新型コロナウィルスなどのフェイクニュース対策

TS Key Management System Architecture(TSKMSA) Key Transfer Protocol(KTP)

2019年にADIN INC(San Francisco)での会議で、ディープフェイク(フェイクニュース)対策をTSKMSA(TS Kye Management System Architecture)でKTP(Key Transfer Protocol)とAIを利用したセキュリティ対策とを発表しました。認証と証明と許可とスコアリングを利用した対策です。
TS Key Management System Architecture
新型コロナウィルスなどのフェイクニュース対策


図1
NEWS例えば新型コロナウィルスなどの様々な書き込みやニュースサイトへの投稿があります。書き込み者をKTPにより本物性を証明し証明されたResourcesを信頼関係のあるAIが信頼関係を確立した形でResourcesを出力しフロントエンドサーバーもしくはサービス提供サーバーに出力します。通信間のエンティティ to エンティティ間も信頼と許可の関係にあります。閲覧者は閲覧自由です。
問い合わせは、
ADIN INC 東京都千代田区紀尾井町3−6
紀尾井町パークビル8F TEL 03-3511-2218 tskm-pt@adin-us.com
TEL:03-3288-7311 佐々木、鈴木

開発元
株式会社アドイン研究所 東京都千代田区紀尾井町3−6
紀尾井町パークビル8F 代表取締役 佐々木浩二
特許所有
ADIN INC 111 PainSt., Suite 1410 San Francisco. CA 94111
CEO 佐々木建人
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドイン研究所 >
  3. 新型コロナウィルスなどのフェイクニュース対策