ロングセラー『コードコンプリート』の著者スティーブ・マコネル、15年ぶりの新刊となるアジャイル書籍を発売

監訳をサーバントワークス株式会社 代表取締役の長沢 智治が担当

サーバントワークス株式会社 代表取締役の長沢 智治は、株式会社日経BP(本社:東京都港区、社長:吉田 直人)が2020年6月11日に発売した『More Effective Agile 〜 “ソフトウェアリーダー”になるための28の道標』(日経BP)の監訳を担当しました。
本書は、スティーブ・マコネル氏による「アジャイル」に関する書籍『More Effective Agile: A Roadmap for Software Leaders』(Construx Press、2019年)の日本語翻訳版であり、同氏による15年ぶりの新刊となります。「アジャイル」について、ソフトウェアファースト時代の企業リーダークラス向けに書かれた書籍です。

 


ソフトウェアファースト時代でのアジャイル
企業活動やビジネスが今後ますます「ソフトウェアファースト(ソフトウェア主導)」になっていく中で、今後は、リーダーシップを発揮できる人材である「ソフトウェアリーダー」がもとめられます。また、ソフトウェアリーダーを目指す人が増えてくることが予想されます。ソフトウェアリーダーにとって「アジャイル」は必要不可欠な考え方です。

本書では、アジャイルとは何かといった基本的な知識から、なぜアジャイルであるべきなのかといった動機付け、どういうときにアジャイルの考えとアジャイルプラクティスを活かすべきかといった利用ケースの提示、そして、個人とチーム、ソフトウェア開発での作業、組織的な変革や組織的なアジャイルの適用についてまで網羅しています。それらが、リーダークラス向けに書かれており、技術リーダー職だけでなく、非技術リーダー職にとってもわかるように構成されています。企業の経営者、事業部門トップといった経営と組織マネジメント層、プロダクトマネジメントや企画・開発・運用の責任者、そしてひとりひとりの実践者まで活かせる28の基本原則が盛り込まれています。


本書目次
  • Part 1. より効果的なアジャイル
    • 第1章 はじめに
    • 第2章 アジャイルの本当の違いは何か
    • 第3章 複雑さと不確実さという課題に対処する
  • Part 2. より効果的なチーム
    • 第4章 より効果的なアジャイルの始まり:スクラム
    • 第5章 より効果的なアジャイル:チーム構造
    • 第6章 より効果的なアジャイル:チーム文化
    • 第7章 より効果的なアジャイル:分散チーム
    • 第8章 より効果的なアジャイル:個人および対話
  • Part 3. より効果的な作業
    • 第9章 より効果的なアジャイル:プロジェクト
    • 第10章 より効果的なアジャイル:大規模なプロジェクト
    • 第11章 より効果的なアジャイル:品質
    • 第12章 より効果的なアジャイル:テスト
    • 第13章 より効果的なアジャイル:要求の作成
    • 第14章 より効果的なアジャイル:要求の優先順位付け
    • 第15章 より効果的なアジャイル:デリバリー
  • Part 4. より効果的な組織
    • 第16章 より効果的なアジャイル:リーダーシップ
    • 第17章 より効果的なアジャイル:組織文化
    • 第18章 より効果的なアジャイル:計測
    • 第19章 より効果的なアジャイル:プロセス改善
    • 第20章 より効果的なアジャイル:予測可能性
    • 第21章 より効果的なアジャイル:規制産業
    • 第22章 より効果的なアジャイル:ポートフォリオマネジメント
    • 第23章 より効果的なアジャイル:導入
  • Part 5. おわりに
    • 細工は流々、仕上げは御覧じろ
    • 28の基本原則のまとめ
    • 監訳者あとがき

スティーブ・マコネル氏について
スティーブ・マコネル氏は、ソフトウェア業界の名著『Code Complete』の著者として最もよく知られています。同書は史上最高の評価を受けたソフトウェア開発書のロングセラーとして高く評価されており、同氏の著書は20か国語に翻訳され、全世界で100万部以上の売り上げを記録しています。スティーブ・マコネル氏が設立したConstrux Software社は、20年以上にわたってソフトウェア組織の能力を向上させる活動を行っており、「個人、チーム、組織の専門的な効果性を引き上げることで、すべてのソフトウェアプロジェクトを成功させる」というビジョンを掲げています。


監訳者 長沢智治について
ラショナルソフトウェア、アイ・ビー・エム、ボーランドでソフトウェア開発プロセス改善コンサルタントに従事したのち、マイクロソフト、アトラシアンでエバンジェリストとしてアジャイルやチーム開発、コラボレーションに関するマーケット開拓とエンゲージメントに従事していました。2018年2月に独立・開業し、2020年2月にサーバントワークス株式会社を設立し、スタートアップから上場企業まで幅広く各種のご支援活動をしています。

Regional Scrum Gathering Tokyo 2017 や DevOpsDays Tokyo 2017 で基調講演者であり、書籍『Adaptive Code 〜 C#実践開発手法 第2版』(日経BP、2018年)、『今すぐ実践!カンバンによるアジャイルプロジェクトマネジメント』(日経BP、2016年)の監訳者でもあります。


サーバントワークス株式会社からのお知らせ
サーバントワークスでは、本書籍についての監訳者としての情報や関連する企画やサービスのご案内を特設サイトにて公開・更新していきます。サーバントワークスでは、本書とも関連するアジャイルや組織変革、社内情報共有、マーケティングに関するコンサルティングとメンタリングを提供しています。本書を通じたコミュニティ活動にも積極的に貢献していく所存です。
URL: https://www.servantworks.co.jp/MoreEffectiveAgile/


書籍概要
書名:More Effective Agile  〜 “ソフトウェアリーダー”になるための28の道標
著者:スティーブ・マコネル
訳者:株式会社クイープ
監訳者:長沢 智治
定価:本体 2,970円(税込)
ISBN:978-4-8222-8658-3
発売日:2020年6月11日
発行元:日経BP
判型:A5
ページ数:320ページ
本書についての詳細: https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/20/P86580/


書籍に関するお問い合わせ
日経BP
〒105-8308 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号
URL:https://nkbp.jp/booksQA
  1. プレスリリース >
  2. サーバントワークス株式会社 >
  3. ロングセラー『コードコンプリート』の著者スティーブ・マコネル、15年ぶりの新刊となるアジャイル書籍を発売