【コロナショック緊急支援】電気料金の支払代行・立替払いサービスを開始  〜経理だってリモートワークできるもん〜

 法人向けにエネルギー調達の支援を手掛ける株式会社日本省電(東京都港区、代表取締役:久保欣也 以下、日本省電)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて、このたび、リモートワークを推奨する企業向けに電気料金の支払業務を代行・自動化することで、出社せずに経理処理ができるサービスを3月16日(月)に開始します。

 


■本サービスの主な特徴

・紙の請求書・振込票が自動的にデジタル化されるため、リモートワークでも確認可能!
・拠点IDに紐づいたデジタルデータをもとに支払伝票の起票・消込が可能。作業時間、大幅削減!
・従来の支払代行に加え、臨時で立替え払いサービスをご提供!後払いで月1回の処理でOKに!

■取組開始の経緯

 新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受け、本日にも「緊急事態宣言」を可能にする、新型コロナ法案が国会で成立する見通しです。緊急事態宣言に伴い、外出の自粛が要請される場合はもちろんながら、既に感染拡大防止のため、テレワークを推奨・導入する企業数が急激に増加しています。

 一方で、複数の企業から「電気は未だに請求書や振込票が紙で送られてくる場合があり、それにより経理部門によるリモートワークの導入の妨げになっている」といった相談が増えています。電気料金は、請求書が紙で届くことが多く、場合によっては振込票が届き、小口現金により銀行窓口で支払い手続きをしなくてはならないケースもあります。
 このような背景から、経理部門ではリモートワークの導入が困難となっている側面があり、このたびの日本省電のサービスは、こうした課題解決に向けたソリューションの提供を目指しています。

■サービスの流れ

(1)本サービスへのお問合せ(3月16日(月)募集開始)
以下のフォームに必要情報を記入します。
https://www.jee.co.jp/contact/

(2)オンライン面談によるコンサルティング
当社より「オンライン面談に関するご案内」が届きます。
電気料金の支払い方法や管理方法の現状と改善策について、オンラインにて面談を実施します。

■日本省電について

 当社は、「経営・事業活動の血液ともいえる電力を見える化し、お客様と共に、最適化する」というミッションのもと、電気を使う企業さまの立場で”賢く”「電源を選ぶ~仕入れる~使う~支払う」を一気通貫で最適化し、コスト削減するサービスを提供してまいります。
今後も迅速に柔軟な施策を実施し、企業における電力の調達最適化および電気料金におけるコスト削減をはじめ、再エネ活用による環境負荷軽減への対策を支援してまいります。

■会社概要

社     名:株式会社日本省電
本 社 所 在 地:〒107-0052 東京都港区赤坂一丁目14番5号 アークヒルズエグゼクティブタワー
ホーム ページ: https://www.jee.co.jp/
設     立:2018年5月2日
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本省電 >
  3. 【コロナショック緊急支援】電気料金の支払代行・立替払いサービスを開始  〜経理だってリモートワークできるもん〜