)』『10%~20%未満(15.3%)』『20%~30%未満(5.4%)』『50%以上(4.9%)』『30%~40%未満(2.1%)』『40%~50%未満(1.4%)』と続きました。

新型コロナウイルスの感染拡大は、経済活動にも多大なる影響を与えていますが、それによって投資への考え方には変化があったのでしょうか?

そこで、「新型コロナウイルスの影響で投資への考え方に変化はありましたか?」と質問したところ、4割近くの方が『はい(38.1%)』と回答しました。

「コロナショック」は投資家の考え方に少なからず変化をもたらしているようです。

■投資に対する考え方の具体的な変化とは…?
・投資運用(不労所得)を増やす必要性を感じた(30代/女性/埼玉県)
・貯金だけでなく、投資でも資産を作らなくてはならないと思った。日本の今後が不安(40代/女性/福岡県)
・ローリターンでも、リスクの低いものを探したいと考えるようになった(40代/男性/神奈川県)
・株式、投資信託は当面様子見。安定な運用へ(50代/男性/大阪府)
 
  • “withコロナ”の今こそ投資のチャンス!

前の質問では、新型コロナウイルスの感染拡大が投資への考え方に影響を与えたことがみえました。
それでは、今後の投資についてはどのように考えているのでしょうか?

そこで、「今後5年間は投資のチャンスであると考えていますか?」と質問したところ、実に6割以上の方が『はい(61.9%)』と回答しました。

まさに“ピンチはチャンス”と考えている方が多いようです。
投資を検討している方は、今のタイミングが始め時かもしれませんね。
 
  • “withコロナ”時代における、魅力的な投資商品とは…?

では、どのような投資商品を魅力的と考えているのでしょうか?

「チャンスだと考えている投資を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、
『国内株式投資(71.1%)』という回答が最も多く、次いで『海外投資(35.6%)』『金・プラチナ(17.9%)』『上場投資信託(ETF)(14.7%)』と続きました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で株価も大暴落したため、株価が下がった今が株式投資のチャンスと捉えている方が多いようです。

その一方で、株価は大暴落以降徐々に回復してはいるものの、国際通貨基金(IMF)が6月25日に発表した金融市場の動向に関する報告書の中で、日米などの主要な国の株価の変動について、「実体経済と乖離している」と指摘し、第2波、第3波が襲ってきた場合は再び急落するリスクもあると警鐘を鳴らしています。

株式投資を検討中の方は、その辺りのリスクを踏まえた投資を行う必要があると言えます。

■チャンスだと思う投資とその理由とは…?
【国内株式投資】
・大きく下がった後なので、短期的にリバウンドは期待できると思います(40代/女性/福島県)
・金融緩和でのマネーの行き先は株(40代/男性/東京都)

【海外投資】
・日本株と比べ底堅いと思うから(50代/男性/静岡県)
・国内に期待が持てない(50代/男性/神奈川県)

【金・プラチナ】
・実体のある現物への投資が確実で注目されるのではないかと思うから(40代/女性/神奈川県)
・株式も債権も不安定だと、金に人気が集まりそうな気がするので(50代/女性/千葉県)

それぞれの投資商品のメリットやデメリットも踏まえながら、より魅力的だと思うものに投資してみてはいかがでしょうか。
 
  • 求める年間の利回りは『4%~6%』が多い

では、投資家のみなさんは年間どれくらいの投資利回りが理想的だと思っているのでしょうか?

「年間の投資利回りは何%を求めますか?」と質問したところ、
『4%~6%(31.4%)』という回答が最も多く、次いで『2%~4%(24.4%)』『10%以上(14.6%)』『1%~2%(12.5%)』『6%~8%(9.3%)』『8%~10%(7.8%)』と続きました。

6%以内と回答した方が過半数を占めていることから、多くの方がローリターンでも着実に利益を生み出したいと考えているようです。
  • 新型コロナウイルス感染拡大の前後で、お金の使い道に変化はあった?

2020年4月、日本政府は新型コロナウイルスの感染拡大による、経済的影響への緊急経済対策の一施策として、国民1人あたり10万円の『特別定額給付金』を支給することを閣議決定し、5月から各自治体で申請の受付を開始しています。

既に給付金の支給を受けたという方もいらっしゃると思いますが、仮に、新型コロナウイルスの感染拡大前に特別定額給付金と同額の10万円があったら、何に使っていたのでしょうか?

そこで、「新型コロナウイルスの影響が出る前に10万円があったら何に使っていましたか?(上位3項目)」と質問したところ、
『旅行・外食(79.8%)』という回答が最も多く、次いで『衣服・美容(48.7%)』『健康・スポーツ(47.3%)』『自身のスキルアップ(31.7%)』『音楽・映画鑑賞(30.5%)』『子どもの教育(22.4%)』『在宅ワーク関連(14.3%)』『ゲーム(7.3%)』と続きました。

旅行や外食、衣服・美容といった“ちょっとした贅沢”に使っていたという方が多いようです。

では、“withコロナ時代”となった今、その考えに変化はあったのでしょうか?

