新会社「株式会社クレオテクノロジー」を設立 最新の完全人工光・全自動植物工場を開発・提供。世界の人工光植物工場で初の一株300gを超える大型リーフレタスの商用栽培を実現いたします。

従来技術より1kgあたりの栽培コストを4割も削減

新会社「株式会社クレオテクノロジー」を設立 最新完全人工光全自動植物工場を開発・提供。世界の人工光植物工場で初の一株300gを超える大型リーフレタスの商用栽培を実現いたします。

従来技術より1kgあたりの栽培コストを4割も削減
2020年4月6日

株式会社クレオテクノロジー

この度、新会社株式会社クレオテクノロジー(本社:埼玉県滑川町、代表取締役社長 三宅泰正)を設立しましたのでお知らせいたします。
株式会社クレオテクノロジーは、独自の栽培方法を採用することで、低価格でかつ、一株あたり300gを超える大型リーフレタスの栽培を実現する完全人工光・全自動植物工場の開発に成功し、その栽培ノウハウとともに植物工場を提供する会社として設立いたしました。
 


クレオテクノロジー植物工場で栽培した3種類のリーフレタス


今後の事業展開
例年の天候不順を受けて人工光植物工場への期待は高まるものの、現状は「栽培コストが高く販路が広がらない」「リーフレタスの品質が悪く用途が広がらない」といったさまざまな課題があります。

新会社クレオテクノロジーでは、まず日産50kgの栽培を可能にする、「クレオファームソロ(仮称)」の提供開始を本年度4月より計画しています。
あわせて、「クレオファームマルチ(仮称)」の開発を本年度までに完了させ、日産1㌧以上の栽培を可能にする大規模植物工場を来年度より提供いたします。

さらに、栽培状況を遠隔で監視するIOTセンサーによる監視サービスを開始し、独自の高効率・高品質レタスの栽培技術で特許を申請予定など、植物栽培におけるソリューションサービスの開発・提供に努めてまいります。

クレオファームの特長
  1. 低価格:従来の植物工場とは異なる栽培プロセスの導入により、低価格栽培を実現
  2. 安全:菌数の発生を理論的に最小化する栽培方法により、バクテリア発生 2.0×10^2cfu/gの抑制に成功
  3. 高品質:葉が大きくシャキシャキのリーフレタスで栽培一株300gを超える商用栽培を実現
  4. 省人・低コスト化:大規模な自動化導入により人員を1/3、電力を70%に削減

「クレオファームソロ」の外観


代表取締役社長三宅泰正からのコメント
やっと需要家の期待に応えた、高品質・低コストの完全人工光植物工場を提供できる準備が整いました。植物工場での一般的な育成方法から一線を画する新しい栽培方法を実現し、世界でも類を見ない一株あたり最大の人工光リーフレタスを提供してまいります。

■事業計画
クレオテクノロジーでは、初年度より複数棟の植物工場竣工を見込んでおり、3年累計で20億の売上を計画しております。

■クレオテクノロジーについて
株式会社クレオテクノロジーは、養液栽培専門企業である株式会社クレオ(2002年設立)の技術をもとに設立いたしました。植物工場「クレオファーム」とコンサルティングサービスの提供を開始し、千葉大学および三菱ケミカルアグリドリームと植物工場における栽培技術開発の提携を行っております。

株式会社クレオテクノロジー
https://www.creo-greens.tech/
埼玉県比企郡滑川町伊古564番地
0493-57-2272
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレオテクノロジー >
  3. 新会社「株式会社クレオテクノロジー」を設立 最新の完全人工光・全自動植物工場を開発・提供。世界の人工光植物工場で初の一株300gを超える大型リーフレタスの商用栽培を実現いたします。