そこで、「これからの1年間で10万円があったら何に使っていきたいと考えていますか?(上位3項目)」と質問したところ、
『旅行・外食(71.0%)』という回答が最も多く、次いで『健康・スポーツ(51.6%)』『衣服・美容(42.2%)』『自身のスキルアップ(36.4%)』『音楽・映画鑑賞(26.7%)』『子どもの教育(24.5%)』『在宅ワーク関連(19.1%)』『ゲーム(6.4%)』と続きました。

新型コロナウイルスの感染拡大によって大きな変化はないことが分かりましたが、『健康・スポーツ』『衣服・美容』を上回り、より健康を意識するようになったことが読み取れます。
 
  • 消費に対する考え方にも変化はあった?

新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの人々の意識や行動に変化をもたらすことになりました。
それは“消費”に関しても当てはまるのでしょうか?

そこで、「新型コロナウイルスの影響が出る前と比較して、今後の消費はどのようにしたいと考えていますか?」と質問したところ、
『影響が落ち着くまで節約したい(27.7%)』という回答が最も多く、次いで『影響に関係なく節約したい(24.0%)』『特に変えるつもりはない(22.4%)』『影響が落ち着いたら増やしたい(15.6%)』『影響に関係なく増やしたい(10.3%)』と続きました。
 
  • “withコロナ時代”に合った投資スタイルで資産運用していきましょう!
今回の調査で、新型コロナウイルスの感染拡大が、投資と消費の意識にどのような変化をもたらしたのかが分かりました。

株価の暴落などコロナショックの影響は大きいですが、この逆境こそが投資のチャンスと捉えている投資家も多いようです。

新型コロナウイルスの感染拡大後は『健康・スポーツ』にお金を使いたいという方が増加しているようですが、どのような使い方、使い道であれ、引き続き今後もお金が必要なことには変わりありません。

約半数の方が今後の消費は節約志向ということが分かりましたが、『影響に関係なく増やしたい』『影響が落ち着いたら増やしたい』という方もいらっしゃることから、将来の資産形成のためには節約するだけではなく、リスクを抑えながら投資の選択肢を増やしていくことが重要と言えるのかもしれません。

これからの“withコロナ時代”は、従来とは異なる新たな投資スタイルが主流となる可能性もあります。
投資家の方もこれから投資家デビューを考えている方も、新たな時代に合わせた投資スタイルで資産運用をしていきましょう!
 
  • リスクの少ない投資ならみんなで大家さんの不動産投資!


「“withコロナ時代”も笑顔で過ごしたい!」
「こんな時代だからこそ収入を増やしたい!」
「ピンチの今こそ新たなチャレンジのチャンスだ!」

これからの“withコロナ時代”の投資にオススメなのが、みんなで大家さんhttps://www.minnadeooyasan.com/)の不動産投資です。

リスクが限りなく低い投資で、1口100万円年利7.0%元本評価割れ無し12年継続中による信頼と実績があります。

一般的に不動産投資は、不動産オーナーになり、賃借人から継続的な賃料収入が得られるため、株やJ-REITなどに比べ、収益を安定的に獲得できるとされている資産運用です。

しかし、初期投資が高額、管理が面倒、現金化がしにくい、価格変動が起こりやすいなどのデメリットがあります。

みんなで大家さんの場合、それらのデメリットを解決することが可能です。

みんなで大家さんは、投資家が想定利回りの高い全国の商業施設やホテルへ出資をして、1口100万円から賃貸事業に参加できるサービスです。

比較的安定して借り手がつく賃料が高い物件を不動産投資商品化し、その物件から得た賃料収益を出資割合に応じて投資家に分配します。

さらに、その分配金は2ヶ月に1度年6回受け取ることができます。
手間のかかる管理業務等は営業者が行いますので、投資家への管理負担もございません。

また、投資家が出資持分の現金化を希望する場合は、営業者へ権利を譲渡することが可能であり、一般的な不動産投資よりも現金化がし易い仕組みとなっております。

みんなで大家さんは不動産投資事業を通じ、さまざまな有益情報や現状をお伝えすることで、みなさまの生活に役立てていただけるような情報も発信して参ります。

お金では買えない幸せ、今風に言えば「QOL(クオリティオブライフ)」の向上こそが、みんなで大家さんが考える資産運用です。

「不動産投資に興味があるけど、資金もそんなにないし、維持管理費用も心配…」

みんなで大家さんであれば、一般的な不動産投資のように何千万円もの資金は必要ありません。
維持管理も営業者に丸投げできます。

株式投資のような感覚で不動産投資を始められ、リスクも減らせることが、みんなで大家さんの最大の特徴です。

“withコロナ時代”を生きる家族全員の健康で幸せな生活を叶えるために、みんなで大家さんhttps://www.minnadeooyasan.com/)を検討してみてはいかがでしょうか?


■みんなで大家さん販売株式会社:https://www.minnadeooyasan.co.jp/
■TEL:0120−370−832(受付時間:平日9:00~18:00)
■お問い合わせ:https://go.minnadeooyasan.com/l/272762/2019-04-10/27qhkp


調査概要:「withコロナ時代のお金の使い道」に関する調査
【調査期間】2020年6月12日(金)~2020年6月13日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,121人
【調査対象】過去に投資をしたことがある男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. みんなで大家さん販売株式会社 >
  3. 【withコロナ時代の投資】投資経験者の6割以上が「今後5年間は投資のチャンス」と回答!魅力的な投資商品とは…?